あやこ吉田の記事

【新作洒落怖】モニターの「なにか」

本文 5 :本当にあった怖い名無し:2014/07/21(月) 00:42:57.81 ID:92hTlK4R0 俺が大学4年生の時だから今から4年前の話をする ちょっと長いんだが暇つぶしにでも聞いてくれ 当時俺は内定を貰い単位もとり終わっていたのでものすごくだらけた生活を送っていた 週4で1日5時間のバイトとたまに友達と飲みに行ったりするくらい 6月の下旬、両親がお通夜で不在だった日の夜1時頃の話 その日はものすごく暑かった 俺は札幌に住んでいるのだが北海道の6月の夜にこんな暑いのはちょっと珍しいってく ...

【新作洒落怖】迷い道

本文 350 :迷い道1:2014/03/16(日) 02:08:24.77 ID:/J/BfiXY0 8年前位に大阪で一人暮らししてたころ 妙な体験をしてて、ちょっとわかる人いたら聞きたいんだけど 大阪の難波付近で、道の片側に高さ4.5mくらいの 鉄の壁がずっと続いていて、その反対側が 工場地帯になってる場所知ってる人いるだろうか 351 :迷い道2:2014/03/16(日) 02:09:32.95 ID:/J/BfiXY0 なんでそんな話聞きたいかっていうと 当時、19くらいだったんだけど友人と深夜 ...

【新作洒落怖】電柱の女の子

本文 342 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 01:28:27.68 ID:xRTcGG8F0 1 後輩に聞いた話。 後輩は4人兄弟で体験したのは1番上の兄貴。 その兄貴が小学校低学年の時の話だ。 その日、兄貴は友達数人と近くのグランドで野球をして遊んでいた。 グランドの周りは雑木林になって薄暗かったそうだ。 野球をしていた兄貴がふと雑木林の方を見ると誰かがこちらを見ていることに気づいた。 よくみると、それは自分たちと同じ歳位の女の子で木の陰から顔を半分だけ覗かせてこちらをじっと見て ...

【新作洒落怖】鈴の音

本文 292 :本当にあった怖い名無し:2014/03/13(木) 23:29:02.84 ID:cLahq0Q60 私は鈴の音が嫌いです。 小学生のころ、学研の「科学と学習」を読んでいたときに、小学生の怪談の中で、鈴の音がしてから、異次元の世界に連れ去られてしまうという話があったからです。 その話を読んでから、クラスメイトの女の子が鞄につけている鈴の音や近くに住んでいる女の子がキーホルダーに持っているアクセサリーから鈴の音が鳴っているのも 嫌な気分になったものです。もちろん、生活している中では鈴の音も聞 ...

【新作洒落怖】深夜3時のいたずら

本文 195 :本当にあった怖い名無し:2014/03/05(水) 21:52:01.05 ID:PZeaZkp10 もう5年も前になりましょうか。 僕はあるマンションを借りました。 初めての一人暮らしということもあり、とても緊張していたことを覚えています。 借りられたその部屋は、広さにそぐわない家賃でとても嬉しかった反面、怪しいと思わなかった訳ではありません。 しかし、そのマンションにかれこれ十年近く住んでいる友人の話では、何の因縁も無く、ついこの間まで会社員の男性が住んでいて、実家の農家を継ぐ為に退去 ...

【新作洒落怖】山奥の診療所

本文 931 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 15:50:23.46 ID:UVkn4pYzI 実際に霊感皆無?の俺が経験した話 駄文だが、暇な方は読んでみてくれ。 今は一人前の医師になったが、当時はヒヨッコだった。 医者はたんまりと儲かるものだと思って医学部を目指したわけだが、研修医ってのはマジで辛かった。 どんなに働いても給料は雀の涙。しかも先輩にこき使われる。 通常の給料では生きてけないから、医療関係のアルバイトをするのは結構当たり前だった。 932 :本当にあった怖い名無し: ...

【新作洒落怖】紐が通された硬貨

本文 590 :本当にあった怖い名無し@:2014/03/24(月) 22:16:58.28  ID:QLSlnmX20 俺が体験した中2の夏の話をする。 俺にはCという仲がいい友達が一人いて、そいつとは所謂悪友という間柄だった。 俺もCも怖いもの好きで、他にも色々ウマが合っていた。 そんなある日のこと、俺たちは未提出の課題を終わらせるため、夜遅くまで学校に居残るハメになった。 課題も九割方終わったとき、Cは俺に肝試しをしないかと言ってきた。 こちらとしても退屈だったし、夜の学校なんてそう来れるものでもな ...

【新作洒落怖】長い髪の毛の女

本文 268 :本当にあった怖い名無し:2014/03/10(月) 11:48:47.98 ID:82GyPBrD0 あんまり怖くないけど友人Sと髪の毛の女の話を書いてみる。 もう15年くらい前、高1だったころから現在?までのこと。 たぶん事の起こりは、友人Sが廃アパートに肝試しに行ってから。 昼間だったんだけど、入口からは入れないから、ベランダ伝いに2階だか3階だかを手すり越えで各部屋に移動してたらしい。 すると、とあるベランダの物干しざおに長い髪の毛が束で引っかかっていて、友人Sは気づかずにつかんでし ...

【新作洒落怖】十字路

本文 154 :本当にあった怖い名無し:2014/03/02(日) 09:09:38.11 ID:CdLgAuNq0 一昨年の夏の平日の出来事です、 その日、早朝、車通勤途中で通ろうとした裏道の十字路で事故があったみたいで 手前で警官が通行止めと迂回の指示 それに従い、そのまま仕事場に向かった その時は、何の気にも留めてなかった 残業の為夜遅く仕事が終わり帰宅途中、事故を思い出したが 流石に12時間以上経ってるし交通規制はありえないだろうと思い 帰り道に通って帰ろうとした 夜遅いから誰もいないし優先道路だ ...

【新作洒落怖】ユニットバスの気配

本文 65 :本当にあった怖い名無し:2014/02/27(木) 00:44:26.04 ID:YQ3OrpMA0 5年ほど前の話。 うちの会社は食品の製造業なのだが、年に何度か他県のデパートのイベントに出店するため、一週間ほど出張に駆り出されることがある。 その時は大阪の駅の真横にあるデパートの催事に参加するため、主催者側が予約をとってくれたビジネスホテルで宿泊していた。 自分は環境が変わると寝つきが悪くなる体質で、その日も疲れているわりになかなか寝付けず、ベッドの中で小刻みに体勢を変えては、 なんとか ...

【新作洒落怖】左目の主

本文 749本当にあった怖い名無し@2017/09/26(火) 00:19:40.77ID:1ahAGM+90 15年程前、学生時代の夏の話。 友人とオレはバイク乗りだが、テント泊というものをやったことがなかった。 テント泊慣れしたライダーから影響を受けたらしく、友人が安い二人用のテントを買ったというので、二人でテント泊ツーリングに出かけることにした。 テントを張るなら田舎だろうということで、人家もまばらな田舎を目指して走った。 しかしテント泊慣れしていない人間にとって、テントを張る場所を見つけるというの ...

【新作洒落怖】父親からの着信

本文 660640@父親からの着信2017/09/13(水) 00:05:16.11ID:WE4O/jpj0 15年ほど前、俺は北陸のとある大学に通ってたんだけど、そこで仲良くなった現地民の友達3人(以下A,B,C)と夜ドライブしてたら運転してたAが 「おいM(俺)、お前心霊スポット好きなんだろ?東尋坊行ったことないだろ、連れてってやるよ」 もちろん快諾し、1時間くらいかけてそこへ行ったんだ。そのときは確か22時だったかな、まぁ暗くて何か出そうな雰囲気。「救いの電話」なんてのもあったりで「あぁ、ホントに自 ...

【新作洒落怖】お墓参り

本文 584本当にあった怖い名無し@2017/09/08(金) 21:39:15.22ID:0NwtG3Iv0 正直そんなに怖くないかもだけど、個人的にはかなりビビった話。 結構昔のことで記憶が曖昧だから、若干脚色します。 あれは私が小学校低学年の頃だから…今から10年ほど前のこと。 私の家は年に一回お父さんのお父さん、つまり父方の祖父のお墓参りに行くのが恒例だった。どの時期に行っていたのかは覚えてないけど、多分お盆だったと思う。 その日も例の如く車でおじいちゃんのお墓参りへ行った。正直お墓参りはあまり好 ...

【新作洒落怖】小さな巾着袋

本文 581本当にあった怖い名無し@2017/09/08(金) 19:50:52.78ID:5/ouYOvo0 これは俺が小学6年生の時の話です。 両親が共働きの為、毎年夏休みの間は田舎の祖父母宅にあずけられてた。 小さい頃からずっとだったから、そこでも友達は出来た。 その夏、田舎でできた友達と遊んで祖父母宅に帰る時の出来事です。 舗装もされてない道でそれを見つけました。 それは、小さな巾着袋。何気なくそれを拾い中を見ました。 おはじきみたいな物、和紙でできた人形、あと歯が何本も無くなってる古そうな櫛。 ...

【新作洒落怖】不可解な事故

本文 540本当にあった怖い名無し@2017/09/07(木) 15:57:21.13ID:VWzs0Jdh0>>541 今年の夏の出来事です。 その日は残業で、帰りは12時過ぎになりました。家までの道は街路灯も少ない田んぼ道です。 車を走らせていると突然、「ドンッ!」と大きな音と衝撃を受けました。 やばい!これって絶対人撥ねたと思い、すぐ車を止めて降りました。車の周りを探しても、人はいません。 犬猫などの動物もいません。暗くて、車の傷とかも解らなかったんだけど、間違いなく、何かに当ったはずで ...

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.