『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

怪談・洒落怖

【新作洒落怖】呪われたツーリング

本文 27 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 19:00:53 ID:rYkHSOAHO 俺はオフロードバイクでソロツーリングするのが趣味だ。連休には良く一人で遠出する。 今年のお盆休みに九州の南端目指して三泊四日の予定でツーリングに出発した。 もちろん、高速道路をひたすら走って目的地に着いても面白くない。途中に絶景ポイントや美味しそうな林道を絡めつつ走るのだ。 一日目は主に高速を走る。エンジン快調。時速100キロ越えると以前のクラッシュの影響か若干前輪がブレるがまあ大丈夫。福岡の友人 ...

【新作洒落怖】温泉旅館

本文 871 :1/6:2009/08/24(月) 13:50:21 ID:lmmszt+U0 俺が中学生の時、家族で温泉に行ったときのこと。 夕飯前にひと風呂・・・と、俺は父と弟と男湯へ、母だけが女湯へ。 俺ら3人が先に出て、ロビーでコーヒー牛乳を飲んでいたら、 女湯の方から母の悲鳴が聞こえた。 「誰か助けて!!」と叫びたおしている。 父が慌てて入口まで行き、「どないしてん!?」と聞いたが、 母は動揺した様子で要領を得ない。 女湯に入るわけにはいかず、とりあえず母と俺は外から母をなだめ、 弟が旅館の人を ...

【新作洒落怖】神社の護り

本文 829 :本当にあった怖い名無し:2009/08/24(月) 04:23:45 ID:F2cAW3VfO 島根県のある地方で。 現在二十歳の自分はほとんど山の中に住んでいる。 普通山の麓や悪くても道の通った中腹に住むのが一般的だ。 何故か我が家は寺や林業に従事している訳でもないのに頂上付近の山中に家が構えてある。 幼い頃からだったので特別不思議はなかったし、逆に見晴らしのいい場所で嬉しかったもんだ。 幼い頃よく山で遊んだ。山全部が自分のものみたいで嬉しかった。 誰も来ないし、辺鄙な場所なのに秘密基地 ...

【新作洒落怖】自殺スポット

本文 530 :本当にあった怖い名無し:2009/08/22(土) 23:57:14 ID:wkyO+BrsO 昨日、どうしても寝れなくて3時頃まで起きてたんだ。 ちょうどタバコも切れたから買いに行こうと思ったんだけど、歩いて一分かからん所にある自販機が、自分のタバコだけ売り切れになってて、他のを吸うのも嫌だったから、ちょっと遠い自販機までバイクで行くことにしたんだ。 他にも近くに自販機はいくつかあるんだけど、自分のタバコは売ってない。 バイクで五分ちょいくらいなんだけど、途中で橋を渡らなきゃならん。その ...

【新作洒落怖】悪意

本文 278 :悪意1/3:2009/08/21(金) 23:49:48 ID:edz+SqwT0 俺が税務署の職員だった頃の話。 90年代の頃だが、田園調布の、ある家へ査察に入った。 すると、玄関で奥さんが数珠をじゃらじゃらさせつつ、「悪霊退散、悪霊退散、悪霊退散。」 とひたすら呟いている。この家がある神道系カルト新興宗教に帰依しているのは調査で知っていたが、さすがに面食らったし不愉快だった。税務署員には珍しく短気な同僚Aは、 A「ずいぶんと奥さんは不機嫌ですね。」 等と皮肉を言う。家の主人もふんっと鼻 ...

【新作洒落怖】黒い生霊

本文 171 :本当にあった怖い名無し:2009/08/21(金) 19:02:28 ID:5JsX+ABe0 今の主人と同棲中の頃の話しです。 数日体調が悪く、風邪でもひいたかなと休んでおりました。 ある日、眠っていたら金縛りにあい 「大丈夫疲れているだけ」と自分に言い聞かせ、金縛りが解けるのを待ちました。 まぶたは閉じているはずなのに、何故かうっすらと周りの環境が見える。 「え?どうして?」と思っていたら 私の頭の上から 黒い影が上へ上へとあがってきました。 「なに?え?これなに?」 とガクブルしてい ...

【新作洒落怖】中古車

本文 150 :本当にあった怖い名無し:2009/08/21(金) 17:53:21 ID:5JsX+ABe0 娘が3歳位の時、中古で大きめの車を買いました。 私も娘も大喜びで大きな車を楽しんでいました。 しかし数週間した頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。 「どうしたの?」と聞くと、 『お兄ちゃんが怒ってる』と言う。 「どこにもお兄ちゃんなんていないよ?」 『そこに座ってるお兄ちゃんが睨んでる』 と、誰も乗っていない最後部座席を指差しました。 ぞっとする私でしたが、2列目に娘をだっこして乗り込み ...

【新作洒落怖】深夜のサイクリング

本文 140 :本当にあった怖い名無し:2009/08/21(金) 14:53:26 ID:dHMU2l9l0 この間、深夜に近くの公園へサイクリングへ行った時のこと。 公園の間に走る一本の細い道を進んで行くと、唐突に一軒の家が現れる。 公園の敷地の方へ30メートルほど入った先にあるその家の周りには暗い森以外何もない。ただ俺のいる小道の街灯が微かにその家を照らしているだけで、その家は薄暗くひっそりと佇んでいる。 とてつもなく異様な雰囲気が漂うその家はかつて日本を震撼させた殺人事件の現場となった家で、今は誰 ...

【新作洒落怖】リアルな夢

本文 700 :本当にあった怖い名無し@:2016/10/12(水) 18:16:32.95 ID:ZryOwnM70 今朝の事なんだが、妙にリアルな夢というか、現実というか… とにかく変な体験した。 701 :本当にあった怖い名無し@:2016/10/12(水) 18:18:07.64 ID:ZryOwnM70 いつも朝起きるのが6時頃なんだけど、今朝は目が覚めたあと熱が凄くて起き上がることも出来なかった。 さすがに出社無理だと思って、欠勤の連絡入れようと思ったんだけど、その時間じゃ会社に電話しても誰も ...

【新作洒落怖】『R』

本文 429 :本当にあった怖い名無し@:2016/10/08(土) 19:44:49.03 ID:0P6nfkK80 昔中学生の時、つるんでた藤沢って奴がいた。共に反抗期でよく夜遅くまで目的も無くぷらぷらと出歩いていた。 ある日藤沢の親が出張で帰らないと聞き、泊りに行くことになった。 その日も夜中まで外をウロつき、腹が減ったので帰ることにした。もう24時過ぎてたと思う。 藤沢の家は高層マンションの10階だった。高層マンションといっても作りは古く、オートロックなんてない汚いマンションだった。 誰もいないホ ...

【新作洒落怖】憑き物筋の調査

本文 115 :本当にあった怖い名無し@:2016/10/02(日) 01:55:13.11 ID:y6bQVVke0 怪異のあと、消息不明になってしまう話です。 文化人類学の講義に出ていた先輩から聞いた、憑き物筋の話。 116 :本当にあった怖い名無し@:2016/10/02(日) 02:34:48.66 ID:y6bQVVke0 中部地方にある大学の民俗学研究室で起きた事だそうです。 憑き物筋を調査している教授の研究室で8人の学生がフィールドワークに出ることになり、それぞれ担当を決めました。 A子さん ...

【新作洒落怖】深夜の峠

本文 105 :本当にあった怖い名無し@:2016/10/01(土) 22:47:45.98 ID:cRj+8s0c0 これは俺の先輩の友達の話。その先輩は、去年の夏に大○水峠って言う地元じゃ結構有名な心霊スポットに車で深夜に三人で行ったらしい。その三人を仮にA.B.Cとしよう(Aは俺の先輩の友達) その峠がある道は昼でも車の通りが少なく、その日の夜なんて対向車線を走れるぐらいの少なさだったらしい。 その三人は全然幽霊なんて信じない人で道中酒なんか飲みながらわーわーやりながら走ってたらしいんだ。 んでガヤ ...

【新作洒落怖】カナの喫茶店

本文 67 :funa@:2016/10/01(土) 05:05:25.35 ID:Mh0yxYT+0 子供の頃、みんなが顔見知りみたいな商店街の傍に住んでた。 商店街は新宿から20分くらいの私鉄の駅前から始まって、中程にパン屋、時計屋、寿司屋が並んでいた。 この3軒は同じ大屋さんの物件で、向かいには葬儀屋があった。 小3の終り頃、ずっと休業していた時計屋さんがうどん屋さんになった。お店は子供にも繁盛しているように見えたけど、なぜか親たちは行こうとしなかった。 その夏、幼稚園から一緒のトコとミイとお風呂屋 ...

【新作洒落怖】携帯カメラ

本文 327 :本当にあった怖い名無し:2011/08/23(火) 00:39:44.00 ID:Jh2CE0VP0 ある日の夜、普段なら出不精の私が新しく買ったスマートフォンに付いていた万歩計機能を使いたいというのもあって、散歩に出かけることにしました。 散歩とは言っても、本当に家から5km圏内をダラダラと歩くだけ。私の住んでいるところは住宅地だったため、基本的に道は舗装されていて明るいのですが、その日は住宅地から少し脇にそれた田んぼのある通りを散歩コースにすることにしました。 季節はお盆をすぎたころで ...

【新作洒落怖】抜いてはいけない木の杭

本文 419 :本当にあった怖い名無し(1/5):2009/08/01(土) 18:56:22 ID:aXftNoGi0 俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業やってる時にふと気になったことがあって、 それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。その時に聞いた話が個人的に怖かったので投下。 長文となってしまって申し訳ない、長文NGの人はスルーおながいします 。 農作業でビニールシートを固定したりすると時等に、木の杭を使用することがあるんだが、ウチで使ってる 木の杭には、全てある一文字の漢字が彫りこんである。 ...

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.