怪談・洒落怖

【新作洒落怖】回り道【短編】

本文 0839本当にあった怖い名無し垢版2019/06/11(火) 22:38:02.04ID:3yT6eTC50 今日なんとなくいつもと違う道を走ってみるかと思い、回り道をしたんだけど 県境にある車がやっと1台通れる程度の細くてぐねぐねした山道に入り込んでしまった 一応アスファルトの道なんだけど所々ガードレールがなく、道から踏み外したらそのまま斜面から転落してしまいそうな道で 対向車が来てないかカーブミラーを見ながら慎重に走っていた しばらく走って上り坂から下り坂になったぐらいの時、後ろから黒いワンボッ ...

【新作洒落怖】淀川の堤防

本文 0824本当にあった怖い名無し垢版2022/05/09(月) 23:41:58.30ID:gUTj8uZB0 10年ほど前、大阪で学生だったころ当時親に借金して買った125ccのバイクで深夜徘徊するのが趣味だった。 新しいバイクに乗るための目的が何か欲しかったのと、田舎者の俺はベッドタウンとはいえ都会の夜景がクセになっていたのとで、休日前の夜なんかはほぼ毎回深夜徘徊してた。 その頃は淀川に特にハマってて、川付近で駐輪出来そうなスペースにバイクを停めてはしばらく堤防を徘徊するのが楽しかった。 0825 ...

【新作洒落怖】あんざつ川【短編】

本文 0799本当にあった怖い名無し垢版2022/05/09(月) 01:08:53.59ID:xxbCcS2a0 短めの話。 俺の母方の祖母の家のすぐ近くに川があって、その川の名前があんざつ川って言う俗称がつけられてた。 小さい頃から祖母だけでなく時々会う親戚からもあんざつ川には入るな入るなと口を酸っぱくして警告されていたんだが、ある日なんの気無しにその川に入ってしまったんだ。 入ってしまったって言っても、本当に軽く足を川に浸しただけ。 それだけで足に激痛が走ってすぐさま川から足を引っこ抜いた。 そこで ...

【新作洒落怖】雪ダルマの絵【短編】

本文 0078本当にあった怖い名無し垢版2019/05/04(土) 13:28:34.10ID:tE3MgwSQ0 死ぬほど洒落にならないかどうかはわからんが友人に聞いた話。 友人が若い頃、ある雪の降った日。 友達を二人家に誘って飲み食いし、 夜中までコタツでいろんな話をしたり、 ノートに絵を描いたりしながら過ごしていた。 やがて三人はコタツで雑魚寝。 翌朝起きて、昨日何話してたっけ、と 何気なくノートを見ると、 片隅に雪ダルマの絵が描かれている。 「あれ?これ描いたの誰?」 「ん?知らない」 「俺じゃな ...

【新作洒落怖】『橋姫』

本文 0031本当にあった怖い名無し垢版2019/05/01(水) 02:22:03.43ID:H3Yz/q0N0 高校生の頃、俺は某チェーン店な牛丼屋でアルバイトしていたんだよ。 前やっていたスーパーに比べたら全然よかったし、9時には退勤させてくれたから正直満足していた。 家からの距離はそこそこあったものの、通っていた高校からは近かったので平日とかは学校から真っすぐに向かっていたんだ。 その日も9時退勤して「明日は休みだぞ!」とか思いながら自転車に乗って帰路についたんだけど、その途中にある神社に目がいっ ...

【新作洒落怖】左手が長い理由

本文 0641本当にあった怖い名無し垢版2022/05/04(水) 01:29:28.88ID:VxuBgW8w0 1/5 以前勤めていた会社の取引先の営業にYさんって人がいた。 歳は40代で見た目は平凡、仕事もそつなくこなす、いわゆる普通のサラリーマン。 変わったところと言えば、常に腕時計の下にリストバンドをしているくらい。 あと、左手が右手より少しだけ長かった。 それは初対面の時から気になってたけど、身体的なことだから特に話題にもせずスルーしていた。 その理由を初めて聞いたのは、一緒に仕事するようにな ...

【新作洒落怖】赤い空の夢

本文 0215本当にあった怖い名無し垢版2022/04/20(水) 04:16:52.85ID:mrgMUt8C0 10年以上前の小3位の頃の話。 家族で和室で寝ている時、ある日から突然「赤い空の夢」を見始めた。 夢の始まりの内容は、父親と車で綺麗に舗装された山道をひたすら登って行くという内容で、その道も地元の山道にどこか見覚えがあるもので唯一不自然だったのが、空の色が赤黒く変色し、自分視点の景色も赤黒くフィルターがかかったような見え方をしていたのを覚えている。 0216本当にあった怖い名無し垢版2022 ...

【新作洒落怖】願いの代償【短編】

本文 0011本当にあった怖い名無し垢版2022/04/15(金) 01:56:18.64ID:m8zUv17Z0 その頃、どうしても生理的に受け付けない女からしつこくアプローチ受けてて毎日苦痛だった その女は男女問わず友達が多くてそいつらがくっ付けようくっ付けようとするわけ 何度断ってもしつこくてさ、嫌で嫌でしょうがなかった それで地元では一番歴史の古い神社に朝の3時ぐらいに通ってお願いをしていた 「あの女が近づきませんように、縁がきれますように」って 1か月ぐらい毎日通ってたんだけ祈ってた最中に耳鳴り ...

【新作洒落怖】陽気な音楽

本文 0472本当にあった怖い名無し2022/04/28(木) 03:53:25.65ID:6p2wQZxR0 怖いかわからんけど、子供の頃に体験?した話投下します。 詳細な年は覚えてないんだけど、多分もう20年以上前。俺が多分6歳か7歳くらいの頃の話。 2つ下の弟Aと3つ下の弟Bと3人で、当時子供部屋になってた実家の3階でレンタルビデオ(VHSだよwなつかしw)で借りてきたアニメ見ながらトミカとかプラレールとか振り回しながらキャッキャ騒いでたのね。 晩ご飯たべて、両親に風呂に連行されるのを待ってる時間と ...

【新作洒落怖】オルゴール

本文 0376本当にあった怖い名無し2022/04/25(月) 22:58:08.37ID:1EMC2nlh0 日常生活の中のちょっとした出来事。それにほんの少しだけ深入りしたせいで、怖い目に遭ってしまう。 これはそういうお話である。 Gさんが仕事の都合で引っ越し、マンション暮らしをはじめて1年経った頃のことだ。 「彼女もいない一人暮らしでしたけど、その分かなり気楽ではありましたね」 平和だし、騒音もなく、迷惑な近隣住民もいない。いい環境だな、と感じていた。 街での生活にも慣れてきたなと思った1年目のある ...

【新作洒落怖】さびれた公園にいる女の子

本文 0298本当にあった怖い名無し2022/04/23(土) 14:53:40.77ID:FG1BRvcW0 怖いってか変な話なんだが … 家の近所に、さびれた公園( ボロッボロの滑り台とシーソー、ブランコとなんか中が空洞になっててはいりこめる丸いやつしかない )があるんだけど、仕事の行き帰りにそこの前絶対通るのよ 毎日通るもんだから気にして公園の方見たりはしなくて、いっつもボケっとしながら通り過ぎるんだけど、3週間くらい前にふと公園の方に目やったら、平日の朝7時ちょい過ぎにも関わらず、女の子(4、5歳 ...

【新作洒落怖】田舎の大きな屋敷

本文 0264本当にあった怖い名無し2022/04/21(木) 14:16:13.51ID:FuOqeKgM0 地元であった怖い話 4年前、市街地から少し離れた田舎の大きな屋敷の小屋から、嬰児3人の遺体が見つかった。 ニュースにもなったし、それなりにざわついた覚えがある。 その一軒家、ネットで売りに出されていたので見てみたら、かなり立派な屋敷だった。 1階はリビングキッチンの他に8畳間が何部屋も続く作りで、2回は家族の部屋なのか、六畳間が数部屋、合わせると16LDKくらいの、古い田舎の家という感じ。 外観 ...

【新作洒落怖】赤いスニーカー

本文 0261本当にあった怖い名無し2022/04/21(木) 07:33:34.14ID:x8eQESGR0 まだ中学だった頃の話なんだけど 団地の4階に住んでたワイ 夜中先輩に呼び出されて 親にバレないよう 慎重に玄関を閉めて何とか抜け出したんだけど 下から上に上がってくる足音が聞こえるんだよね うわぁ...見られたら注意されるかな...だるいなー とか思いつつ なんか言われたら 団地の前にある自販機にジュース買いに行くだけです って言い訳を思い付き それに足音の人が鉢合わせになる前に2階か3階の人な ...

【新作洒落怖】谷に落ちた友人

本文 02561/32022/04/20(水) 22:26:54.45ID:6IYzsthN0 登山が趣味の叔父が、懇意にしている人から昔聞いた話ね その人は登山口で土産物屋をやってたんだけど おにぎりとかも売ってたから夜明けとともに登ろうとする登山客のために夜明け前から店を開けてた その日も店の前で団体さんがその時を待ってたんだけど彼らが急にざわつきだして 何事だろうと思って自分も店前に出て行った みんなの視線の先には土まみれの男が山から下りてきていた それだけでも異常なんだけどその男は誰かを背負ってい ...

【新作洒落怖】廃墟での動画

本文 0140本当にあった怖い名無し2022/04/18(月) 20:17:15.14ID:faJUejtu0 学生の頃地元でよく肝試しばっかり行ってたんだけど その日地元では特に有名な廃墟に俺とYとSで行ったんよね 0142本当にあった怖い名無し2022/04/18(月) 20:33:57.62ID:faJUejtu0 まずは建物の前で記念撮影という事で写真撮ったら 俺とYが写ってるだけど赤いモヤみたいのが写っててさ s「やべ、赤いモヤみたいのある」 y「え?早速?‪w」 俺「煙草の煙じゃね?」 s「あ ...

Copyright© 怪談夜行列車 , 2024 All Rights Reserved.