怪談・洒落怖

【新作洒落怖】迷い道

本文 294 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 16:02:54 ID:3bTPOzuq0 俺がトラックの運転手をしていた時の話。 地図見て走っていたんだけど、俺のトラックじゃ潜れない高さの トンネルがあって仕方なしに迂回。周りは田舎。 地図見る限りじゃ迂回路を走っていくと大きな県道に出るから 大して心配してなかった。ところが、どこをどう間違えたのか 県道へは出れず。また地図見るも??おかしいな、あってるハズだけど? 外は暗くなり始めて、辺りは廃屋や廃車がまばらに見える。 更にうっそう ...

【新作洒落怖】とりつかれた友達

本文 229 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 23:17:58 ID:S1H7zcE00 昔から霊感があると自称している同級生(♀)がいた。 大学生になった頃になっても彼女は時々「霊が見える」だとか「あそこには良くないのがいる」だとかよく言っていた。 日頃仲良くしている私は、そんな彼女の言葉を聞いてか聞かずか、「そうなんだぁ、怖いねぇ」などと軽く聞き流していた。 高校の頃から一緒で、霊を感じると言い張る彼女にずっと半信半疑だったが、この前それを決定付ける出来事が起きた。 ...

【新作洒落怖】スキューバ・ダイブの写真

本文 215 :海の子:2007/08/02(木) 21:57:04 ID:Qfp4x3iY0 すこし前、おじさんから、聞いた話し… 今から、20年くらい昔(昭和の終わり時)、若い夫婦がある海(国内)へ、スキューバ・ダイビングに行った時の 話しです。     …携帯電話も無かった時代の頃… 奥さんは、その日は身体の調子が悪く、潜らなかったけど…ご主人は潜りました。 奥さんは、船(ボート)の上でご主人の写真を何枚か撮り、船から海へ入るところを3枚だけ撮りました。 船の縁に後ろ向きに腰掛けているところ     ...

【新作洒落怖】オンボロデパート

本文 188 :1/6:2007/08/02(木) 19:00:06 ID:g8J70gWQ0 予期せぬ時に予期せぬ出来事が起きると、どうして良いか分からなくなる。 これは、俺が先日体験した話。 俺はその日、市内のデパートに買い物に行った。 デパートと言っても大手のところではなく、ちょいと古い小さなデパート。 雨が降っていたこともあり、平日の昼間、お客はあまり居なかった。 俺は5階にある紳士雑貨で目当ての物を買い、さて帰ろうと思ってエレベータに乗った。 上から降りてきたエレベータには、2人のお客が乗ってい ...

【新作洒落怖】漂うモノ

本文 27 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 05:13:25 ID:XkxZhJoV0 今はもうあまりないんだが、 10代のころは時おり妙なものが見えることがあった。 なかでも複数回見ているモノが以下に書く奇妙なもの。 最初に見たのは学生時代の友人Mのアパート。 友人が実家からでて引っ越してきたばかりのそのアパートは 築何十年とかで見た目にもいかにもなオンボロアパートだった。 イメージとしては4畳半フォークとか男おいどんとかそんな感じw 引っ越し祝いで別の友人Aと初めて部屋に行った時 ...

【新作洒落怖】白いコートの女

本文 22 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 04:43:18 ID:BzcTwvFf0 確か夏頃。今くらいかな?当時住んでた西東京のH市で、1Kの安アパートに住んでた頃の話。 その日はいつもどおりバイトから帰り、だらだらとテレビを見ながらメシ食って 日付が変わるくらいには寝たと思う。 次に意識を取り戻したのは夜中だった。 物音がして、それで寝ぼけながらも起きてしまったんだ。 木造の安アパートなんて壁も天井も薄いし、住んだ事あるやつなら判ると思うけど 大げさじゃなく隣人の笑い声やら生活 ...

【新作洒落怖】火事の匂い

本文 4 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 22:17:58 ID:7t0urCYiO 何年か前の、ファミレスでバイトしてた時の話。 24Hの店で、私は当時22:00~5:00のシフトで入ってたんだけど、まぁ結構田舎に立ってたから平日とかはそんなに混まないわけよ。休日はともかくね。 で、その平日での話なんだけど、私、ちょっと用事があったから昼のうちにマネージャーに頼んで入りを0:00にして貰ってたん。 その用事が思ったより早く済んで、家で余裕ぶっこいてたら、23:00ちょい前くらいにシ ...

【新作洒落怖】おまわりさんの人形

本文 534 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 23:43:44 ID:VLvEnpXv0 私の家は郊外にあり、駅から20分ほど歩いた所にある。 今日は幾分疲れたので私は近道して帰ろうと思った。 いつも近道して帰ればいいじゃないかと思う人もいるだろう。 近道しない理由、その道には古いおまわりさんの等身大の人形が立っているのだ。 その辺りは木が生茂り、昼間でも暗く、近所のイタズラ盛りの子供達でも気味悪がり あまり近づかない場所なのだ。夜中なら尚更だろう。 私は疲労に負け、勇気を振り絞り近 ...

【新作洒落怖】ピンポン

本文 528 :1/2:2006/07/03(月) 23:06:48 ID:mDob25m10 今から5年くらい前、友達が体験した話です。 友達=A 友達2=B 友達3=Cとします。 全員、霊感はありません。 5年前の夏、夜中の2時近くに何となく「花火しようぜ!」と 盛り上がってしまった3人は、近所のコンビニで花火を買い込み、 Cの運転する車で入鹿池に向かいました。 ここは、愛知近郊の人間ならみんな知ってるやばめの心霊スポットなんですが、 恐れを知らぬ短大生の3人は、むしろ歓迎、くらいの気持ちで、特に気に ...

【新作洒落怖】ビジネスホテルのトイレ

本文 525 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 22:24:26 ID:gfauoNGv0 古い話になる。 20年程前に調布にあるビジネスホテルに泊まった時だが、風呂上がり ビールを飲み過ぎて催してきた為にトイレに入って、「それ」は起きた。 用を済ませ(これは運が良かった)、流し終わったその瞬間に灯りが消えた。 完全な暗闇、焦ってドアを開けようと5歩程歩いた時にパニックになった。 トイレは1×2メートルの広さ。 5歩、そんなにある訳がない。 全力で走ったと思う。5,6秒走った時に手に何 ...

【新作洒落怖】あけてください

本文 474 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 13:00:32 ID:nzLij7lu0 幽霊を一度でも見てしまったら、生きていられない。 そんなものがほんとうにいると分かってしまったら、もうトイレの扉は開けられないし、 風呂場で頭を洗うのもできないだろう。普通に生活なんかできない。確実に発狂する。 そう思っていた。 アパートの退去期限が迫っていたので、俺は夜中まで作業をしていた。 電気はもう止めていたので、部屋のなかは真っ暗だった。 あと残っている家具はベッドとテレビと絨毯、カーテ ...

【新作洒落怖】カーテンの隙間

本文 261 :1/4:2006/07/01(土) 22:16:30 ID:gZxond9g0 大学4年の夏。 当時入居していたのは、住宅街の学生向けアパート。 設備と築年数に比べ、家賃が破格に安いため大学3年の春に 移ってきた所だった。 単位もほぼ取り終わっていて、週に2日学校に出れば問題なく 卒業出来る感じだった。 時間を持て余していた俺は、徹夜でゲームしたり本読んだり ネットしたりっていうダラけた日が続いていた。 262 :2/4:2006/07/01(土) 22:17:38 ID:gZxond9g ...

【新作洒落怖】赤い靴

本文 91 :1/3:2006/06/29(木) 00:45:10 ID:CyefJgY60 小学4年の頃の話。 当時、俺は仲良しグループの中で楽しく遊んでいた。 仲良しグループとは、俺、俺の親友のKと、T、R(どちらも女)の4人の事。 この4人は小2~3と連続で同じクラスになり、席も何回か近くなったりして自然と仲良くなった。 小4でK、Tとはクラスが離れてしまったが、それでも放課後に皆で廊下で待ち合わせしてよく遊んでいた。 ある夏の暑い日、いつものように放課後廊下に集まって、今日は何して遊ぶかを話し合っ ...

【新作洒落怖】監視小屋

本文 313 :監視小屋1:01/09/23 02:37 私の通っていた高校は築120年という気合の入りようでした。 改築が繰り返された校舎は、素人目に見ても奇妙としか言いようの無い形に湾曲しています。 今では珍しくなった平屋であるにも関わらず階段があり、廊下のどん詰まりの壁際際から天井に向かって伸びています。 そのほかにも玄関を入ってすぐにある音楽室や、ドアが埋め込まれて立ち入れなくなった教室。 (外から見るとベニヤ板で物々しく目張りされています) その中でも奇妙極まりないのは「監視小屋」なるものがある ...

【新作洒落怖】新日本橋駅

本文 239 :新日本橋駅:01/09/17 12:41 JR京葉線・新日本橋駅に部下『N』のと二人でいた時の話である。 私たちは一番後ろの車両に乗りたいと、下り線ホームの東京駅に一番近い側に立っていた。 その壁際のところに、奇妙な人の形をした染みがあるのに私は気がついていた。 「気味が悪いなあ。まるで女性が手招きしてるみたいじゃないか。」 なあ、と同意を求めて振り返ると、後ろで部下がうずくまってしまっている。 「どうした。」 「課長…助けてください。」 この部下は、ものすごい霊感の持ち主だった。そういう ...

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.