作者について

【夜行列車プロフィール】

2019年末よりホラー小説投稿サイト『怖話(コワバナ)』にて活動開始。
2作目となる『山に入れなくなった話』を投稿したところ、台湾人の読者から翻訳したいとの申し出を受ける。
台湾のホラー小説投稿サイトにて『山に入れなくなった話』を含むシリーズ作品が『篠宮神社シリーズ』として翻訳連載されまたたく間に好評を得る。
4作目の連載が終わったタイミングで台湾の出版社より書籍化の依頼を受け契約する。

同時期に韓国の有名ユーチューバーによる『山に入れなくなった話』朗読動画の配信が行われ反響を得る。
その動画を見た韓国のTV制作会社から連絡があり、オーバーザトップ用のオムニバス作品の一つとして『山に入れなくなった話』を原作として使用したいとの依頼を受け、契約書を交わす。

2021年10月、台湾にて『篠宮神社シリーズ』第1巻を知翎文化より発売。
2022年に第2巻同社より発売予定(契約済み)。

【篠宮神社シリーズ】

第1作『首くくりの町』
第2作『山に入れなくなった話』
第3作『外国人労働者』
第4作『深夜ラジオ』
第5作『拝啓、タラチヒメ様(短編)』
第6作『闇の鳴動』
第7作『呪の曙(連載中)』

台湾インターネット掲示板PTTのMarvel板日本怪談部門で史上最高の「推し」数を獲得(全部門では5位)。
作者twitter
作者Plurk ※台湾のSNS

投稿日:

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.