『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

第二作 山に入れなくなった話

恐ろしい神様と出会った少年時代。大人になった主人公は運命に導かれ絶望と再会することに。

山に入れなくなった話  第1話

子供の頃、俺は山で遭難したことがあった。 俺の地元は結構な田舎で小学校は人数が少なく、同学年は2、3人しかいない。 1~6年生全て合わせても20人ちょっとという有様で、それなりの校舎はあるものの全生徒 ...

山に入れなくなった話  第2話

高校を卒業した俺は大学に進学せず映像系の専門学校に進んだ。 その学校の卒業生が立ち上げた代々木の小さな映像制作会社に就職したのだが、この選択がまずかった。 なんせ零細企業のため人がいない。 社長を含め ...

山に入れなくなった話  第3話

※登場人物が多くなったので名前を公開することにしました。 俺…前田浩二 看護師さん…斎藤さん ビデオに出ていた女の子…木崎美佳 霊媒師のおばさん…伊賀野トク子 「わかりました。ちょっと待っててください ...

山に入れなくなった話  第4話

目を覚ますと俺はまた病院にいた。 あの時と同じ病院のようだ。 病室に入ってきた斎藤さんが、俺の意識があるのを見て怯えた顔をしたあと、ベッドの側に来て「よかった……今、先生を呼んで来ますね」と言った。 ...

山に入れなくなった話  第5話 最終話

夕方まであてどもなく渋谷の街を歩いた。 腹が減ったらファーストフードで飯めしを食い、店から出たらまた歩き続けた。 途中何度も木崎美佳の姿をしたモノがちょっかいをかけてきた。 背中の後ろで気味悪く笑った ...

山に入れなくなった話  第6話 後日談

振り返ってみれば一連の怪現象に悩まされたのはたった四日間の出来事だった。 あのビデオ編集の仕事をした日から数えると結構な日数になるのだが、伊賀野いがのトク子の死を知り、寺社を巡って御守りやお札を集め始 ...

更新日:

Copyright© 怪談夜行列車 , 2019 All Rights Reserved.