『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

怪談・洒落怖

【新作洒落怖】呪怨物件

本文 831 :本当にあった怖い名無し:2011/10/09(日) 00:44:40.65 ID:hWXgdKPp0 【呪怨物件 1】 小さい頃から怖い話が好きで色々見たり(テレビやビデオ)、聞いたりして来た中でも上位に入る話だと思う。 今日は彼が飲みに行ってて帰ってくるのが遅いので一人で怖い話を書き溜めています。 この時点でちょっとドキドキ。。。 そんなこれから話すこの話も今日みたいに彼が飲みに行って来た土産話の一つだった。 因みに私が体験したわけではないので文章のつじつまが合うようにちょっと補足、補完 ...

【新作洒落怖】人身事故

本文 737 :本当にあった怖い名無し:2011/10/07(金) 15:18:31.43 ID:3pxfn7j10 去年の実体験の話をします 6月の半ば頃の話。 当時俺はバイク買ったばかりで、大学が終るとしょっちゅう一人でバイクに乗って あちこちを走り回っていた。 その日も特にする事がなかったので、次の日休みという事もあり神奈川方面へ 結構な遠出をした。 で、その帰り道、たしか夜の12時過ぎくらいだったと思う。 道とかも適当で標識を頼りにあまり車通りの多くない道を世田谷方面に向かって 進んでいると、急に ...

【新作洒落怖】俺の事?【短編】

本文 708 :本当にあった怖い名無し:2011/10/07(金) 09:42:33.63 ID:iIjyPWma0 先日友人2人が電車で帰宅中の時の話 時刻は夜の7時くらいで都内の電車 結構混む時間で友人2人は何とか座れ馬鹿な話やたわいもない話をしていました 友人Aが「怖い話でもする?」って感じで怖い話をしだしました しかし2人とも怖い体験なんてした事なく話もつき 友人B「霊能力者が山に入ったら首つってる幽霊が見えるのかなw?」みたいな話をしたら人混みを掻き分けて急に友人2人の前に立った人が「俺の事?俺 ...

【新作洒落怖】ウシガエル

本文 585 :本当にあった怖い名無し:2011/10/05(水) 21:31:53.14 ID:BAwyQ52a0 祖父から聞いた話。昭和50年頃のことらしい。 ちょうど今頃の早朝、散歩がてらに近所を流れる川の ほとりに、クルミを拾いにいったそうだ。 上流で川に落ちたクルミが流れ着いて沢山たまってい る、淀みのような所があったらしい。 その淀みの近くまで来た時、祖父の耳に、「おぅい、 おぅぅい・・・」と、呼びかけるような男の声が聞こ えたそうだ。辺りを見回しても祖父以外誰も見当たら ない。ひょっとして自 ...

【新作洒落怖】黒い人

本文 546 :本当にあった怖い名無し:2011/10/04(火) 23:23:15.16 ID:uHwu6kqii 一昨日の夜に体験した話。 仕事が終わって、まだ電車の帰宅ラッシュもおさまらない様な時間。 駅から家までは自転車で10分程度なんだけれど、住宅街なので道は仄暗くて淋しげ。 とは言え十年間は毎日通っている道なので、特になんとも思わず自転車をこいでいた。 車2台はすれ違えない細い道、向かいから自転車がライトも付けずに走ってきた。 暗いとはいえ、ちゃんと自転車がわかる程度の明るさはある。 547 ...

【新作洒落怖】音楽準備室

本文 486 :本当にあった怖い名無し:2011/10/04(火) 08:06:09.49 ID:5r8B5ycr0 中学校時代に体験した不思議な出来事 中学時代、私は吹奏楽部に所属していました。 部員も少なく、放課後の練習も殆ど個人練習ばかりで、私は友人と音楽準備室 で遊ぶのが日課のようになっていました。 遊び方も今にして思えばくだらないもので、大型楽器が仕舞われている戸棚 の中に隠れるというものでした。 事件当日……その日は私とS君以外音楽室に来ている者はおらず、私たちはい つもの遊びに興じていました ...

【新作洒落怖】ダルマさんが転んだ

本文 272 :1/4:2011/10/01(土) 23:08:43.46 ID:Rf9EMLtK0 私が小学校3年生か4年生の時のことです。友人5人くらいと神社の境内で「ダルマさんが転んだ」 をやっていました。小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放ってです。 その神社は町の中にあるのですが、ふだんは神主さんもいないところで、いつも表戸は閉まって いました。境内は教室4つぶんくらいの広さです。季節は秋で一面にいちょうの葉が散っていたのを 覚えています。たしか男子4人と女子は私一人でした。私は ...

【新作洒落怖】田所君

本文 660 :田所君1:2012/05/27(日) 01:33:11.93 ID:1HnKSW970 初めて投下します。 小学生のころ、同級生だった「田所君」(仮名)の話。 長文になります。 田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。 田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。 学校の図書館を「根城」(当時は意味が分からなかった)と呼び、 本の読みすぎですでにメガネをかけていた。 推理小説が好きで、図書館にある面白い本をいろいろ教えてもらったのを覚えている。 「根暗」「ガリ勉」「メガネ ...

【新作洒落怖】心霊スポット巡り

本文 648 :647:2012/05/27(日) 00:36:36.09 ID:X4voOScY0 今から約10年くらい前の話だ。 当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。 俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。 夜に遊ぶと言ったら飲み会や女子をナンパ、心霊スポットに凸する位しかなくて退屈な街だなと思ってた。 事件?があった日はよく一緒につるんでいたA、B、Cの4人でナンパに行ったが、見事に玉砕し暇をもてあましていた。 となるとやる事といったら酒を飲み ...

【新作洒落怖】イケモ様

本文 132 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 20:01:59.77 ID:TwSlcpWx0 昔ばあちゃんの家に預けられてた時 後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。 ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く行く所も無かったからその祠の近くにある池でよくじいちゃんと釣りをしていた ある日じいちゃんとばあちゃんが町に買い物に行くので俺一人で留守番する事になったんだけど(軽トラなので) する事が無かったので一人釣りに行く事にした。 実はその池に行くのには凄く遠回りをするが2人と ...

【新作洒落怖】弟の夢【短編】

本文 713 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 21:28:25 ID:kpNqDf6x0 さっき実家の弟から電話があった。 「姉ちゃん!姉ちゃん!!今すぐ窓閉めろ!友達呼べ! 外に出るな!俺もすぐ行くから!」 とパニック状態。寝ぼけ声なので、何事かと思ったら変な夢を見たらしい。 曰く 弟は夢の中で別人になっていて私の部屋を見上げている。 毎日観察しているので、私の行動パターンや生活パターンは把握済み。 先月から窓を開けて寝ているのを知っている。 私の部屋は2階建てアパートの角部屋で、 ...

【新作洒落怖】笑う遺影【短編】

本文 480 :笑う遺影:03/04/05 01:58 3ヶ月前の成人式の時 自分は遺影を持って行ったんだ。 中学の時、心臓発作で死んだ近所のツレの そいつと俺とは親友同士で、毎日のように遊んでいた。 そんなツレとこんな形で成人式に出席するとは思ってもみなかった。 市長のあいさつなども終わり 式の終わりくらいに、元クラスメートほぼ全員で集合写真を撮ったんだけど 後日その写真を現像してみたら俺の手の中のツレの遺影が笑ってるんだわ 無表情で写ってたはずの遺影が 怖いという感情はあまり無く 「ああ、久しぶりにみ ...

【新作洒落怖】『怖い夢を自在に見る方法』

本文 878 :その1:2010/03/22(月) 20:52:40 ID:3MPNKjj60 10年以上昔の、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。 怖い夢を自在に見る方法というタイトルが目に止まった。 「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。踏む回数によって怖い話のレベルが決まります。 1、2回なら遊園地のお化け屋敷くらいですが7回を超えたあたりから本当に怖くなります。 最大レベルは10です」という内容だった。 ちょうど寝る前だったし、簡単に実行できるとあって俺は枕を踏み始めた。 いき ...

【新作洒落怖】お化け屋敷

本文 146 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 13:17:29 ID:OK4E4Y150 友人と遊園地へ遊びにいったときの話なんだけど ある程度アトラクション乗った後に友人がお化け屋敷に入ろうよって言った 友人はお化けとかキャーキャー言う怖がりなんだけど その割にはそういう怖いもの見たがるやつ (自分はお化けとか怖いってあんまり思わないやつ) まあ付き合いが長いので自分もそういう性格分かっていて じゃあ入ろうかってお化け屋敷に一緒に入ったわけだ ただ、またこいつキャーキャー騒ぐんだろ ...

【新作洒落怖】地下道の女

本文 33 :1/2:2009/09/12(土) 16:39:20 ID:/rljoh/Z0 3ヶ月ほど前の出来事。 新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、 その道を歩いていた時の事。 通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間の手が見えた。 なんと説明したらいいのか…壁から手首から先が生えているとでも表現したら いいのか、「置いてある」という風には見えなかった。 作り物にも見えず、非常に生々しく今にも動きそうな手だったが、とくに血の跡などがあるわけでもな ...

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.