『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

外国人労働者

外国人労働者07

部屋の真ん中に立って小刻みに頭を動かす女の霊。 部屋の中に渦巻いていた靄はすっかり消え失せている。 女の霊の「あ゛っあ゛っ」という不快な声が部屋に響いている。   老師がお札と鈴を手にゆっくりと歩み寄る。 女の霊は動かない。 ただ立ち尽くして頭を振っている。   「△△!□◯◯△◯」 老師が何事かを唱えながら、女の霊の胸のあたりにお札を貼り付ける。 空いた手で印を結んで、貼り付けたお札にさらに何かを書き付ける動作をする。 女の霊が頭をガクンとうなだれた。 動けないようにしたのだろうか。 ...

外国人労働者06

「…………」 思わず息を飲む。 改めて見るとやはり異様な光景だった。 ボロボロに傷つけられ首から血を流している女性の霊。 前後左右に小刻みに頭を揺らしながら「あ゛っ…あ゛っ…」と呟いている。 あ、と、だ、の中間のような「あ゛っ」という声に不快感と恐ろしさを覚える。 その言葉?声?の中に感情や意思が含まれていない、爬虫類あるいは昆虫のような、意思疎通の絶対不可能な断絶を感じる。   老師はお経を終えて女の霊を見る。 と同時に女の霊がまた、揺れながらリーさんの方へと歩き出す。 老師は動かない。 何事 ...

外国人労働者05

「お茶……買ってきましたけど……あれ?」 雪村君は何が何だかという顔で部屋の中を見回している。 部屋の中には倒れて動かないハオさんと、血を吐いて気絶しているリーさん、そして並んで正座して額にびっしょり汗をかいている俺と伊賀野さんがいる。 「笠根さん?……どうしたんすか?」 雪村君がおずおずという様子で聞いてくる。   ブハー!と大きく息をつく。 「いやあヤバかった!雪村君、助かったよ、ありがとう」 「え?……はあ…まあ……え?」 「ホンさんの他にとんでもないオバケが出てきてね。雪村君がピンポン押 ...

外国人労働者04

「先生からOKと言われました。先生が来るまで私がホンさんの相手をします」 相手をする、とはどういうことだろう。   ハオさんはスーツ姿のまま床にあぐらをかいて、クローゼットから出してきたアタッシュケースの中から何かを取り出して目の前に並べていく。 綺麗な刺繍の入った布を広げ、その上にお札、鈴、線香、蓋のついた線香立て、木彫りの飾りのようなもの、その他よくわからない物を並べて、胸の前で手を合わせた。 線香に火をつけて消し、煙をたなびかせる。 その線香を両手で持ち、お経のようなものを呟く。 しばらく ...

外国人労働者03

中野の工事現場で彼と雪村君を広い、伊賀野さんに指定された場所へと向かう。 先方との面会場所は横浜のとあるホテルの一室だった。 中華街からそこそこ離れた場所にある控えめなホテル。 安宿とまではいかないが、お世辞にも豪華とは言えない一般的なホテルだった。   「…………」 伊賀野さんは有名な霊能者と言ってた気がするが、お金持ちではないのかもしれないな。 なんとなく中華街で円卓を囲んでるイメージをしていたから調子が外れた気がする。   「…………」 そんなこと考えていても仕方ないので受付を素 ...

外国人労働者02

その日は雪村君に彼を連れて帰ってもらった。 仲間のところに連れて行くのか、雪村君の家に泊めるのか知らないが、とりあえず今日のところは何も起きないだろうと言っておいた。 確証はないけども。   「…………」 さて困った。 一方通行の意思疎通はできるものの、それで除霊なんかできるはずもない。 あの父親の霊が何を訴えているのか、それが分からなければ始まらない。 「…………」 通訳だ。 何はともあれ通訳が必要だ。 中国語と日本語が理解できる人で、さらに霊のことを見たり聞いたりできる人物。 「…………」 ...

外国人労働者01

一昔前に、外国人労働者が酷い環境で働かされているというニュースを目にしたことがあった。   主に中国から密入国した労働者が多額の借金をカタに奴隷のような労働を強いられているというもので、現地のブローカーに騙されて日本に来たが最後、言葉も分からず友人も親戚もいない異国の土地で労働力を搾取され、タコ部屋にすし詰めにされて酷い環境で働かされながら貧困に喘いでいる、というような内容だった気がする。   そういったタコ部屋なんかがガサ入れされ、悪徳業者が摘発されるニュースなんかをしょっちゅう見た ...

Copyright© 怪談夜行列車 , 2019 All Rights Reserved.