『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

怪談・洒落怖

【洒落怖殿堂入り】おじゃま道草【名作】

更新日:



515 :おじゃま道草  ◆yjBaPtjU :02/05/26 17:11
茅野君を送った後、私は自宅へ戻りました。

-- ん? 誰も居ないはずの弟の部屋でひとの気配がする、、、、。
電気をつけて、覗くと、、、やはりいない、、、、。
-- 来たな、、、。
私は、
「くるな!」
と強く念じ、気配が消えたのを確認してから床に入りました。

明けて、すぐ、私はフィルムを現像に出しました。その日の夕方には仕上がりますから、、。職場へ行くと、弟(大輔)からの伝言がありました。
「今晩、帰る。友人を呼ぶ。酒、買っておいてくれ」
弟は、職場が遠いので、その近くに下宿しており、およそ月に1度、衣替えに戻っていました。

私は仕事の帰りに、上がったプリントを引き取りました。
持ち帰ると、まず、ネガで現像ムラや光線洩れ、傷などをチェックし、それからじっくりプリントを調べました。
枯れ木がとても目立ち、何枚かのカットに気持ちの悪い印象を与えていました。
と、、よく見ると、そのうちの1枚に、、、
南西の角のブロック塀に小さい赤い光点(豆電球でも点いているかように見える)が写っているものを見つけました。
同アングルの他のカットにはなく、そのカットにだけ写っていました。
ネガにもきちんと写っており、物理的な処理の過程で出来たミスとは考えられません。
赤、、、一般に負のエネルギーです。
小さな光点、、、強い霊体です。
色の感じからも判断して、、、
結論、、、祟りじゃーーっ!

516 :おじゃま道草  ◆D/vHCKaE :02/05/26 17:12
ぎゃあ、トリップが変わってしまった!失礼。
>515も自分です・・・

517 :おじゃま道草 <3> 2/3:02/05/26 17:13
もうトリップ止めようっと。

ちょうど写真を見終わった頃、大輔が友人の榎本君を連れて現れました。
そして、私がテーブルの上の写真を片付けようとすると、、、
-- 何写したの?
-- お化け、、じゃ。
-- へぇーー、どれ? 見せて、、、、家?、、お化け屋敷?
そのうち、私と大輔とのやりとりを見ていた榎本君が身を乗り出してきました。
-- 見せてもらっていいですか?
彼が写真を捲っている間に大輔が彼について教えててくれました。
学生の頃の剣道部の仲間だそうですが、、、何と、、彼は霊感が強く、それを見込まれ、密教系の寺院でアルバイトをしている、、という変り種だそうです。
彼によると、、
-- こういう赤いのって、神仏の罰てぇことがあるんです。
強いなあ、、、。
うかつなことは言えないので、これ、2・3日預っていいですか?
師匠に相談して見てもらいます。僕だったら、ただですから、、、
ネガがあるので茅野君には焼き増して見せればよい、ということで、私は例のカットの他、数枚を榎本君に預けました。

518 :おじゃま道草 <3> 3/3:02/05/26 17:13
榎本君は遅くまで飲み、その日は一泊して帰りましたが、大輔は馬場君の家に興味を示し、翌朝、、
-- 今日、茅野さんと行くんだろ? 俺、明日も休みだからつきあうよ。
と言いだしました。
-- あぶねぇぞ、、、憑かれるぞぉ~。
-- 武道やってるからかも知れないけど、おれ、そんなの平気だよ。

約束の正午に茅野君が現れ、私たちは3人でB宅へ向かいました。
私は、例の猫が気になっていたので、途中、鰹節のパックを買っていきました。

519 :おじゃま道草 <4> 1/3:02/05/26 17:13
馬場君宅へ着くと、ちょうどバンドの練習中でした。すぐに終わると言うので、待つ間に建物の周囲を調べることにしました。
林が切り開かれ、宅地として分譲された場所のようでは在りましたが、、近くには古そうな農家が点在しています。
-- わざわざ、木を切らなくても農地があるのになぁ
私はだんだん土地の成り立ちが気になり出しました。
そして、しばらく歩き回るうち、
-- ん? 水の気配がする、、、
池か井戸か、、溜まった水のようです。場所は限定できませんが、どこかにあったと思われます。
そのうち、馬場君宅が静かになり、女の子(船井さん)が呼びに出てきました。

中へ入ると、まず、使わない皿を2つ貸してもらい、1つには水を入れ、もう1つには鰹節をのせました。
猫の気配がもっとも多い階段の下に、それらを置きました。
そして、しゃがんで手を合せると、
-- ここにとどまるな、去りなさい、、、、
と念じました。

それから5分位後でしょうか、、、練習室でお茶を飲んでいると、廊下の方から、「ニャン」という鳴き声がしました。
-- また、猫がはいってきたか? 鰹節狙ってるんだろう。
馬場君が立ち上がって、廊下を覗きました。
-- ありゃ、いない。今、ないたよなぁ、、
馬場君が首をかしげながらもどり、また元の雑談になりました。そしてその後、猫の気配はぱったりと途絶えました。

ところが、この猫供養が、本体をつついたようです、、、。

520 :おじゃま道草 <4> 2/3:02/05/26 17:14
さて、3人でキッチンへ、、、。
6畳の広さがあるダイニングキッチンでしたが、だれもそこで食事を取らないため、テーブルなどの家具もなく、広々としていました。
まずは写真撮影、、、
-- ん?、なんだぁ、あれは、、。
柱の上部に、貼っていた紙を剥がしたあとがある、、。
きちんとはがさず、びりびりになって、中央部が残った状態です。黄ばんでいて、古そう。しかも、そこだけでなく、部屋の四方に同じものがある、、、。
御札で何かを封じた、、、しかし破れた、、、。
最も剥がれていないものに近寄って、見てみると、真ん中が妙に黒い、、、
絵?、、、黒犬。御嶽山か、、?
-- 足がちくちくする、、、いるな、、。
私は、茅野君へ向かって、
-- 何か感じない?
-- 何か、足がひりひりするよ。
-- そう、、俺と同じだね。どの辺がひどい?
-- この流しの前のあたりかな。
-- そうだろう、、、。
またしても意見が一致。
それまで黙していた弟の大輔が口を開きました。
-- すごい、、、殺気がある。
目を閉じると、今にも誰かが斬りかかって来そうな気配があるよ。
それに、昔痛めた腰が痛くなった。弱いところをつついて来るみたい。
この感じ、、、修学旅行で関ケ原へ行った時以来だな。
普通は、俺、こういうの平気なんだけど、、ここは別だよ。
何がいるんだぃ?
-- ここで、「見る」と危ないな。帰ってからな。

521 :おじゃま道草 <4> 3/3:02/05/26 17:14
私は、
-- これは、猫のようなわけには行かないな。無理だな。
と思い、馬場君に転居を勧めることにしました。そして、私がもう2、3枚写真を撮ろうとすると、茅野君が、
-- 何か気持ちが悪くなりそうだから、向こうで御茶飲んでるね。
と言って台所をでました。
-- 俺もそうするよ。
大輔も同じことを言いだしたので、私も出ることにしました。

練習室へ戻ると、馬場君が横になって寝ていました。
-- 明け方までかかってバンドスコアを書いたって言ってたからね。
でも、何か安眠してるようではないみたいね。
船井さんがタオルケットを馬場君にかけながらつぶやきました。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
やこう

やこう

ご乗車ありがとうございます。 車掌は怪談や奇談、洒落怖、ホラーなど、『怖いモノ』をジャンル問わず収集しているオカルトマニアです。 皆様も「この世発、あの世行き」の夜の寝台特急の旅をごゆっくりお楽しみください。

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らなかった僕 ...

3

2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐらいで怒涛の展開、なんだ ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2020 All Rights Reserved.