『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

映画・書籍レビュー

【映画評】カルト ※除霊シーン多めでマニア的に嬉しい作品

投稿日:

先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らなかった僕がニワカという説も・・・

【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメ

二度観ました。 最初はなんとなく。 二回目は柴田理恵さんの演技と、後半の大除霊大会がどうしても観たくなって映画館へGO! 賛否両論あるエンタメ部分は僕的には大好物の超絶除霊エンターテインメントとなって ...

続きを見る

いつものようにホラー映画あさりをやっていて、ネットフリックスで見つけた表題作を鑑賞。タレント以外の出演者が全員胡散臭い最高のB級ホラー映画に出会いました。

実際の心霊番組ロケという設定なので主演のあびる優、岩佐真悠子、入来茉里らがそのままの名前で出演。
初めて拝見しましたが入来茉里ちゃん可愛いね。
ネタバレは回避しますがあんなことになって残念です。。。

なんやかんやあってちゃんとお祓い&霊媒師やられる&最強霊能力者あらわる…ドンッ!!

な展開で、割とすんなり入ってくるテンプレ的な内容ですが、そこが良いのであって奇をてらって失敗するよりは全然良い展開でした。「来る」も似たような展開ですし。。。一回くらい霊媒師やられないと「あっ・・・そう・・・(´・ω・`)」てなっちゃうしね。

んで。

その除霊シーンがリアルすぎて胡散臭いのなんのって。笑

いや、こう書いては失礼なんだろうけど。

めちゃめちゃリアルなわけですよ。

ノリは法事でお坊さんに自宅に来ていただいてお経をあげるような感じで、お坊さんの後ろにみんなで正座してるのを横から撮ってる。

真面目に「ノウマクサンマンダ~」と唱えてるお坊さんの後ろをチワワがトコトコトコ・・・ってそれがいい。

非常にチープで安上がり、かつそこが非常にリアルっていう。

なんやかんやあって。

最強の霊能力者NEOが登場してぬ~べ~の鬼の右手ならぬ左手で悪霊どもをちぎってはなげちぎっては投げ。。。

NEO様かっこいい!ってならないのがこの映画の面白いところで、NEO様が登場してからはもう漫画です。

リアリティなんぞぶん投げてスーパー霊能力者NEO様がバンバン引っ張ってくれます。

そんなこんなで一見落着かと思いきやさらになんやかんやあって真相が解明されて最後に入来茉里ちゃんがあ~っ!となってエンディングですわ。

いや~面白かった。

こんな映画まだまだあったんですなあ。

この映画の監督さん、白石晃士さんっていうんですが、以前観た「ノロイ」がピンと来なくてそのまま食わず嫌いだったんです。

でもこの映画で見事ハマりました。もう白石作品全部観ちゃうぞってぐらいのテンションです。

調べてわかったんですが、調べないとわからないのかよってね貞子vs伽椰子の監督さんなんですね。

おみそれしました。商業ベースの大作もちゃんと撮ってらっしゃるそうで、そういえば貞子vs伽椰子にもNEO様みたいな人が出てきましたね。安藤政信だったかな。

さらに「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」も監督されてるそうで、邦画ホラーの最前線の人じゃないですか。なんか白石さん=ノロイだったんですよね。僕のバカ。

とにかくオススメですよこの映画。あまり期待値を高くせずにお楽しみください。

そんなわけで白石監督の今後の作品に注目しつつ、今夜もホラー映画をあさるのです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

  • この記事を書いた人
やこう

やこう

ご乗車ありがとうございます。 車掌は怪談や奇談、洒落怖、ホラーなど、『怖いモノ』をジャンル問わず収集しているオカルトマニアです。 皆様も「この世発、あの世行き」の夜の寝台特急の旅をごゆっくりお楽しみください。

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らなかった僕 ...

3

2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐらいで怒涛の展開、なんだ ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-映画・書籍レビュー

Copyright© 怪談夜行列車 , 2019 All Rights Reserved.