怪談・洒落怖

【新作洒落怖】父親からの着信

投稿日:2021年10月4日 更新日:

本文

660640@父親からの着信2017/09/13(水) 00:05:16.11ID:WE4O/jpj0

15年ほど前、俺は北陸のとある大学に通ってたんだけど、そこで仲良くなった現地民の友達3人(以下A,B,C)と夜ドライブしてたら運転してたAが
「おいM(俺)、お前心霊スポット好きなんだろ?東尋坊行ったことないだろ、連れてってやるよ」
もちろん快諾し、1時間くらいかけてそこへ行ったんだ。そのときは確か22時だったかな、まぁ暗くて何か出そうな雰囲気。「救いの電話」なんてのもあったりで「あぁ、ホントに自殺の名所なんだな」なんて納得してた。
んで、崖のすぐ近くまで行くと眼下に海が見えてすごい光景だった。死にたい人はそこに吸い込まれるんだろうな・・・などと思ってたら俺のケータイが鳴った。

661640@父親からの着信2017/09/13(水) 00:06:37.94ID:WE4O/jpj0

着信は父親からだった。なんつータイミングだと電話に出ると
「M、お前今どこにいる?なんかお前の周りに変なのがたくさん集まってるぞ。引っ張られて死にたくなかったらそこから今すぐ帰れ」
初めてゾッとした。父親は俺が東尋坊にいることなんか知らないはずだし、もちろん俺の地元(かなり遠方)にいる。この時代のケータイはガラケーだしGPSなんかも付いてない。
そんなん言われたらもう怖くてこんなとこには居られない。電話を一方的に切られたあと、なんだなんだとどよめくABCの3人に「俺はもう無理。帰ろうぜ」と促し東尋坊を後にした。

662640@父親からの着信2017/09/13(水) 00:07:34.86ID:WE4O/jpj0

案の定、今の電話はなんなんだ、と3人に詰め寄られた。だから電話は父親からで、言われたことをそのまま話すと皆一様に青ざめていた。
「お前の親父さん、霊能者?」って聞かれたけど「そーいうのが視えたり感じたりできるただのサラリーマンだよ」と答えておいた。
その後も特に友人たちも俺も特に霊障など何事もない。
俺自身はガキの頃以降は霊的な経験はほとんどなくて、そーいう気質は受け継がなかったようだ。だいぶ経ってから遺影に睨まれる経験をしたぐらい。

幽霊は出なかったが、俺にとっては洒落にならんかった出来事。

出典http://mao.2ch.net/test/read.cgi/occult/1497936493/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.