怪談・洒落怖

【新作洒落怖】ピンポン

投稿日:2021年11月19日 更新日:

本文

528 :1/22006/07/03(月) 23:06:48 ID:mDob25m10

今から5年くらい前、友達が体験した話です。
友達=A
友達2=B
友達3=Cとします。
全員、霊感はありません。

5年前の夏、夜中の2時近くに何となく「花火しようぜ!」と
盛り上がってしまった3人は、近所のコンビニで花火を買い込み、
Cの運転する車で入鹿池に向かいました。
ここは、愛知近郊の人間ならみんな知ってるやばめの心霊スポットなんですが、
恐れを知らぬ短大生の3人は、むしろ歓迎、くらいの気持ちで、特に気にも留めずに出発。
地元のしょっちゅう走ってる道なのに、何故か迷ってぐるぐる回ってしまったり、
すれ違った車に人影が見えなかったり…と、
怖がりの私からしたら耐えられないような兆候があったにも関わらず、3人は無事池に到着。
空が白みかけるまで花火をして帰りました。
(帰りがけ、Bは池の上に舟影を見た気がする、と言ってました)

独り暮らしのAを近郊の自宅に送り届けたあと、Cは車で帰宅。
BもAの家に置きっぱなしにしていた原付で帰宅しました。

ほどなくして、Aが寝ようとすると、玄関から「ピーーーン、ポーーーーーン」とチャイムの音。
(ワンルームなので、ボタンを押し込むと「ピン」離すと「ポーン」が鳴るチャイム。
友達連中は大抵、面白がって30秒近く押し込んでから離す)
夜明け前に訪問者があるわけもなく
「お、Bのヤツ、驚かしに戻ってきよったw」と思ったAは、
いっちょ笑かしたろ、とパンツを半分下げ、半ケツ状態で勢いよくドアを開けました。
しかし、ドアの前には誰もいません。
隠れてるのかも(ままある事なので)、とドアの裏を見ても、やっぱり誰もいません。
首をかしげつつドアを閉めて、戻ろうとするとまた
「ピーーーーーン、ポーーーーーーーン」

529 :2/2:2006/07/03(月) 23:07:47 ID:mDob25m10

今度は走ってドアに飛びつき、外に飛び出しました。やっぱりいない!
走って階段を駆け下り、アパートの周辺を探しますが、やっぱりいない!
そもそも、Aのアパートは↓のような構造で(ずれてたらすいません)
2階の一番奥にあるAの家のチャイムを押した後、
薄いアパートの廊下を足音もたてずに走り、
鉄の階段をやはり音もなく駆け下りて、どこかに隠れるなんて不可能なんです。
Aの全身に一気に鳥肌が立ちました。

ベランダ側。こちら側は全部田んぼ。
| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|
|      |      |      |  ここ   |
|____|____|____|____|
|__________廊下_______|
|ШШШШШ←階段

駐車場

これは絶対、池からヤバいのがついてきた!!
Aはダッシュで家に戻り、実家のおばあちゃんが持たせてくれたお守りと
食卓塩を握り締めて、慌てて布団をかぶりました。すると
「ピン…、ポーーーーン ピーーーーーン ポーーーーーーン
ピーーーーーン ポーーーーーーン ピーーーーーン ポーーーーーーン
ピンポーーーンピンポーーーーンピンポーンピンポーンピンポーン…」

恐怖のあまり、それがどの位続いたかAにはわからなかったそうですが、
朝の5時過ぎに新聞配達の音がするまで、恐怖で身動きが取れなかったそうです。

翌日、半泣きで「Bくん、昨日の朝ウチに来たやんね?」と聞いてみたけれど、
当然「ハァ?」と返されてしまい、しばらく怖くて一人でいられず、しばらくBに泊り込んでもらってました。

出典http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151406479/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.