怪談・洒落怖

【新作洒落怖】かくれんぼ

投稿日:2021年12月22日 更新日:

本文

191 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:52:16 ID:2JXJsibE0

夢つながりで俺も話をひとつ。
俺の実家は結構田舎かつ山の中で、周りは畑ばかり。
お隣はお寺で、それ以外に特にご近所と呼べるようなところはなかった。
下に何百メートルか下っていくとようやく家が点在しているというありさまだった。
だから当然夜になると真っ暗だし、薄気味悪いことこの上なかった。
そこに住んでいるころ、いくつか体験したことがあるのでそんな話をひとつ。

まだ小学生のころの話。
そのころまだ低学年だった俺は、家族と一緒に一部屋で寝てた。

ある晩、不思議な夢を見た。
俺が居間で母親に何か熱弁をふるっている。
夢だから自分は何をしゃべっているのか分からない。
が、母親は真剣に話を聞いていたように思う。
話がいよいよ佳境に入ったらしく、俺は「だから!」と言って、
テーブルをドン!と叩いた。
その瞬間、家の奥の納戸から子供の声で「もーいいかーい?」という
呼びかけが聞こえた。
「かくれんぼ?」
夢の中の俺は、そう思い納戸に続く廊下を覗き込んだ。
その瞬間、納戸の扉がバッと開き、「もーいーよー!」といいながら、
身長1メートルちょいくらいの小柄な影が飛び出してきた。
それは影というより、真っ黒な人だった。
どこからどこまでも漆黒の、人型のかたまりがものすごい勢いで俺のほうに駆けてくる。
俺はあっけにとられて動くこともできない。
納戸からはまた、同じくらいの大きさの、もう一体の黒い人が飛び出してきた。
二体の黒い人は、俺の目の前でカーブを切り、客間へと続く廊下のほうに走っていった。
夢の中の俺は訳もわからずその二体の黒い人を追いかけた。
そして、二体の影を追いかけて客間にたどり着いたとき、俺はふっと目が覚めた。

192 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:52:47 ID:2JXJsibE0

周りを見るとなんだか薄明るい。
「もう朝か」と漠然と思った。
しかし変な夢を見たおかげで胸がどきどきして落ち着かない。
横に寝ている両親と弟はすうすう寝息を立てている。
「起こされるまでもう一回寝よう」そう思って俺はまた布団に入り込んで目をつぶった。
そしてウトウトとし始めたとき、突然体が動かなくなった。
「金縛りだ!」さっきの夢を思い出して体から冷や汗が流れる。
手はピクリとも動かない。
とんでもない恐怖感に押しつぶされそうになる。
何とか声を出して隣に寝ている両親に助けを求めようとするが、声が出ない。
「ヒューヒュー」というかすれたような息遣いが自分の口から聞こえるだけだ。

そうこうしているうちに体が突然動くようになった。
体をガバッと起こして目を開ける。
さっきまでは薄明るかったはずなのに周りは真っ暗になっている。
「え?朝じゃなかったの?!」こうなると自分でも訳が分からない。
時計を見るとまだ二時を少しすぎたばかり。
自分のおかれている状況が理解できなかった。
あわてて両親を起こして、事情を説明して同じ布団で寝かせてもらった。
両親は形だけは真面目に話を聞いたが信じちゃくれなかったと思う。
所詮は子供が寝ぼけただけだ、と。

193 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:53:58 ID:2JXJsibE0

その晩はそれ以後何も起こらなかった。
次の日、また夜中に目が覚めた。
時計を確認する気にはならない。
どうせ夜中だ。
今度は周りも明るくない。
そして、そのときの俺は「また寝ようとすると金縛りにあうに違いない」
と(なぜか)確信していた。
もう寝るわけにはいかない、金縛りは二度とごめんだ…
たしかそんなことを考えていたように思う。
だが当時の俺はいかんせん馬鹿な小学生。
「寝ないぞ!」という決意むなしく再びまどろんでしまった。
そして眠りに落ちるその瞬間、またしても体が動かなくなった。
しかも今度は昨日と違う。誰かがいる。俺の上に誰かが乗ってる。
腹の上に乗ったそいつは、たぶん笑っている。
そいつの笑い声がかすかに聞こえる。
もう一人、俺の真横(親たちのいないほう、俺は一番端っこに寝てた)に
誰かが座って俺を覗き込んでる。
俺は「絶対に目を開けるものか!」と決心して目をつぶっているのに、
なぜかその状況がまるで目にしているかのように頭に浮かぶ。
「ねえ…ねえ…」
「遊ぼうよ…」
突然耳元で誰かが俺にささやきかけている。
今でも忘れない奇妙な声。
無機質な、機械の合成音のような、生きている人間の気配のない、非現実的な声だった。
俺はあまりのことに叫びたくてたまらなかった。
だけどどんなにがんばっても声は出ない。
「ねえ…」
「かくれんぼをしようよ…」
そいつらは俺に語りかかけてくる。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2022 All Rights Reserved.