怪談・洒落怖

【新作洒落怖】硝子の山

投稿日:2022年5月3日 更新日:

本文

468 :本当にあった怖い名無し:2009/04/17(金) 18:15:25 ID:eJn/IPDk0

私が学童保育でお世話になっていた時のお話です。
当時小学3年だった私は、学童保育の先生と、同じく通っていた数人の子供達とで
近くの小学校まで遊びに行こうと言う事になりました。
(ちなみにその小学校にはなんの噂もありません。)
そうして小学校でいっぱい遊んだ後、日も暮れてきたので帰ることになりました。

私はとにかく早く帰って自慢してやるんだ、と無駄な闘争心を燃やして帰路についたのですが、
その帰り道の途中には硝子の廃棄場みたいな所があるんです。
そこを通ろうとした時、硝子の山の中に人が居るように思えました。
「誰か作業してるのかな?」としか思わなかった私はあまり気にしなかったのですが
私が走るスピードに合わせて、その中の人も合わせて走るのです。
(厳密には走ってるかも知れない、ぐらいの認識でしたが)
格段怖いとは思わず、勝負なら負けない!と思い、一気に走りぬけました。
その硝子の山が切れて、勝ったなと後ろを振り返った瞬間

赤い手が山からすっと出ていて、「おいでおいで」をしていました。
その時初めて恐怖が追い付き、学童まで一目散に逃げました。
ただこんな話誰も信じないだろうと思い、その日は黙って過ごす事に決めました。

後日、硝子の山の中はどうなってるの?と学童の人に聞いてみたら
「硝子の山の中は硝子しかないよ」と言われ、人が入るスペースなんて無いと言う事を知りました。
亡くなった方が居る、とかそう言う話は聞けませんでしたが、今思い出しても不思議だなぁと感じます。

出典http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1238859854/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2022 All Rights Reserved.