怪談・洒落怖

【新作洒落怖】蝉

投稿日:2022年8月9日 更新日:

本文

610 ::2007/08/23(木) 20:25:06 ID:ZwTcleGu0

キャンプでの体験です。

私が高校2年生の時に学校でふれあい合宿という名前の
キャンプ合宿が在った。2泊3日で阿蘇のキャンプ場でカレーなどを作り夜には学校側
で用意したイベントとして1日目は肝試し、2日目にはキャンプファイアーと言う日程。
ただ、2日目の昼には阿蘇山に登るという過酷なものもあった。

1日目にまず到着してから気付いたのが周りに木が多い為蝉の鳴き声がうるさい。
私の住んでいる場所もそこまで都会と言うわけでもなく近くに山もあった為蝉の鳴き声には
耐性があったはずなのに、それでも五月蝿い。しかも、蚊が多い時期だった為か降りて30分も経たない内に
体中が痒い。
「もう、最悪だー」とか言いつつも虫除けスプレーをかけてそれぞれのテントへ。

611 ::2007/08/23(木) 20:25:37 ID:ZwTcleGu0

阿蘇に行ったことある人は分かると思いますが、大きなテントが最初から用意されている所も多く
そのキャンプ場のテントは初めから組んであり駐車場から階段を上り小道を進むと着くようになっている。
部屋割りというか、テント割は1テントに対し6人を先生が勝手に組みそれをその場で知らされて
それぞれのテントへ。
もちろん不平や不満もあり
「私、誰々と一緒が良かった」や「○○、後で行くからねー」などと言いつつも取りあえずはそのテントへ。

私のテントは上り始めて6番目の位置にありトイレも歩いて少ししたところにある。5番と8番と近く
(7番は向かい側にあるため少し遠い)私の仲の良い友人達は
5番6番8番となっていた為抜け出して会いに行くのは訳無いほど
近かった。その為初め「○○さん、私と交代して?」と言っていた友人も
「これなら近いからいっか」という感じに。
テントは前からも入れるし後ろもジッパーが着いており、後ろから出ることもできるつくりになっていた。
そこで夜もし他のテントに良く場合は後ろから出入りすれば良いかー。という事で不満も少なくなってきて
それからは如何にキャンプを楽しむかに興味は動いていった。

612 ::2007/08/23(木) 20:26:14 ID:ZwTcleGu0

夕方5時ぐらいまでは各々自由行動を取っており5時になり夕食のカレーを作る為再度先生達が独自に選んだ男女の組みで
料理をする事に。その際話題になったのが蝉の鳴き声の大きさと「ギーーオ」という感じの
変な泣き声。同じ班の男子が言うには「ヒメハルゼミだろ」との事です。
その後カレーが出来上がりウマイウマイなどと言いながら食べ終えて食器等を洗い各自テントに戻りテントの中でカレーの味は
どうだったとか虫が多くてヤダとか話をして過ごした。その後入浴時間になり先生に引率されて駐車場の前にあるホテルへ順番に向かい
そこの温泉に入る事に。多くの男子はメンドクサイと言いながらキャンプ場にあるシャワー室を使用していた。

一回目の事件が起きたのは私がお風呂からあがりテントに戻っている最中だった。

613 ::2007/08/23(木) 20:26:44 ID:ZwTcleGu0

夕方の7時を回って辺りは薄暗くなっておりテントの前にポツンポツンとある電灯がついてて小道だけを明るく照らしてる。
そこを友人と一緒に戻っているときにテントの前でザワザワしている集団を見つけた。
「どうしたの?」と聞いてみたところシャワールームで何かおかしい事があったらしいよー、と。
何があったのか聞いてみるとシャワールームも一応男女別になっており1つのシャワールームには4人分のシャワーが設置されている。
男子は4人が終わると交代で使うという感じで使っていた。
シャワールームを使う男子も最初の方は列を成して待つぐらい人数も多かったらしいが段々と列もなくなりシャワーを使う人数もまばらになってきた。
その時に、ある3人の男子がシャワーを使っおり4人目が居ないのに4つ目のシャワーがずっと流れっぱなしになっている事に気付いた。
誰かが閉め忘れたんだろうなあとその内の一人がシャワーに手をかけたところ入り口が開いた為、
誰か来た、それならそいつが使うだろうなと
シャワーを閉めずに髪の毛を洗うために戻ったところ他の一人が行き成り「うわーーーーーー、なんしよんか!?お前、ここ男用ぞ」
と言い出して他の二人もすぐにその入り口を見た。そこに女性が後姿で立っており、「うわっ」と言う声と共にその女性が一度こちらへ振り向き
凄い勢いで扉を閉めたらしい・・・。その後先生の一人にその三人が伝えにいき帰りがけにその話を会う人会う人に話していた為に
ここまで話が大きくなりテントの前で集まっていたらしい。
先生も沈静化を図る先生と21時からの肝試しの為にそれを種に使う先生とに別れてた。
私達は怖いねーなどと言いつつ肝試しを心待ちにしながら「ここは出るねー」と話をして時間をつぶしてました。

614 ::2007/08/23(木) 20:27:15 ID:ZwTcleGu0

21時になって肝試しの為に全員が駐車場に集合し、籤引きでペアーへ。ただし、籤引きはクラスごと。
私はC君(同じクラスの男子)とペアーになり順番は106組中78番。遅いのか早いのかはわかりませんが、私自身は前に何組もおり
後ろにも何組もいるという事でかなり安心。行程は駐車場からテントのある小道をずっと登っていき、行き止まりにある
テントの中にあるお札を取ってくると言うもので1組が行って数分後に次の組がという感じのためそこまで怖くないかな?などと
思っていました。ただ不思議だったのが先生が出る組みに懐中電灯を渡していたところ。

それから1時間ぐらい経って私達の番へ。それまでに帰ってきた人たちの中には泣いてる人や「怖すぎ」だと言っている人も
おり、そんなに怖いかなー?等と簡単に考えていました。C君も多分同様で出発前までは「泣きすぎやろ。こんなんのどこが怖いんか」
と言っていましたが、いざ自分達の番になってびっくり。駐車場から見える位置までは電灯が点いているのですがそれ以降は真っ暗闇・・・。
さすがにC君も「これは怖いかもね・・・。」と言い出すくらいにそこは怖かった。懐中電灯にすぐに灯をつけて道筋に上っていく。
上っていくだけなのに何故か怖い。ミーンミーンミーンと言う蝉の声の中に「ジー」や「ギーーーー」と言う音も聞こえそれが
さらに怖さを増す。そして一番怖いのが、階段になっているので懐中電灯を下に照らしながら進んでいく。その為前が見えない。
足元に気を取られて前から来る人影に全く気付かない。もちろんたまに前は見るけど直ぐに足元に集中してしまう。

615 ::2007/08/23(木) 20:27:52 ID:ZwTcleGu0

そのときに目の前にいきなり灯りが。「ひゃっ」と驚いて、すぐに見上げたところテントまで行き戻ってきている組でした。
曲がりくねった道で上から降りてくる人の灯りはみえなくてさすがに初めは驚いたけど、
それからは何だ、人が居るんだし大丈夫か~。という気分になり不思議と恐怖は薄まってきて
何度か他の組と擦れ違いながらも頂上へ。一番上にあるテントの奥に小さいダンボールが置いてありその上にあるお札を取って
駐車場へ戻ることに。それから少し降りている最中に「キャーーーーーー」と言う声を聞きビクッとなったけどC君が
「びびりすぎだろ、叫ぶか、普通ー、おもしろいなー」と笑いながら言っていた為私も釣られて笑いながら下りていきました。
駐車場が見えはじめた時に、前の2組の人たちがそこで座り込んでいた。
C君が「おい、はよいけや。何しよんよ」と聞くとそのうちの1人が怒鳴り声で「お前が先にいけ」と言い出す。
その怒鳴りだした人の前に座り込んで泣く女子二人。もう一人の男子も懐中電灯を下に向けたまま闇を睨んでる。
「そんな怒るなや。何か?どうしたん?」とC君が聞くと先程怒鳴った男子が「便所の前を懐中電灯で指してみ」と言い出した。
私はそれを聞いた瞬間に見ないほうが良いと思い目を瞑ったけど「なんもないやねーか」というC君の言葉で目を開けて見てみた。
トイレの前には真っ暗な空間があるのみで何も怖いものは無い。「あ、あれ?おかしいなぁ??」と言い出すその二組の男女。
早く降りようと言い3組で駐車場へ。帰ってきて安心して泣き崩れる女子二人にそれぞれの友人が駆け寄る。
「怖がりすぎでしょ、何かあったん?」と私に言う友人に「いや、わかんない。私が行ったときには泣いてたからさー」と伝えると
その友人が先程怒鳴った方の男子に事情を聞きに。

616 ::2007/08/23(木) 20:29:28 ID:ZwTcleGu0

その時の話では、トイレの前の壁に大きな蝉がとまってて、それを取ろうとした前の組の男子がトイレの中に女が居ると気付いた。
それを虫とかやめなよーと言っていた女子も一緒に見てしまい腰を抜かしてしまった。その男子も後ずさりながらその女子の元まで
戻ってきてなすすべなく立ち竦んでいると後ろからの組みが近づいてきた。それに驚いて座り込んだ女子が「きゃーーーーーー」という
声を上げた為後ろの女子もびっくりして尻餅をついた。その時に男子が持っていた懐中電灯がちょうど便所に光を集めてしまい、
その4組の前に明らかに女が経っているのが見えたらしい。ゆっくりと近づいてるような感じで先程まではトイレの「中」に居たはずの
女がとまっていた蝉を潰しながら壁に手をかけていた。その後に私とC君がちょうど着いたとの事。

私自身はそんなもの見ていない為友人と怖いねー、トイレいけないじゃん。聞かなきゃ良かったー。と騒ぎたて他の組みが終わるのを待った。
その後全組が終了し就寝時間だ。との先生の声でそれぞれのテントに戻ることになったが先程の女子二人は恐怖のあまり体調が悪くなり
女性教員と同じテントで寝ることに。
その後は、肝試しが終了した為にテント前の電灯が全てついており、他のテントに忍び込み仲の良い友人同士で話たり
見回りの先生の影をみて声を潜めたり、トイレに行っていたのかどうかはわからないけども数人の生徒がテントから出ているところを先生に見つかり
怒られたりしているのを聞いたりして、そのまま眠りにつきました。

本当に怖い体験をしたのは2日目でした。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2022 All Rights Reserved.