怪談・洒落怖

【新作洒落怖】『それ』

投稿日:2024年1月24日 更新日:

本文

04884862019/07/26(金) 22:15:01.12ID:Jki9kOZU0

了解。これは、俺が体験した中で一番最初で一番怖かった体験だ。
もう20数年前の話だが、今でもはっきり覚えてるくらい恐ろしかった。
怖くて親にも一部分しか話せなかった事だ。(当然親は見間違いだろうっていって信じてくれなかった。)

当時俺は小学4年で、たしか運動会の準備をしていた。母校は田舎の学校で前の道は殆ど人は通らない。
で、グラウンドに白線を引くやつ(ラインカーだっけか)の線を引く目印を付ける為に手ごろな物を探してた。
母校には桜並木があってな、たまに折れた木の枝なんかが落ちてるんだ。それ狙いで桜並木に行ったんだよ。
目当ての物を見付け、グラウンドに戻ろうと前を向いたその時『それ』を見てしまった。

桜並木の前に、大人なら跳び越せそうな小川があって、その向こうに道路があるんだが、『それ』は昼間からその
道を歩いてた。(他に人はいなかった。)

『それ』には黒字に柄のある服を着ていて、首から上が無かった。(親に話したのはここまで。)
俺も最初は見間違いかな?って思ったんだが、そうじゃなかった。
ていうか明らかにこの世の者じゃなかった。『それ』の特徴を挙げると

・黒字に柄のある服を着ている
・首から上が無く、首の部分に赤い色が見えた。
・歩き方がおかしい。(間接を曲げずに歩く、どこぞの兵隊の行進の様な歩き方)
・両腕を突き出し、白い布に包まれた何かを持っている。

俺は悲鳴を上げ、一目散にグラウンドに逃げた。(木の枝は持ってた)で、クラスメイトに話したんだが、皆信じて
くれた。後になって聞いたが、俺の顔は真っ青でただ事ではない様子だったからだそうだ。
まあ、その後は霊障なども無く特に悪い事も起こらなかったが、これが一番怖かった体験だ。

04894862019/07/26(金) 22:23:01.43ID:Jki9kOZU0

追加で書き込むが、これには後日談があってだな。
俺は後に『それ』が持っていた『白い布に包まれた物』とそっくりな物を持つことになる。
それは祖父が亡くなった時だ。小学生の時は首だろうかと思っていたが、その『物』の意味
を知って改めてゾッとしたのを覚えている。

出典http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1561192635/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2024 All Rights Reserved.