『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

怪談・洒落怖

【雑談スレ】ことりばこ 2箱目【考察】

更新日:



概要

コトリバコの考察雑談スレその2です。
その1や関連リンクはこちらから。

雑談
【雑談スレ】ことりばこ1【考察】

概要 名作洒落怖コトリバコの投稿直後、考察のために立てられたスレ。 非常に長いですが面白いので暇つぶしにどうぞ。 関連リンクはこちらから。 本文 1 :1:2005/06/06(月) 17:46:19 ...

続きを見る

関連?
【後悔】洒落怖?コトリバコスレにて言及されていた話【仕掛け箱】

概要 2ちゃんの過去スレには見当たらなかったため、ネットからサルベージしました。 問題あればご報告ください。 関連リンクはこちらから。 本文 今日ここで、私が9年前から苦しめられつづけている、後悔と恐 ...

続きを見る

本編
【洒落怖殿堂入り】コトリバコ【考察】

912 :小箱 1:2005/06/06(月) 12:57:48 ID:lJdBivui0 俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。 俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことは ないだろ ...

続きを見る

本文

18 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 11:55:09 ID:w8PYHAXpO
コトリバコを部落一つ潰して作ったらハッカイよりもヤバい兵器になるよな。
しかも、無差別かつ凶悪な制御不能な奴が。エクサコワス。

19 : ◆mooN.KttY. :2005/06/10(金) 11:59:50 ID:bYOBmKcr0
隠岐騒動でググると幕末の反乱についてはある程度調べがつくんだが。
http://www.k-miyake.com/MiFiles/oki.html
http://www.kankou.pref.shimane.jp/more/history/k_kaze6.html

かんたんなあらすじ

もともと政治犯収容所であり教養も高かった隠岐住人たちが
幕末の勤皇の風に乗じて松江藩代官を追放。

80日後、煮え切らない明治政府の裏切りにより松江藩支配が復活。

明治政府(長州・薩摩など)再び介入、松江藩撤退。

さて、AAなる者がどちら側に付いて戦った人物だったのか、
これだけでは判別できないね。

20 : ◆mooN.KttY. :2005/06/10(金) 12:04:17 ID:bYOBmKcr0
http://www.kankou.pref.shimane.jp/more/history/k_kaze6.html
しかし、ここの最後段読むにつけ
この戦いの背景には、
島民、神社、勤皇 vs 松江藩、寺社、幕府 の
対立構造があったことが伺える。

21 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:14:58 ID:W9hApYyS0
tesuto

22 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:15:11 ID:W9hApYyS0
tesuto

23 : :2005/06/10(金) 12:22:41 ID:bYOBmKcr0
反乱を起こした側ってことは、
普通に読んだなら島民・勤皇派だってことか。。orz

24 :スネーク:2005/06/10(金) 12:28:14 ID:wH9ouzHVO
前回スレよりも荒れそうな希ガス。
何でpinoバッシングなんだ?

25 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:29:57 ID:dxiUBVw5O
>>24
みんな暇なのさ

26 :スネーク:2005/06/10(金) 12:33:24 ID:wH9ouzHVO
変換めんどい。
ピノは真面目レス大石感じ悪くはないが。多少控え目過ぎる所が勘にさわるのだろうか?

27 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:41:04 ID:vGzVyvcM0
さくっとpinoか煽り気に入らん方をNGにぶちこみゃえーやん?

>pino
変なのが騒いでるからとりあえず名無しに戻ったほうがいいかもな

28 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:44:13 ID:MKt2A5150
pinoのでつまつ口調、☆とかの記号がウザく感じるけど
言ってることは真面目だから良いや。

つか、なんでコテハンだったの?

29 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:44:15 ID:IaTr43xW0
>>26
あーそうかも…>多少控え目過ぎる所が勘にさわる
ちょっと2ちゃん慣れしてないっぽってか擦れてない感じが
自分のどっかやなとこがちくちくすんじゃねーの
うざいうざい言ってる香具師www
そんなにうざきゃスレ覗かなきゃいいっての…(うんざり

30 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:54:10 ID:0ukcDRow0
pinoは単独スレ立てた功績があるじゃねーか。
俺はコテでいてほしい。それほど内容のあるカキコでは
ないけど、俺は彼女のレスは必ずとばさずに目を通してる。それに
2ちゃん慣れしてないっていうけど、別におかしいことねーよ。

>pino
変なヤツはスルーでいこうなっ!

31 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 12:57:03 ID:apxSV3mZ0
大学の図書館に半島関係の本とかあるから、少し向こうサイドから調べてみる。

マジであんまり期待はしないでくれよ。

32 :29:2005/06/10(金) 13:00:59 ID:IaTr43xW0
あ、俺もうざいって言ってる様に見えたらごめん
ちょっと考えたら気に触る書き方したかもだな
別にうざいとか思ってないから、気にしないでくれなー!>pino

33 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:02:40 ID:sZwDQc2l0
>>19,20,23
小箱さんの話からは島民側であることがうかがわれるね。
なぜAAは、この戦いにことりばこを使わなかったんだろう?

34 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:08:02 ID:2W9gFOheO
>>1
乙!!

前スレで崇徳院が隠岐に流されたとかあったが崇徳院は讃岐だぞ……

35 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:24:00 ID:qdSTXC2L0
http://www.fururu.net/user/star777/20050606144117
↑これはガイシュツ?

36 : :2005/06/10(金) 13:30:38 ID:bYOBmKcr0
>>33
1、用意するにあたって相当の準備期間が要り、
また女子供のみに効く呪法では戦闘の大勢には影響がないこと。
2、反乱の精神的支柱であった中沼了三という人はのちに
侍講(じこう=天皇のそばに奉仕して書物を講義する人)にまでなった人物であり
怪しげな風説で評判を落すことなど適わなかったこと。

あたりかな。

37 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:38:03 ID:U0VMEPQu0
pinoが一部にウザがられている件だが、

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118047579/282
↑で名無しに戻ると言って
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118047579/303
↑で名無しに戻り
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118047579/340
↑で復活

こういうところがウザいと思われているのか?
あと「カキコ」とか「☆」使うところ?

38 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:41:04 ID:FzQC8jJK0
>>35
おーおー、広まってくなー。
俺たちは都市伝説が生まれる瞬間に立ち会っているのかもしれん。

あ、都市じゃないか。

39 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:45:30 ID:drCA/qaO0
>>37
コテハンというだけで嫌う人もいるんでねーの?

40 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:46:27 ID:Q+QPPUjD0
個人的には、某アズキさんの手によるドキュメンタリーとして出版して欲しいくらいの勢い。
もちろんAAさんやハッカイのその後の詳細が分かればだけど。

ハッカイ…… 八壊 だったらイヤだなぁ。

41 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:47:30 ID:RNGpYkP+O
そろそろスレ違いですよ漏まい様方
雑談スレ行こうや、な!

42 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:47:30 ID:+3n5Awl10
んー、ぐだぐだのスレ立てだったのにいつまでも1いうのを強調してたからっていうのもあるね

43 : :2005/06/10(金) 13:49:15 ID:bYOBmKcr0
反乱について調べてみるに(まぁググっただけだけど)
そんなに双方に激しい弾圧も虐殺もなかったみたいなんだよね。
まあ戦闘なので死傷者も居るけど。
首謀者やリーダーが刑死したとか獄死したとか出てこない。

だのにAAが、そうまでして逃げのびるかもしくは死などと
思い詰めなければならなかったというのは、神道だか陰陽道だか知らないけど
反乱を陰で後押ししたり、監視して情報を流したりしている勢力の隠密として
活動していたからではなかったかと。
地元の人間でなければ、当然、拷問にかけられてでも素性は洗われるだろうし。

44 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:51:33 ID:Q+QPPUjD0
>43
前スレでも出てた意見だけど、ハッカイを手に入れる事が最大の目的で、
逃げ込んだ先の人たちは体よく使われちゃったのが真相なのかもね。

ハッカイの正体と、何に使ったのかがますます気になるナー。

45 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:54:42 ID:FZuNE6Ky0
コトリバコを保管してる家は、それを作り出した部落の家々なんでしたっけ?
でも、コトリバコっていうのは「家系を根絶やしにするほどの強力な武器」ですよね?
自分達が作ったそんな禍々しい物を、使用せずに継承していってるってのがいまいち理解出来ない

例えて言うなら、「核兵器」みたいな物ですかね?
持ってるけど、使わない
持っているだけで、十分効果があるから

46 : :2005/06/10(金) 13:58:19 ID:bYOBmKcr0
漂泊の民が呪いにつかう外法箱ってワードが
たまーに引っ掛かるんだが
どういうものか具体的な記述はあまり出てこないな。

47 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:59:06 ID:9YqbxinJ0
M「そしてAAは箱の作り方を教えた・・・
M「作り方を聞いてからやめてもいい、そして殺してくれてもいいともAAは行ったそうだよ
M「それだけ禍々しいものだけん、この小箱ってのは、AAも思うところがあったのかもな
M「ただ、「やり遂げたら自分も命を絶つが、それでもやらなければならないことがある」
M「そうAAは言ってたそうだ

↑だそうだから、特攻志願するくらいの覚悟はあったんだろうね。
自らを生贄に狐酉箱作るのに必要だったとか。

48 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 13:59:28 ID:sZwDQc2l0
>>36
なるほど。とくに「女子供のみに効く」って部分を失念してました。
読んでるといろいろ言いたくなっちゃうけど、オレはROMってるだけの方がよさそうですねm(_ _)m

49 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 14:22:25 ID:Gpch77XUO
2げと

50 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 14:28:20 ID:p44bTdFj0
ま、AAがどういう人物かがわかればハッカイの行方も
少しはたどれるはずだし、AAの詳しい情報はMの家、
あるいはその集落に残っていて当然のはず。
100年続く核兵器の作り方を伝えた人物だからね。
それにいくら凄い兵器の作り方を教えてくれるからって、
そいつの詳しい素性や、ハッカイの使用先、その作戦に対する
AAのモチベーションを集落の人間が納得したうえでなければ
この兵器を共同して作るうえで必要な信頼関係は作れないだろ。

この話でひっかかるのはその点。集落サイドの兵器の必要性に
対する言及に対してAAの情報が少なすぎる。

51 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 14:40:38 ID:w9e9xzg40
前スレで8って数字が道教では完全な数で…って話があって、
ハッカイは身を守る装置じゃないか、でも最初の実験で呪い
殺してるよ?みたいな議論になってたけど。
それって他の箱と同じように呪いの武器であるけれど、それと同時に
身を守る盾でもあるという大変便利?な箱なのではと妄想してみる。

52 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 14:41:06 ID:0jppjaKh0
>50
お互い利用しあうつもりだったなら信頼関係はなかったかも?
もしくは、AAが集落の人物に目に見える形で何か呪術をおこなって見せ、それを信頼の礎としてお互いにコトリバコに対する利害の一致で共同作業をおこなったとすれば案外コトリバコ制作関係以外の情報は知らされていないかも。

53 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 14:41:32 ID:Q+QPPUjD0
実は AAさんはM氏のご先祖さま、だったりして。

54 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 15:01:22 ID:Yz1TjeUF0
>>53

だとオモロイけど・・・実際はちがうだろうね。
AAがその再びその地区に戻る理由もないし
仮に戻ったとすれば何かしら残ってるだろうし。

逃げてきてから、この地区に滞在してた時間もそう長くはないでしょ。

55 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 15:24:23 ID:ltbX4KxC0
八界じゃないの?
完成された術は方位関係ばっちりでしょ。
数字の4、8、16は世界をあらわす。今回は8方位。
一方、二方、三方、四方で東西南北
5、6、7方で間をうめて、最后の8で世界が完成。

56 :50:2005/06/10(金) 15:29:38 ID:p44bTdFj0
>>52
兵器を作るという仕事の上での信頼関係ということだ。
利用し合うという風に、感情的な信頼関係が希薄であればあるほど
そいつの個人情報は調べるだろ?この兵器に実効性、
その強さの度合いがAAの情報が残っている可能性と比例するはずだ。

もうひとつ気になるのはこの話の露出のされかただ。
もう現時点でこの箱に類似したものを我々は作れる。
しかも木箱自体の作り方は伏せられているので、それは
「封印性の低い」類似物となるだろう。さすがに人差し指は無理
だろうが、動物アラカルトで蟲毒っぽいものなら、作るやつが
実際出てきて不思議はない。問題はMという人間がからんでいながら
このような露出がされた、という点だ。

この箱自体の威力はいまのところ伝聞でしか確かめ得ないが、
この箱を作ろうと思いつく香具師、それを作る課程の精神状態を
想像すると、この話の露出されかたにおけるMの立場自体
ちょっと理解に苦しむ。

57 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 15:32:30 ID:2W9gFOheO
チッポウ考察。
宝法捧抱朋訪……色々あるが
七人封印された箱→七封
七人包まれた箱→七袍
共鳴させる壺→七匏
母の胎内→七胞
七人捧げる箱→七奉
こんなもんか?

可能性
八は八紘(全世界)を表す意味もあるから八界もアリかな。

58 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 15:50:20 ID:HI0Z8xiQ0
M神社はAAが来てコトリ箱教える以前から
箱の祓い方を知ってたってことだね。
なんかそっちの方が怖いな。

・小箱氏とAAは同姓で、地元ではかなり珍しい姓。
・小箱氏の祖先(AA?)は隠岐からきた大工
・AAは目的を果たしに旅立った。
・小箱氏とM氏は中学からの仲なんだから当然地元民。

ってことなら組木細工作る期間中に、AAは土地の女性との間に
子を成して旅立つ。残された子と母は「お前のお父さんは隠岐からきた大工よ」
と伝えてそれが小箱氏まで伝わっている・・ってことかな。

つかAAは1人だけで来たんだろうか。何か国を揺るがすようなレベルの工作活動を
行うなら1人だけではリスキーだからパーティー組むか、分散させるんじゃないかな。
AAが地元民との交渉に失敗したら、全てがパーだし。
小箱氏の地元村落担当がAAで、近隣の村落にも同じような客人がハッカイを作る為に
潜入してたのかもしれない。で潜入工作がうまくいけば相当数のコトリ箱が発生するので
島根に点在する〇系神社に祓い方を伝達する手はずになっていた。
もしくはパーティーの中のhowto係がそこの土地の〇系神社と縁続きになって
フォローする、ってのもありかと。なんせ核燃料なみに寿命が長い武器だし
だったらM氏とAA氏も縁がありそう。→AAと一緒に来た祓い担当がM神社に入る

59 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 15:50:24 ID:MQ1uoGiCO
ハッカイは八つの戒めで八戒が個人的にはしっくりくる

60 :52:2005/06/10(金) 16:00:36 ID:0jppjaKh0
>50
でも裏を返すと感情的信頼関係がない以上は狐と狸の化かし合い状態で掴んだ情報が正しいとはいえないと思う。
確かに個人情報を調べようとはするだろうけど、AAは別の場所から来た訳だから。
あの時代なら集落の中から出ること自体にかなり制限があるはずだし、集落の中に諜報能力に特化した人物でもいない限りはAAの情報はAA経由でしか得られなかったんじゃないだろうか?
確かに情報は残ってるかもしれないが安易に、その情報を信じる訳にはいかないと思う。

61 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 16:20:26 ID:qRBO8GR30
>>58
AAが旅立った先で家族を作り、子ども(Aの爺さん?)が大工として一人前になるまで育て、
今Aの住んでいる土地に戻らせた可能性も?
この妄想だと、Aの家系にも何か“任務(?)”のようなものがある(あった)のかも…。

62 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 16:28:07 ID:/rC6pMfEO
八番目は戒め、で八戒の方がなんとなくしっくり来るな。
ROMに戻ります、皆ガンガレ ノシ

63 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 16:38:15 ID:dxiUBVw5O
AAはもともと隠岐にいたM神社系の役職の何か、もしくは手先なんでない?
そう考えると祓う神社を指定してきたのも理解できるし。

で、戦に敗れて落ちてきたところでたまたま見つけた部落で、コトリバコの交渉をし、
最強兵器ハッカイを持って松江藩へと向かったのであったー。

その部落で子孫を残すこともあるだろうし、隠岐に残った子供なんかが
父を追って部落へと行ったとか、まあ想像すればいくらでも出てくるけどね。

真相やいかに!

64 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 16:57:03 ID:oC48Ho0m0
気になった所。
AAが宮大工ってのはあくまで小箱氏の想像ではなかったか?
小箱氏の祖父が大工だったから、たぶんAAも宮大工じゃないかなぁ。
って感じだったとオモ。
(過去ログ確認してないので違ったらスマソ)

まずAAが小箱氏の祖先っていうのも
苗字が同じでその土地では珍しいというだけなので100%ではない。
MがJとの会談にその可能性を示唆したのは、
小箱氏を立ち会わせる為の方便である。
(事実かどうかはMも明言してないし確証はないのだろう)

まぁ話の流れからして確率が高いとも思うが、
考察する上での大前提にしてるのが気になる。

あと、8人以上がダメって言ってるのが何故なのかも気になる。
何らかの重大なリスクがあるか、2個以上存在するとダメとか?
AAがハッカイを作らせたのは、玉砕覚悟っぽいのでリスクは気にしないとか。
守りの効果があるとは思えない。
盾というよりむしろダイナマイト腹に巻いて俺をやったらお前も巻き添えみたいな。

素人の支離滅裂な文章でスマソ
なんとなく言いたい事が伝われば…

65 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 16:57:54 ID:dflc17zO0
Mさんの他の体験談とかも聞きたいなぁ。なんかネタ一杯持ってそう

66 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 17:06:36 ID:tVtjiThc0
島根なら木地師の部落がいっぱいあったわな。
木工ならお手のもんじゃね?>ややこしい箱

67 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 17:30:31 ID:FebqqMDV0
別館見てきた。

内容からして、子取り箱探索は、なんかやばそうな気がしてきた。
手に負えないというのかな?
見つけてしまったら、エライ目に遭う感じ。

68 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:22:42 ID:XTU30C6tO
場違いな質問ですいませんが 隠岐←これはなんと読むでしょうか?

69 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:23:27 ID:XacPp9ZG0
おき

70 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:23:27 ID:tqkNmoOi0
>>56の
>この箱を作ろうと思いつく香具師、それを作る課程の精神状態を
想像すると

に同感。確かにそう思いつく香具師が出ても不思議ではない。

しかし、実はこういう類のモノ(箱ではなくても)は今現在も作られている
もしくは実行されているのではないかと、私は思う。
今までずっとロムってたんだけど、今回はちょっと書かせてほしい。
長文だけど許してください。

私の叔母は呪教の、なんというか・・・教祖をやってた。
いわゆる文明世界を捨てて、某県の山中に何十年も住んで
滅多に下界(?)には降りてこなかった。
彼女のもとには月に数人の「呪い祈願」の人達がやってきて
それなりの成果をあげていたらしい。
大会社のオーナーもいれば、被差別部落の人、他の差別に苦しむ人もいたらしい。

まあ叔母はもう他界したので、この呪教は根絶やしになったのだが
一度だけ私はこの叔母に会ったことがあって、その時に
唇を震わせながら私のそばに膝行してきて、急に畳に頭をすりつけて
「あんたのほうが私より力が強い、後継者になってくれ」と言われた。
まだ若かった私は当然ながら、とんでもない、と断ったんだが
その時に、呪いをかける法やそのやり方をざっと教えてくれた。

71 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:23:51 ID:tqkNmoOi0
(つづき)

それは、箱を作り上げる工程でその中に塗り込められる憎悪ではなくて
その人間そのものが呪いのヒトガタだ、と思えるほどすさまじかった。

私が断ったすぐあと、親族のなかの一人Bさんが亡くなった。
その人が亡くなる前日、叔母が私に電話をしてきて
「明日○○さんが死ぬが、これは●さんから頼まれて、私が行うものだ。
よく見ておきなさい、死に方は○から○が噴出して・・」と伝えた。
私は電話を切ったあと、ずいぶん迷ったんだけどBさんに連絡した。
明日はどこにも行かないように、家から出ないように、などなど。
Bさんは笑っていたが、まあ話だけは聞いてくれた。

しかし翌日の朝早く、Bさんは家の洗面所で亡くなった。
言われた通りの死に方で。
当然死因は取りざたされたけど、動脈瘤破裂かなんかで片付けられた。

叔母が死んだあと、その呪教はなくなった。いやそう信じたい。
そうでなければたまらない。

箱ならば封印することも祓うことも可能かもしれない。
MさんやM父さんがそう出来たように。
でも人間となると、そうもいかない。
人の怨というものは果てしないなあ、というのが実感。

ちなみに私にはその力がある、と言われて恐ろしかったんだけど
今の今までそういう力を発揮したことはありません。もちろん。
ただ信じられないほど妙なことはたびたびおこります。

長文、自分語りすみませんでした。ロムに戻ります。

72 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:28:39 ID:tqkNmoOi0
↑の自分語りは別館に書くべきでしたね。ごめんなさい。

73 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:29:07 ID:WYm+V4Ma0
スレ違いだけど、呪った本人に災いが降り掛かるという事はないのかな

74 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:31:07 ID:vKgdjEQiO
つーか、
AAと集落の信頼関係→
集落民は最初、AAを殺そうとしていたし、ことりはこ自体、その効果を見せるまで信用してなかったのではないか?

なぜ、保管していたのか→
呪が強すぎて時間をおいて薄めなければ処理出来なかったはずでわ?

別スレ読んだけど、ハッカイはもう「終わった」希ガス。
壱岐騒動の後に何かそれっぽい事件がなかったのかなぁ?

75 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:34:02 ID:ym6Xa3hUO
なんで関連がありそうな話を別スレに書き込むんだ?
ここでいいじゃんか。

76 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:39:03 ID:ri9tTjxj0
>>73
もちろん返ってくるでしょう。
生きている間とは限りませんが。
でも、それでもいいから呪いたいというような現実があるという事が怖いですね。

77 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:41:11 ID:1el63VAA0
まあ、もともと、呪いって、テロみたいな弱者の戦争、
という性質のものだからね・・・。

78 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:42:18 ID:+3n5Awl10
>>73
返ってくるよ
丑の刻参りなんかは
・途中でばれたらアウト
・成功したらその直後にアウト

79 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:47:19 ID:sZwDQc2l0
某漫画じゃないけど、すべては等価交換なのだろう。

80 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:48:13 ID:W8/uSNpr0
>>71
思い掛けないトコロで何かが繋がってくるかもしれないよ
その「信じられないほど妙なこと」、ここに書いてもいいのでは?

81 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 18:57:06 ID:HAeeRvK90
2ch歴四年目にしてオカ板に初カキコ

Mさんは持って帰った箱をどんな作法で祓ったんだろう?
AさんちではSさんがかぶった呪いを祓っただけだよね。
そして同じ場にいたKさんには影響はなかったんだろうか。

82 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 19:08:07 ID:Wbdb/GcDO
ゆうべ1スレ目を読ましてもらった者です。
面白半分で見てたんですが、今頃になって腹下しました…(;´Д)
暗示になんかかかったことないのにorz

83 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 19:20:21 ID:2W9gFOheO
>>82
つ>>1

84 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:26:11 ID:aGxxtKUj0
AAがM神社に祓い方を教えたんじゃなくて
祓うのに都合のいいものを奉ってたんじゃないかな
なんか珍しいものを奉ってたか、あとは水子とか子供関係とか

だってよそ者がやってきて、これこれこういう怖いモノ作りますので
後よろしくとか言ったら、ふつう反対するんじゃないか?
住民以上に恐ろしさが作る前から分かりそうだし
神社公認で作らなきゃいけないくらい切羽詰まってたなら
目標達成されたら事故る前に、すぐに神社で管理するんじゃないかな
いくらなんでも、そんなに怖いモノだと思いませんでした、なんて
神社の人間は言わないんじゃないかな
Mさん親子、おじいさんの対応、知ってたら放置しないって感じだったし

85 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:31:56 ID:IgNEzRBU0
>20
遅レスですが。勤王倒幕派内部でもごたごたしてるからね。
おそらくAAは後年の神風連のような熱狂的国学信奉者だったんでは。
そして彼には明治新政府がゆるせなかった。とか想像してみる。
でもそうすると女子供にしか効果のない箱は意味がないか。
もしくは。もっと妄想のはばをひろげてみると。
AAは実は日本史板でよく話題になる明治天皇摺り替えに関わっていた。
隠岐に伝わる箱の呪法で本物の天皇を暗殺する任務だった。とかね。
いや自分はあの説を信じているわけではないけどさw
明治天皇は当時ぎりぎり子供といえるくらいの年令だな…とか…
京極あたりが小説にしてくんねーかなwwww

>81
Sを祓ったあとに箱も祓ってる。だから「終わった」って号泣した。
箱から手が離れないようにして縛って帰ったとあるから
M神社で安置するまでにまたなにか手順があるんだろうけど。

86 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:35:16 ID:W0aXWjIh0
雑談スレに書かれていた内容、コピペしてもいいかな?
考える上でヒントにもなるし、あまり深入りしすぎない為の抑止力にも
なると思うんだけど。

87 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:37:12 ID:OpoangRX0
>>86

でも、早速変なのが涌いてるんだけど。
何処にでもいるもんだな・・・。

88 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:37:55 ID:vKgdjEQiO
>>84
いや、M神社は箱の知識を最初から持っていたと考えるべきじゃないか?
逆にAAはM神社の系列が箱の発祥だと思っていたフシがある。
祀る対象を指定するくらいだからな。
寺には持ち込むなってのも、箱の存在を外部に漏らしたくなかったのではないか?

89 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:39:23 ID:ri9tTjxj0
M神社の系列が箱の呪術法の系列と同じだったと自分はとらえているけれど。

90 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:40:45 ID:NqZaSvP20
>>呪った本人に災いが降り掛かるという事はないのかな

例えば
自分が相手を呪い殺したいと思った動機が 相手に刺された事だとすると
相手を殺したい気持ちを持続増幅するために
傷を癒さないよう自ら掻き毟り続けなくてはならない。
つまり呪いの持続そのものが災いですよ。

呪いたい気分の人は 職業呪術師にとって呪いの為の材料だから
呪う気持ちを大きくする為に呪った理由となった事を煽られる。

呪いたい人を探すか呪いたい人を作って術を掛けたいのが
職業呪術師というものだから 呪い続けたいと思った時点で
術中に落ちいっている可能性が高いのは、
呪術師を金で雇いたい人も多いだろうからです。

91 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:44:41 ID:vKgdjEQiO
>>89
同意。
箱が持ち込まれてからの処理が、あまりに手際良すぎるからね。
但し、現在は失伝しているだろうな。
M氏が2chに発表することを許可するぐらいだし。

92 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:47:23 ID:HAeeRvK90
>85
ごめんそうだね、今読み返してきた。

93 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:53:21 ID:NqZaSvP20
…なんか この「ことりばこ」の話って
伝承をアレンジして作った物語みたいですよね。

94 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:55:03 ID:W0aXWjIh0
>>87
ホントだorz
じゃぁ、止めて置いた方がよさそうだね。せっかくの流れに水を差す。

95 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 20:58:29 ID:OpoangRX0
>>94

後にした方が良いだろうな
変なのまで憑いて来たら困るww

96 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 21:00:23 ID:NqZaSvP20
[非常口]が有るとアトラクションが台無しですよね・・・

97 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 21:23:37 ID:yX5kC89J0
ttp://map.yahoo.co.jp/cgi-bin/ploc?nl=35.1422&el=132.399125&icon=mark_loc&l=1

石見総本山ともいわれる浄土真宗の巨刹。1820年(文政3)建立、12間四方、寄棟造の壮大な本殿を中心に、庫裏、客殿などが立ち並ぶ。非公開だが、隠岐騒動の資料も収蔵。

98 :おくら:2005/06/10(金) 21:28:42 ID:D9fiipzU0
>>1さんほか皆さん、スレたて乙です。
へっぽこなテンプレでごめんなさい(´・ω・
)
前スレ>>953さんもまとめサイト期待してますよ。

99 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 21:34:34 ID:rx3dG0tw0
なんで1~7は「ポウ」なのに8だけ「カイ」なんかなぁ~

100 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 21:36:32 ID:OvvtBPW+0
「封」じられていたものが、「開」放されるから?

101 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 21:37:47 ID:rx3dG0tw0
そかぁ

102 :84:2005/06/10(金) 21:54:32 ID:aGxxtKUj0
>>M「もし必要なくなった、もしくは手に余るようなら、○を祭る神社に処理を頼むこと
>>M「寺ではダメ、必ず処分は○を祭る神社であること

>>何系と聞かれると、現時点ではホントに無理です。
>>島根に住んでる方なら分かると思いますが、島根で「何系の神社だ!」
>>って言うと、その時点でアウトですから。
>>ごめんなさい。

この2文から、なんか珍しいものでも奉ってるとこなんじゃないかなと思っただけなんだが
M神社という名前指定ではなく、○を祭る神社という指定があるので
狐とかポピュラーなモノじゃないだろうなと

箱が持ち込まれて初めてM神社は具体的な対応したようなんだが
M神社の系列が箱の発祥に関わるんだったら
なおさら素人に任せないで、事が終わり次第管理するだろ
手際よく処理できるだけの箱に関する知識があるなら
どれだけ危険か熟知してるはずだし
まさか近所総出で子供殺してるのにM神社だけ
箱を作ってるのを知らないって事もないだろうし

なんかこの辺がすっきりしないんだよなぁ
M神社がその土地からある程度離れてたなら
持ち込まれるまで作ってるのを知りませんでしたってのも有りだけど

103 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 21:57:26 ID:fJR5vVq40
M「生まれた直後の子は、臍の緒と人差し指の先、第一間接くらいまでの
M「そして、ハラワタから絞った血を
M「7つまでの子は、人差し指の先と、その子のハラワタから絞った血を
M「10までの子は、人差し指の先を
M「そして蓋をする。閉じ込めた子供の数、歳の数で箱の名前が変わる
M「一人でイッポウ、二人でニホウ、三人でサンポウ、四人でシッポウ
M「五人でゴホウ、六人でロッポウ、七人でチッポウ

歳の数でも箱の名前が変わるらしいけど、どう変わるんだろうか。
1歳でイッポウかと思ったけど、10までの子は~、ってあるから
違うだろうし。

小箱さんこねーかなー

104 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:05:18 ID:2IaWGdUe0
それ系の本がけっこうある古本屋
ttp://www.i-hon.net/

105 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:09:05 ID:vKgdjEQiO
>>102
つまりそれこそがAAが被差別集落に逃げ込んだ理由じゃないか?
外部から隔離されていて、間引きが行われている可能性の高い場所として選ばれたと思われ。
M神社も集落には余り関わっていなかったと考えれば、まさか近場で箱作りが行われているとは思わないだろう。

106 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:12:36 ID:wQx1YoM70
ところで雑談スレって何処?

107 :自演中:2005/06/10(金) 22:14:17 ID:AnEyhusQ0
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1117549266/-100

>>106
ここ。
今バトル中だからお静かにwwww

108 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:21:06 ID:ri9tTjxj0
>>102
>手際よく処理できるだけの箱に関する知識があるなら

同じ系列かもしれないからといって、神社が箱についての知識に詳しかったとは限らないと思う。
実際、持ち込まれた時点で解いたりできたわけじゃなく、薄くなってからやっと
封じたり分解できるだけの知識があったわけだから。

109 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:26:13 ID:w9e9xzg40
Mの神社ってやっぱホワイトモンブラン系なのかな。
菊理姫がご祭神だっけ?

110 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:26:24 ID:ri9tTjxj0
>>102
あと、もちろんその場所だけでなく日本のあちこちでしょっちゅう間引きは行われていたらしいので
気付かなくても普通だと思う。

111 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:29:40 ID:rx3dG0tw0
力になりたいとは思うんだけど知識もないし
できるのはひらめきと妄想ぐらいさ

モンブランの意味は調べたけどそれ系の神社って何、とか。
がんがれおまいら ノ

112 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:32:02 ID:Q6MFfqMu0
民俗板で聞いたら何か分かるんじゃね?

113 :106:2005/06/10(金) 22:32:36 ID:wQx1YoM70
トンクス。
ところで図書館使ってる?
もしやってる人がいるのならどの辺に目星つけてるのか聞いてみたいんだけど・・・

島根史と適当な呪い関係の本を探ってみても全然見当がつかない。

114 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:35:24 ID:w9e9xzg40
自分も呪い関係の本、道教、密教、陰陽道、憑き物とか色々探してみたが
なんの手がかりも得られなかった。わけわからん・・・。

115 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:40:18 ID:vKgdjEQiO
オレは島根、隠岐の事件で(ry

116 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:42:40 ID:ri9tTjxj0
小箱さんは、今のところ前スレのこの人のレスをとりあえず参考にすればいいのではないかなあ。

886 名前:885[sage] 投稿日:2005/06/10(金) 01:08:25 ID:XcWNSdIz0
まとめると、

・AAはハッカイを作り、それを使って何らかの目的を達成するためにこの部落を訪れた。
・Mさんの神社で祀っている神社であれば、その呪いに関する知識を持っている。

と言えると思います。
小箱さん方に僭越ながらアドバイスさせていただくならば、
Mさんの神社と同じものを祀っている神社と情報交換をすれば呪いについて新しい
情報を得ることができ、
隠岐騒動で敗れた側がどうしてもしたかったことを探ることでその後のAAの足跡を
辿るヒントを得られるのではないか、
と考えます。

117 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:48:21 ID:2W9gFOheO
>>111
あのな。
墓に入れてもらえなかったり高い金を払っても戒名に「糞」とか入れられた人達がいた訳。
その人達を受け入れ供養したのが一部の稲荷と件のモンブランな訳。
勿論地域によって違う訳だがデリケートな問題なのであまりこの辺は追及しちゃだめだよ。

118 :106:2005/06/10(金) 22:52:33 ID:wQx1YoM70
>>114
やっぱその辺だよな。俺は狐とかの部分すっ飛ばしたからちゃんと調べてるとは言えないがw

こっから先は俺の妄想
AAは隠岐騒動で本州に移ってきた
→隠岐でそれなりの身分を持った人間
→自治集に参加?

あと隠岐の人間は勤皇思想が高かったみたい。
だから天皇をターゲットにする事は絶対に無かったようだね。
隠岐騒動の時も藩に対する反発は見られたようだが・・・

つうか隠岐騒動はなんかうやむやに終わったっぽいな。
10数人が無くなってはいるがその後は結構穏やかだし
正直あまりに凄惨な出来事とはかけ離れているように思うが・・・?

119 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:52:59 ID:Z1y0j2aW0
M神社が住民に関わらないっていうくだりがあったが、
それはつまり、その土地・地域全体が穢れていて神職が入って良い
土地ではなくなっているということだろうと推測する。
氏子なのに神社から村八分にされる(結婚・葬式はできるから)つーのも…。
因果なもんだなぁ…。
まぁ本当だとすれば、だが。

120 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:55:31 ID:rx3dG0tw0
>>117
うん。わかったよ
そういう歴史とか聞く度に悲しくなるよ。もうちょっとなんとかできなかったのかな。
解説ありがとう

121 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 22:59:08 ID:NqZaSvP20
ことりばこは
ペテン師により捏造され麻酔暗示で植えつけられたAさんや
集まった人達の思い込みの中にしか存在しない伝承で
死んだ人と自分しか知らない極秘事項と思い込まされて居るかも知れない説

…は いかがですか?

122 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:02:51 ID:NqZaSvP20
「祟ると危険だから」という理由で 箱の年代鑑定が出来無いし!!

123 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:06:01 ID:PF+cQztE0
常にネタくさいのがオカルト
そこがいいんじゃないか

124 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:06:58 ID:fqSf1W3o0
>>122
よし。鑑定はおまいに任せた。

125 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:07:32 ID:w9e9xzg40
つかこれに関してはむしろネタであってくれたほうが気が休まるんだけど。

126 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:13:18 ID:QyJuqszg0
A氏はこういうことも思慮に入れてるんではないかな?

AA(経緯から考えるとA氏の先祖ではなさそうだが)はハッカイを作り、その後姿を消している。
持っていってさらに上位の呪詛を完成させるべく他の地方で同じことをやっているのではないか?
(とすれば他の地方に同じような呪法が伝わっている可能性もある)

前スレを見ても「触れてはならない箱」についてはいくつか情報もあるようですし、
子供の頃なんでうろ覚えだが、実際俺も似たような話を聞いたことがある。
俺の場合は『後悔』の話に実際かなり近い物があるが。

とりあえず俺は「あやしい古い小箱」についての情報を調べてはいますが…
いかんせん小箱なんて幅の広い物では検索もままならない状況です…

127 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:16:46 ID:T/yQuBq70
ことりばことは関係無いのですが
私の部屋の雨戸の戸袋に、鳥が巣を作っていたんです

先週くらいまでは中でピヨピヨ鳴いてて、親鳥も虫を咥えて何度も戸袋を出入りしてました
でも、2,3日前から急に静かになりました
しかも、窓を開けると何かが腐ったような匂いがしてくるんです

私の部屋の雨戸の戸袋は、ちょっとした「ことりばこ」になっています(´・ω・`)

128 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/10(金) 23:20:16 ID:Oaf8/BVK0
おい、誰かここの別館を立ててくれ。
洒落怖別館に変なのが湧いてるんだ。。。

129 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:21:34 ID:IT1FkHLg0
>>127
小鳥さんカワイソス・・・

130 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:21:40 ID:AnEyhusQ0
>>128

自治厨は別館へカエレ!!!

131 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:22:08 ID:nT6JIE4EO
>>128
自分でやれば?
てかROMってるんじゃなかったの?

132 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/10(金) 23:26:13 ID:Oaf8/BVK0
おkwwwwwwwwwwww
立ててくれた人、サンキューー!

ことりばこ別館
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118413475/

133 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:32:24 ID:+1nft1KN0
前スレの愉快な仲間たちがあんまり来てないよね?

134 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 23:55:55 ID:8tlcYpI50
この箱作るときに、荼吉尼天の力を借りてないかなぁ。
祀ってる神社って島根にもあるよね?
あと、真言立川流って隠岐と繋がりは無いのかな。調べても分からんかった。

135 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:01:05 ID:p3LjnzJf0
ダキニはそんな神様なの?

136 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:02:49 ID:2W9gFOheO
>>134
隠岐に流された後醍醐天皇は茶吉尼の呪法を使って鎌倉幕府を呪ったよ。

137 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:32:56 ID:HL2INbbb0
これでもし立川流と関係があれば、それこそ「狂骨」だな。

138 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:35:42 ID:1Yaby0mXO
でも本当はハッカイよりも九尾の狐を見立てたクメツという箱の方が強い。

139 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:38:42 ID:UshUpdlO0
>138
九滅かい(藁)

140 :106:2005/06/11(土) 00:40:06 ID:j8KrQ/0H0
>>134
立川流は俺も関係あるのかどうか分からんかった。
ただ宗教関連だと隠岐の総社が垂加神道っぽい。
まぁここの神官さんは今も続いてるみたいだから子取り箱と関係ないと思うが。いやないか。

141 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:42:48 ID:y3ih6TmO0
>138

詳しく御願いします!!

142 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:43:47 ID:1Yaby0mXO
>>139
ヒネッテヒネッテ!もっと難しい漢字考えて!

143 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:44:27 ID:1Yaby0mXO
やべ…吊ってくる

144 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:49:54 ID:6u4e3/d00
やっと追いついた。

爺さんの姉が隠岐の島にずっと住んでたから何か知ってる可能性はあったんだけど
もう他界しちゃってんのよね・・・・。

145 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:53:52 ID:GRyDU5Yo0
記念牡蠣湖
すげー興味深い
みんながんがれ

146 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:54:41 ID:y3ih6TmO0
>144さん

お爺さんは何かご存知なのでは?

147 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:56:04 ID:gSgN4S520
>>144
イタコを使って呼び出せ

148 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 00:58:01 ID:UshUpdlO0
>144
イタコが駄目ならコックリさんで

149 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:01:18 ID:XWK91HaIO
>>138
ちょwwwwwwおまwwwwwwww

150 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:05:37 ID:6u4e3/d00
>>146
そうだね、明日にでも聞いてみる。

>>147
じゃ、まかせた。

まずは「AA」が具体的に誰なのかを調べないと、と思ったんだけど
それって小箱氏の苗字を探る事にもなっちゃうね。

151 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:08:21 ID:1Yaby0mXO
先程は上げてしまいすみませんです。
バカなことをしたのでバカついでに一つ質問なのですが
箱の製法について、血で満たす箱は、小箱さん曰く、大した精度ではないと
おっしゃっておられましたが、そうすると満たす前にダダ漏れに…。
製法の伏せられている部分で密封の処理もしてるのかな?と。
だって多少不器用でも、普通の箱根細工なら私も遊びますが
外まで血塗れだったら普通遊びませんよね…。
まぁこの点、当社のクメツは専門職人の手でクリアしていますが。

152 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:10:04 ID:6u4e3/d00
あぁ、レス漏れた

>>148
コックリさんって、死んだ人と話せるんだっけ。

153 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:17:11 ID:iBcAsdcdO
コックリさんはヤバいだろw
ミイラとりがミイラにw

154 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:17:31 ID:2uxZgNz8O
>>151
例えばろう(蝋)とかを内側に塗ればもれないと思うよ。
それと血液ってのは時間が経つと膜みたいに凝固するから。

155 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:18:04 ID:gSgN4S520
>>151
クメツって何?

156 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:18:16 ID:UshUpdlO0
>152
成功すれば霊が文字盤上の十円玉を動かします。
ただし、呼べるのはほとんど低級霊か動物霊でときには悪霊も呼びます。
呼べたと思っても自己暗示であることが多々あります。
それでも降霊呪術の側面も一応あるので呼べないことはないかと思います。危険ですが。

157 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:20:24 ID:UshUpdlO0
>151
当て字が苦滅だと呪詛っぽいね

158 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:21:28 ID:gSgN4S520
>>156
当方の地域は十円玉ではなく鉛筆を使います

159 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:23:20 ID:6u4e3/d00
>>156
遊び半分でやっていいモンじゃないって事だね。

爺さんが色々知ってればいいけれども・・・。

160 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:25:43 ID:iBcAsdcdO
箱はほとんど御祓いしたと書いてあったが、ハッカイ以外は本当にないのかな?
その部落だけが作ったとは思えない。

161 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:32:17 ID:oEIhuRTT0
ことり箱って、箱根の秘密箱に近い箱だったのだろうか・・・
http://www.dento.gr.jp/yamanaka/jp/karakuri.html
http://www.jyuta.net/cosmo/hakone/hakone.html
http://homepage3.nifty.com/atelier_tamura/Take-ApartPuzzle1.htm
http://www.karakuri.gr.jp/creation/kagen/kagen-j.htm

162 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:33:53 ID:y3ih6TmO0
隠岐騒動の際、松江藩の追求を逃れるために各地の港から島を抜け出したものも数多くおり、
その中の一人がAA氏ですね、きっと。
多分既出ネタですね、これ。少しだけ勉強して来ました。

流れ止めてスイマセン..。

163 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:37:13 ID:6u4e3/d00
>>160
>>162

要するに、子取り箱は他の地方へも口伝されている可能性が高い、と。
隠岐騒動の逃亡者って94人だって。全員、作り方を知ってるとしたら・・・。

164 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:41:22 ID:iBcAsdcdO
>163
そう考えると、
マジ洒落にならんね。

世の中には知らなくていい事ってあるんだな…痛感した。

165 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:41:31 ID:y3ih6TmO0
>>161さん
ttp://homepage3.nifty.com/atelier_tamura/Take-ApartPuzzle1.htm
5回抽出付き荷箱型仕掛箱  二宮義之作

これってコトリバコのイメージに近い気がしますが。
皆さん、どう思われますか?

166 :31:2005/06/11(土) 01:42:04 ID:whR87dA10
ある程度調べてみたんだが。
何分時間が無くて正直何も掴めてない…

中国に「猫鬼」なる動物霊使役の呪法(化け猫とは違うらしい)があったのは見つけたんだけど、
今回に関しては使役どころの話じゃないからなぁ…
肝心の「箱」ってキーワードも出てこないし。
「血を吐いて死ぬ」って辺りは似てると言えなくもないけど。

ただ、大陸系の動物霊使役を強力かつ凶悪な形にしたもの、
と言えなくも無いかな、とふと思った。
ケタが違いすぎるがな。

ROMに戻る。

167 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:45:58 ID:2uxZgNz8O
いや、だから「人蠱」でしょ。

168 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:49:40 ID:mC4X5BzD0
前スレの31の狐酉箱に近づいてきたのか?

169 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:51:50 ID:VLlqpt950
>>165
10回裏秘密箱2  岩原宏志作入れ子型秘密箱セット
キモチこんなカンジ?

170 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 02:35:18 ID:VSQXbiaa0
これは観光資源の一環としての島根県観光協会の陰謀という件 とか
佐賀はたった一曲の唄で多少なりとも観光客が増えたからな。
若者に人気の都市伝説にすればもう入れ喰い

ごめん冗談

171 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 02:40:25 ID:VSQXbiaa0
M「あ~っとなぁ。Sちゃんところは言い方悪いかもしらんが、◎山にある部落でな」
M「ああいうところには、ああいったものがあるもんなんよ」
M「それとな、部落云々とか話したけど、差別とかお前すんなや・・Sちゃんとも今までどおりな」

この語り口からしてM本人(ひいてはM神社も)は
「◎山にある部落」の中の人では無い ということだよね。
モンブランとはかぎらないんじゃないかなあ。

172 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 02:52:49 ID:YMxuq5c90
聖書の神の箱と効果は似ているな。箱の行くとこ行くとこ人が死ぬという。

173 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 02:59:43 ID:2uxZgNz8O
物部神社
祭神:宇摩志麻遅命(可美真手命)
フツノミタマ、十種神宝を奉斎
鎮魂 まじないの神社
ミタマフリの神事で有名

174 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 03:19:46 ID:j2rMxCYo0
>爺さんが色々知ってればいいけれども・・・。

孫]ことりばこの事 知ってる!?
爺]そんな物を作っているのか?
孫]知っているんだね! なら
ことりばこがどうして作られるようになったのか 聞かせてくれ!!
爺]そんな事は知らん。
孫]どうして隠すんだぁ~っっ!!
爺](小鳥の巣箱なんか作ってられるか!!)

…そんな会話が展開されるに違いない。

175 :ローリング:2005/06/11(土) 03:24:22 ID:pgmjQeII0
>>171
俺もとりあえずモンブランとは切り離して考えることにした。
どうも結びつかんのだよ。

随分戻るが>>66
木地師と絡めて考えるとよりモーソーが膨らむ
ただ、木地師は差別対象でなかったとの意見もある。
でも木地師の集まりは集落じゃなくて部落と呼ばれ。
実際のところは現地の人間にしかわからんか。
重要なのは木地師が木工の人だったこと。
信州系の木地師は「子消し」とか作っていたと記憶。
子取りと子消しの根源的なつながりも遠からず感じてみたりする。

近江系木地師と隠岐騒動の逃亡者が手を組んだとすると
木工技術と呪術のそれこそ呪われた結託がそこにあったのか?

妄想特急と化した俺の脳内はアドレナリンやらドーパミンやらをダクダクに垂れ流す。
気がつけば俺は頭を80回転させなながら謎のガッツポーズヽ(`Д´)/

176 :ことりばこ:2005/06/11(土) 03:25:32 ID:j2rMxCYo0
上の方に直径1寸くらいの小さな穴を開ける
釘は使っちゃいけない。小鳥が怪我をするから。
木の幹に掛ける。蛇が入ると失敗。

177 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 03:28:49 ID:YMxuq5c90
>>175
部落は差別用語ではない。村の小さいものを部落と昔の人はいっていた。
今でも老人は使うよ。被差別部落はほかの名称があるみたいなのだが言葉狩りによってよくわからなくなっている。

178 :ことりばこ:2005/06/11(土) 03:30:38 ID:j2rMxCYo0
作った子供の名前が書いてある。
ポストと勘違いされ郵便物がはいってたりする。

179 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 03:39:10 ID:y3ih6TmO0
隠岐騒動の中心核にいた指導者達のほとんどが当日島外にいたそうですが、
中には京都で塾を開いたりした儒教者もいたみたいです。

そうすると、京都周辺に指導者達の末裔、子孫の方々は今でも多く存在
すると考えられます。情報集まりそうな気がして..。

180 :ことりばこ:2005/06/11(土) 03:40:08 ID:j2rMxCYo0
赤く塗ったら匂いで小鳥が入らないし郵便受けにしか見えない。
ニスを塗っても小鳥は入らない ゴミ箱にされたりする。
水が溜まるほど気密性が高いと吸殻入れにされてしまう。

181 :ことりばこ:2005/06/11(土) 03:50:51 ID:j2rMxCYo0
1方2方…発会?

182 :ゲルニカ ◆FICKLE.jUc :2005/06/11(土) 03:52:50 ID:yKRGqmg0O
ハッカイを
九つ集めて
九滅かな

183 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 03:58:28 ID:34Dm21OhO
>>M「ああいうところには、ああいったものがあるもんなんよ」

っつ~事は、M神社はコトリバコ(とその効果に似た呪いの類)は全国の部らくに広まっていると認識してるって事なのか?

184 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 04:27:30 ID:axp05JbH0
俺にも妄想を書かせてくれ…

単なる宮大工のAAが“子取り箱”の詳細な作り方を知っているということは、
前に作ったことがあるからではないか?
隠岐の○を祀る神社を中心に…。

>>179からすると、隠岐騒動の中心核の人間が“子取り箱”を持って島外
に出たという可能性も…。
被差別部落の人じゃなくても、子取り箱を持っている家庭があるのかもしれない…

185 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 04:52:01 ID:ElbZVk0R0
勢い余って民俗神話板にスレ立ててしまったよ(;゚Д゚)ァゥ
あちらの真面目な皆さんに迷惑かけたらイカンので、補完・協力おながいします・・・ね、ね
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1118432098

186 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 04:52:53 ID:/f//jJPV0
>>45
> コトリバコを保管してる家は、それを作り出した部落の家々なんでしたっけ?
> でも、コトリバコっていうのは「家系を根絶やしにするほどの強力な武器」ですよね?
> 自分達が作ったそんな禍々しい物を、使用せずに継承していってるってのがいまいち理解出来ない
> 例えて言うなら、「核兵器」みたいな物ですかね?
> 持ってるけど、使わない
> 持っているだけで、十分効果があるから

亀だけど、祓うために中身を薄めてるって書いてあったとオモ

187 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:03:41 ID:gSgN4S520
何系の神社か分かったよ、おそらく神社の名前もあってると思う
1860代にその地域でなにがあったか、
何故その系列の神社で供養するのかも・・・

名前を晒すと小鳥箱タソに迷惑がかかりそうなのでやめとく

皆も根気よくググルと色々わかるよ

188 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:04:58 ID:gSgN4S520
小箱さんだった…orz

189 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:07:54 ID:ElbZVk0R0
せめてヒントだけでも!!!
検索ワードとか

190 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:11:37 ID:1Yaby0mXO
歴史的人物関係に目を向けるのもありだけど、
行き詰まった今、陰陽師五行から推理するのはどうだろう。
子取り箱の構造や、何でできているか(木だけどさ)、
畜生の雌の血は何を表すのか、8が最大、又は公倍数、公約数が
8の陰陽はないのか。贄の年齢の区切りは何か?
何を求めて暗く湿った場所へ保管するのか。
現象として、内臓が千切れるという事が、どんな裏付けで
起こってしまうのか。
箱が結界を表すならば、どんな印が結ばれているのか。
うぅむ…製法が明かされていないし、小箱さんの出している情報は
今のところ限界というから、ここじゃないのかな…。

191 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:14:34 ID:1Yaby0mXO
うお…手がかりが出たのか…。
愚論だった。春の下、西の方で冷たくなろう…。

192 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:20:24 ID:gSgN4S520
>>189
おはよー
島根にある神社の一つに焦点を絞って
尚且つ、それに関係する人物、地名で検索を
繰り返すと色々わかるよ、頑張ってください。

では寝ます ノシ

193 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:29:45 ID:ElbZVk0R0
(@◇@)ええっ
それだけ??
>>192

おやすみなさい~~ヽ(´Д`;)ノ

194 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:53:52 ID:xxYqSwuE0
つーかまあ、神社とか特定してしまって、その結果として神社とか
住民に迷惑がかかってしまうのは小箱氏の本意ではあるまい。
推測はともかく、検索のヒントとかあまりここでは聞かない方が
よいかもしれんな。
なんつーか、理性も常識も併せ持っている人間だけではないだろうしね。

195 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 06:19:54 ID:1Yaby0mXO
蓋騒動のように結果的に下品になるのは最低ですね。

196 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 06:35:34 ID:GuO8sG1W0
実際のところ、この箱の力の真偽とか関係なしに、たまたま
この話を読んで妙に感化されたサイコとかカルト集団の類が、
本当に箱を作ろうとしたりとかしないことを願うばかりだな…

197 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 06:44:29 ID:1Yaby0mXO
魍魎のハコみたいだな

198 :ことりばこ:2005/06/11(土) 07:55:45 ID:Ly42hfCS0
>96 :組織ストーカーの板で荒らし扱いされた。:2005/06/11(土) 04:12:14
>青酸系のガスか粉を親族に盛られているらしく
>海老臭だかアーモンドエッセンス臭の下痢が出たりしたのは本当。

>97 :組織ストーカーの板で荒らし扱いされた。:2005/06/11(土) 04:23:13
>写真の現像液だか感光液だかに青酸系毒物を中和する成分が含まれてるのも
>本当だから、
>対処法としてチョッと役に立つ情報もあったし、
>「強い権力に何とかさせようと言う遣り方」は
>権力者に取り入るタイプの人的賄賂斡旋ブローカーの望む所だから
>避ける方法を提示していた。
>酷い目に遭わされて暗い気分に陥ってると免疫系が働き辛いので
>いい加減な雰囲気だった所が 雰囲気的に気に入らなかったのだろう。
>無知の人は騙されやすい。
>ペテン師は白シャツ黒ズボンで「国の決まりだから」とかいったりするけど、
>彼は 騙されるんだろうな。

生理や下痢に成った人は青酸テロに有った説。
2ちゃんねるにアクセスしたリモホから場所を特定し
シアン化合物テロをおこされました。
海老臭やアーモンドエッセンス臭の尿出血や下痢に陥る前
苦いものを食べませんでしたか?

199 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 08:41:45 ID:rCh/t+Gm0
>>198
http://life7.2ch.net/utu/

200 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 09:38:30 ID:q5P/lpfCO
200ゲット

201 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 09:41:12 ID:rCh/t+Gm0
201get

202 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 09:41:16 ID:92msOkVgO
>>187
おまいが今一番真相に近い!
AAの身元は判明したのか?

203 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 10:03:42 ID:+CDaiCNY0
ことりばこの箱の作り具合ってみんな
同じつくりしてるのかな?

もし毎回同じつくりであれば
ことりばこの写真をUPすれば
その箱のつくりから何か情報が得られると思うがどうだろう?

UPされた箱と同じものを自分の蔵に見つけたらそれをUpし
Mさんに鑑定を依頼することもできるだろうし・・・

204 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 10:19:05 ID:1prdxV5l0
箱の写真なんて、ヤバそうなんだけど、、。
それこそ集団催眠なんてのも起こりそうだし。

205 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 11:12:55 ID:GLYbKcaf0
寺じゃ駄目だって事は仏教系の祖霊祓いじゃ駄目って事かね

神道の起源とか知らんが、知り合いの神主にでも聞くかなあ・・

206 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 11:35:06 ID:GLYbKcaf0
あと、マンガの話するといきなり安っぽくなるので恐縮なんだが藤田和日朗もこの呪法
っぽいの描いてたね、氏は結構なオカルトマニアなので何かしらのソース有ったんだと思うが

要約すると四国出身の「お外道さん」という妖怪の棲む「小箱」を使役する者が、暴走した「箱」
「はぐれ外道」を追うっつー話で、それ自体は良く有る退魔モノなんだが
「箱」を暴走させた奴ってのが
「戦時中飢餓と貧困に堪えかねて、決して私利私欲の為に使ってはならないと伝えられてきた「箱」を開けてしまう」

後悔箱にシチュエーションが似て、四国の閉鎖的な一族でチカラを持った「箱」を伝承してるという事や
外部に漏らしてはならないって事、「箱」は道具(触媒)で誤った使い方すると暴走する事

結構近いとオモタ、高知なんかには犬神を使役する呪法なんかも、まだ婆ちゃんの世代に伝えられてたりする訳で
そのへんなんかね。

207 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/11(土) 12:10:45 ID:Pt/gLHND0
こんにちは。張本人のくせにあまり顔を出せずすいません。

皆さん、色々な意見、考察、ありがとうございます。
皆さんの意見色々伺って、またROMってるSから指摘を受けて
非常に気になったことがいくつかありました。

「Mの神社とAAが元からつながりがあったのではないか?」
というところです。特に前スレ>>902さんの意見。

俺らは、てっきり集落の人たちが、たまたま集落の一番近くにあった
○系のMの神社を訪ねたんだろうと思い込んでましたが、目から鱗です。
というのが、MもMの父も、なぜ彼らの神社なのか、なぜM家の先祖は
箱の処理方法および箱に触れてしまった人の祓いかたを知ってたのか?
という点で詳細は知らないらしいのです。
ですが、AAとMの神社がはなから相談、結託してたとなると・・
まぁ考えすぎかもしれませんが。その線も拭い切れませんね・・

あと、Mの父親に話きけば?という意見がありましたが、
これは聞いています。というよりもMの父の知ってることはMも全部知ってる
んですよ。
Mは最初はとぼけるつもりで俺に色々と濁していたみたいですが
Jさんのことでかなり頭にきたらしく、また今回はいい機会かもということで
今回のことは全部俺達に話してるそうです。

208 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/11(土) 12:10:57 ID:Pt/gLHND0
また、Mの神社の系列に聞いてみれば? という意見がありましたが、
言われてみて「そうか!」と。
なんとも俺らの視野の狭さと発想の貧困さが恥ずかしい_| ̄|○
これは今日にでもMに頼んでみます。

箱についてですが、以前の俺の発言で誤解を招いたようなので訂正を。
箱の外観をみて、俺でも作れるかもと言った件なのですが、
あれはあくまで外観上の再現なら俺でも出来るということで、
仕掛け部分がある以上、それまで含めて全て再現するとなると
俺には無理でしょう。
外見ならという意味で言ったのですが紛らわしいことをいってすいませんでした。

最後に、Mの名誉のために一つ。
俺らの人間関係はMが意図的に作ったものでは?というのがありましたが
それはありません。俺とMが知り合ったのはたまたま中学校が一緒だったってだけで
Sとも、俺とSが同じ高校だったのがきっかけで遊んでたということ
またKもMと付き合い始めて俺らと遊ぶようになっただけのことです。

今日、前に指摘されてた俺の家の家捜しをMとやろうと思ってます。
また、今日の残った時間~~明日夕刻まで図書館で色々調べてみようと思っています。
まずは隠岐騒動で捕らえられた人のリストが無いかでも。

それでは島根に向かいます。

209 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:11:17 ID:ik3knIw40
はぐれ外道純情派

210 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:15:55 ID:aJnR48kh0
ネタ投下いたします。
「わらべうた」でこんなんありました。内容わからんですが、なにか暗示があるようで...
ttp://www.kankou.pref.shimane.jp/sj/area/matsue/amt_matsue_uta3_w56k.html >Win用

211 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:31:01 ID:mRLmpGnm0
小箱さん乙です。
毎週2時間かけての島根通い、大変ですね。
道中どうかお気をつけて。

お友達の皆さんもこちらを見ておられるようなので、
ご挨拶に手など振ってみちゃったりして(゚Д゚)ノシ コンニチハー

212 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:34:27 ID:826MK/IC0
イッポウからチッポウはハッカイに呪(以下負の力)を送るポンプみたいな物と妄想
箱は負の力を外部から取り込み付けられた印からハッカイに送る
負の力を受け入れ続けるハッカイの負の力の密度はどんどん上がる
AAがハッカイを一個だけといったのは他のハッカイに負の力が流れて
自分の持つハッカイに集まる力が弱まるのを嫌ったため
周りの人間(女子供)が死んだのは送るときの余波かもしれない
当時は徒歩だろうから、AAが目的の地に着いて箱を開放するまでには
負の力が集まるまで十分な時間は有るだろうし、50人以上の生贄だから
開放直前にはかなりの密度じゃなかっただろうか
まるで小さな杯に湖の水をすべて入れるかのように

んでここまで妄想してハッカイを開放したら取り込んだ負の力の
行き場が無くなってえらいことになると、気付いて頭がこんがらがって来た

213 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:44:03 ID:8/7eVNWzO
小箱さん乙です。
オレも隠岐騒動の名簿を探してみてるんだけど、ググッてもヒットしないんだよなぁ。
けど、大塩の乱で隠岐に流された人が、隠岐騒動の時に町役場の書類を持ち出してるらしい。

214 :144:2005/06/11(土) 12:46:15 ID:6u4e3/d00
「子取り箱」は、Mさんの神社の系列で代々伝承されているもの。
存在や祓い方だけでなく、神社によっては作り方も伝承されている。
「AA」は、それら神社の関係者で、かつ、隠岐騒動に関与する人物。

と妄想中。

隠岐の島にある神社と、島根県にある神社の相関性・隠岐騒動に関する事
を調べれば、何か掴めそうな気がするけど、そんな根気ないなぁ。

爺さんが昼寝中なんで、14時以降に再電話予定なんだけど、
関係有る話は聞けそうもないかも。

215 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:57:51 ID:9eM+IKPI0
>>小箱さん
Mさんには腹に入り込んでいたというチッポウが、どんな風に見えていたんでしょうか?

216 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:05:42 ID:xXQwNM900
>>212
それだったらAAはイッポウからチッポウまで、それぞれいくつ作るか指示するだろう
だけど実際は、作る箱の種類も個数も部落民に委ねられた
ということは、イッポウ~チッポウの存在はハッカイにとって重要ではないと思う

もっとシンプルに考えた方がよいのではないだろうか

217 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:09:33 ID:T/UO/Ljh0
イッポウからチッポウって、祓い方に違いはあるのですか?
ハッカイの祓い方は、神社に伝わっているのですか?

218 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:13:48 ID:QQQyVN3B0
俺も切羽詰ったAA含めて当時の部落民にそんな知恵有るとは思えんがなあ

部落の連中が周囲の村なんかに、そんな巧妙な条件を提示出来たのはAAが指導したのかも?
ってA氏が言ってるが、AAがM系の神社と最初から関わりがあるとして、地元のM系の神社が
指導したら或いはそういうことも出来るかも知れんが。

何にせよ対処法を知ってるM系の神社が「単なる善意の救済者」だって事は無いと思う
M氏やその祖父辺りではその辺の繋がりが失伝してて関係無いんだろうけどね

219 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:21:18 ID:xXQwNM900
>M「AAはこの箱がどれほどのもので、どういう効果なのかを説明した
>M「要望にあった子供と女を使ってね。

とあるように、ハッカイの作用は他の箱と同じではないかと
では何が違うのかといえば、

1)力の強さ
2)力の持続性(祓い難さを含む)

じゃなかろうか
特に2は、AAが彼らにハッカイを作ることを禁じた理由になる
他の箱なら、例え管理の仕方を間違ってもそのうち自然に効力は消えるものだし

220 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:23:07 ID:0HocOuPy0
登場人物、なぜAAだけ二文字?

221 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:38:14 ID:hv5ZeXBD0
A=小箱氏と同じ名字だから

222 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:46:39 ID:1Yaby0mXO
箱の呪いは発動している時点で『陽』の力であります。

223 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 13:53:24 ID:AJaGEpQQ0
(…7方の小鳥箱と発会当時の一番古い小鳥箱には
赤茶けた水分と白くて指先大の煙草の一部分が入っていて
それを覗き見た女子供はガックリ脱力。
男性は丁度良い吸殻入れが出来たと思ったので
ダメージは受けませんでした。…)

224 :210:2005/06/11(土) 14:01:58 ID:aJnR48kh0
>M「そして、犠牲になった8人の子供の名前は _______(伏せますね)
>M「聞いたことあるろ?
>(俺らは知ってる名前です。でもいえません、ほんとにごめんなさい)

当時、部落に苗字などあるはずもなく心当たりがあるとすれば数え歌などにこめられた名前ではないでしょうか?
歌詞の中の 「 つーめ、つーめ」 = 詰めて、 「貸した」 = ころした

妄想ビッグバンでございます。お目汚し失礼いたしました。

225 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 14:14:14 ID:hZ27b2Ir0
島根に近い所に住んでる友人にログを見せたのだが、
何か知ってそうなのに話してくれない

226 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 15:14:27 ID:T/UO/Ljh0
>>225
その友達も2ch見てたんじゃね?
もしかして前スレの>>1だったりして

227 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 15:51:23 ID:Aep9Rbao0
>>165さんのリンク先の左下の6回の箱と、ほぼ同じデザインの箱が
家にあります。(と言っても、お土産でもらった新品の空箱ですが。)
うちの箱は側面のからくりを少しずつ分解して、20回いじらないと
中身が開かないようになっています。
割と精巧で隙間も無いから、もし本物がこんな感じだったとしても
血は漏れないんじゃないかと想像。
この箱の起源ってやっぱり…??(((;゚Д゚)))ヘソクリイレニシテルノニ

228 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 16:05:17 ID:i4VdfVtB0
こわがりたがりだなぁ

229 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 16:21:28 ID:m/QYSllu0
MMRスレはここですか?
ここには優秀なキバヤシ君がいっぱいいて頼もしいですねpgr

230 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 16:34:45 ID:5ujteZ2Y0
マン・オン・ザ・タイトロープさんって何ものでしょう?
他のスレで目撃するんです

231 :187:2005/06/11(土) 16:41:48 ID:rj6OofDM0
おお!小箱氏に華麗にスルーされてるよ…orz
ということは「ググッても神社の名前はでてこねーよバーカ」
ということなんだね。

でもね、ある人物にスポットをあてて調べてみると
「小箱」 「隠岐」 「島根」が一本の線になる
小箱の作り方、呪のかけ方を隠岐に伝授した人物、
また、呪の解き方を後世に伝えた人物はおそらく同一人物

それを彼だと仮定するとかなりいい線の仮説ができあがったけど…残念

>>187
流石にそこまで細かいことは調べても無理だと思う

>>229
ノシ

232 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 16:53:35 ID:VLlqpt950
呪術ってさ、作り方は分かっても結局肝心なところは分からなくて完成しないものだと思う。
AAは完成させることができる術者だったってことでしょうか?

233 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 16:59:12 ID:W9CISb/b0
§「○を祀った神社」はなにか?
知識に乏しい私は、無難に白山神社であると仮定して調べてみることにしました。
島根といえば出雲大社系の神社ですが、これでは当たり前すぎると思えたのです。

白山は「はくさん」と読むのが一般的なようですが、古い読みとして
「しらやま」、または「しろやま」というものがありました。
これは、朝鮮半島にあった新羅(しらぎ)からの流れではないかという説があります。
AAの呪術が半島系という意見がありましたので
「○を祀った神社」= 白山神社
ということで調べを進めてみました。

234 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 16:59:42 ID:W9CISb/b0
§AAが現れ、ハッカイ達が作られた場所はどこか?
>>233に基づき、半島/新羅にゆかりのありそうな白(しら、しろ)のつく地名を島根県内で探してみました。
当時と今では、地名が変わっている可能性もありますが、とりあえず以下の3件が見つかりました。
益田市 白岩町(しらいわちょう)
益田市 白上町(しらかみちょう)
柿木村 白谷 (しらたに)

私はこのうち白谷に注目しました。名前どおり谷あいにあります。
谷というのは、比較的隔離された地形であり、被差別部落などが置かれやすかったのではないでしょうか。
また
・AAが隠岐を逃れて向かう目標地として、白のつく地名はある程度の道標になったのではないか。
・白谷は内陸にあるが、本州に上陸したAAが、海岸沿いから高津川→吉賀川沿いをさかのぼれば、到達するのは容易である。
などから、AAが現れたのは白谷ではないかと考えています。

余談ですが白谷地区には三島神社というのがあり、少なくとも七百年の歴史があるようです。
また直接の系統かわかりませんが、日本三大三島といわれる神社があり、こちらは物部氏とも所縁が深いようです。
白山神社から三島神社へ変わってしまいましたが、Mさんのイニシャルとも一致していて興味深いと思われます。

235 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 17:01:47 ID:92msOkVgO
>>231
名前欄187なのになんで187にレス返してんだ?

236 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 17:22:50 ID:/52GMXWb0
>>235
隊長!コレはひょっとして自演ってヤツじゃありませんか?

237 :187:2005/06/11(土) 17:40:26 ID:rj6OofDM0
>>235-236
アンカー間違えた…orz

そのレスは
>>202へのレスでした

238 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 17:50:49 ID:cdWgDrDyO
あと30年 箱 監視せなあかんわ・・・

239 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 17:52:27 ID:1Yaby0mXO
>>233>>234
ここまで皆伏せ字を貫いたのに君は神社の名前を出すのか…。
呪われたと思うぞ。とW

240 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 18:03:16 ID:W9CISb/b0
>>239
ことりばこ、神社云々より
そのレスこそが私への呪いに思えます。

241 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 18:05:51 ID:mH0THjH20
>>233>>234

なんで名前出しちゃったのー?追求がエスカレートしなきゃ良いけど。

242 :235=202:2005/06/11(土) 18:06:12 ID:92msOkVgO
>>237
俺じゃねーかorz

俺なりにいろいろ調べてみた。
>>234氏が指摘した柿木なんだけど、地理的に遠い気がするんだよね。
AAがそれほど憎む対象として、単純に考えれば攻撃してきた松江藩だと見当をつけ、
妄想爆発。件の部落を管轄してた△▼が松江藩もしくは広瀬・母里両支藩だとしたら
こんとんじょのいこ?

そのうちのどこかで小箱を作らせ、部落民は直接の管轄に攻撃、他の二つも
小箱の存在に焦る罠。そこへAAが松江に参上。ハッカイを以て夜空に輝く星と
なりましたとさ。

243 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 18:12:17 ID:mC4X5BzD0
だな、現実にそこで生活している人が居るんだから、地名や固有名詞を出すのは
極力、避けなければいけないと思う。
なにしろ内容が内容だし。

でも考え方は面白いと思ったよ>> 233

244 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 18:16:01 ID:8OdZHw+y0
>231
でもね、ある人物にスポットをあてて調べてみると
「小箱」 「隠岐」 「島根」が一本の線になる
小箱の作り方、呪のかけ方を隠岐に伝授した人物

ヒントありがと。多分わかったと思う>隠岐に箱を伝えた人物
畿内までひろがる壮大な陰謀劇に結びついてるようでまさにオカルト。
M神社の祭神はわかった・・かな。(多分)該当地区で何社かあるけど
HPないみたいなのでネットで特定は無理・・かも。

しかし幕末での目的、AAのことまでたどりつけない~

245 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 18:31:49 ID:92msOkVgO
>>244
AAの目的=自治の維持
=酷税からの解放
じゃない?

>>242に補足だけど、隠岐騒動終結時、薩摩・長州・鳥取が介入して
松江は撤退、監察使の取り調べが隠岐側有利ですすみ、総会所が自治時の役割構成で
復活したらしいけど、普通そんなにうまくいくかな?

ここに小箱の影を見た気がするんだよね。

246 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 18:49:57 ID:8/7eVNWzO
>>245
そっかぁ?
オレはそこが繋がらないがな。
AAがハッカイを使った相手がわからない。
箱の性質上、狙いは家族単位だろうからし、表沙汰になれば、本来の箱継承集団が黙ってないだろう。
一番食らいそうな相手はあっさり切腹だろ。

247 :106:2005/06/11(土) 18:50:52 ID:j8KrQ/0H0
>>231
なんとなく分かったようで実はさっぱりわかっていない俺ガイル。
今日はもう遅いから明日また図書館で調べ直しか・・・

248 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:17:18 ID:UcMGY5Jd0
>231
小箱ー隠岐ー大陸由来ー小箱
ってちゃんと繋がるね!
神代以来の覇権争いがもれなくトッピング

ハッカイの使用場所は隠岐なのかなあ。松江藩本丸とかもあり?
京や奈良、江戸っまでは運搬に不向きかなあ。
でハッカイも女子供にしか効かないのかな。謎はつきん…

249 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:23:31 ID:RkRYfsAV0
>245
鋭い!

250 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:27:29 ID:8Qm8EDX10
ID変わりましたが>>233,234です。

地名、神社名を出してしまったのは、やはり軽率でした。
また、>>239さんへも、うまく言えませんが「やな感じ」のレスをしてしまいました。
申し訳ないですm(_ _)m

251 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:28:32 ID:RkRYfsAV0
途中でおくっちまった。
鋭い!がやはりハッカイを使用した相手がわかんないんだよね。
もうちょっとぐぐってみるよ…

松江と因州の仲はどうだったんだべなあ

252 :239:2005/06/11(土) 19:31:26 ID:1Yaby0mXO
やな感じじゃないよ。
呪が効いたようで何よりです。

253 :239:2005/06/11(土) 19:32:51 ID:1Yaby0mXO
>>250宛です。

254 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:33:07 ID:QWdIkzFM0
△▼は松江じゃなくて石見だと思う。

>M「△▼(地域名です)の管轄にあったんだが
^^^^^^^^^^

伏せたのかもしれんが、小箱さんが『某藩』とかではなく、(地域名)としたのは、
△▼が藩ではなく、石見銀山領(天領)ではないかと。

>M「守ってくれるのなら、△▼へ仕事に出ている部落の者も、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この『仕事に出ている』という表現も、被差別部落の『藩内へ行って労働』というより
『銀山で鉱夫として労働』の方が文脈的に通りやすい。

>そいつん家は俺らの住んでるところでもけっこう大きめの神社の神主さんの
^^^^^^^^^^^^

石見銀山付近で大きめの神社ということで、物部神社かと思ったが、小箱は大陸や
半島系の呪術だとすると、物部神社は祭神の系列的にちょっと合わない気がする。
ここで詰まった。

255 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:37:53 ID:lmbn3ivx0
≡  ('('('('A )
≡ ~( ( ( ( ~)    ちょっといいですか
≡  ノノノノ ノ
話がややこしくなってきたので、誰か
疑問点をまとめてくだちい。

256 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:46:10 ID:92msOkVgO
●AA
・身元
・目的
・行方
・M系神社との関連
●ハッカイ
・用途

足りないのあるかも…

257 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:46:35 ID:8/7eVNWzO
つーか、伏せ字の詮索はヤメレ。

258 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:47:46 ID:RkRYfsAV0
>254
すばらすい! 石見か…とすると… ちょっと本棚あさってくるわ

259 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:51:22 ID:92msOkVgO
>>254
AAは尊譲派なのに天領に爆弾持ち込むかな?と思い候補から外したんだけど…

これ以上伏せ字への詮索やめます…正直スマンカッタ>小箱さん

260 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:57:05 ID:UcMGY5Jd0
物部神社、大陸系に繋がると思うんだけど違うっけ?

銀山関連はそうかもしれないね。

261 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:57:23 ID:1Yaby0mXO
ここで推理するには必ずAAの身元や、Mさんの神社は
最後は絞らないといけない。
その上、同じように小箱さんが推理しているのならば
小箱さんがもう得ている情報がウチらには無いわけだ。
小箱さんが「妄想だけ数打ってくれ。こっちでやるから」と
宣言しない限り、伏せ字の特定は続く。
それはいいと思うんだけど、(現在の人に迷惑かからないように)
特定されたあとも、あくまで伏せ字であってほしい。
モンブランなんかはワードとして結構よかった。

262 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 19:59:44 ID:lmbn3ivx0
>>256
('A
))) ≡
(~ ) ) )~ ≡ ありがとう
ヽヽヽヽ ≡

263 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:00:57 ID:8Qm8EDX10
恥さらしついでにお伺いします。
敢えてモンブランと表記するのは何故ですか?

264 :261:2005/06/11(土) 20:01:49 ID:1Yaby0mXO
すまん、書き方悪い。
それは「いい」ではなくて「仕方がない」だ。
なんつうか、やはりマジな人の探求心は止められないし。

265 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:05:44 ID:QWdIkzFM0
石見銀山は『幕府』の天領。
よって尊王派の隠岐騒動関係者が爆弾を持ち込むことに矛盾はない。

しかし石見天領は、浜田藩とともに隠岐騒動勃発の2年前となる1866年、長州軍に攻められ
銀山領の代官は逃亡している。
尊王他藩に攻め込まれてのゴタゴタの最中、被差別部落弾圧というのも解せない。
よって、石見説は今ひとつ綺麗につながらない。

もう一つ。天領内ではないが、隠岐騒動の首謀者の姓と、石見の三之宮の創起者の姓が同じ
であるのに何か意味があるのかと思ってググったが、半日ググっても関連は見つからなかった。

これ以上ぐぐっての特定は無理だと判断した。

266 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:06:16 ID:1Yaby0mXO
>>モンブラン
露骨にしないため。調べれば分かるが、目に付かなくするため。
安易に近づいた者には効果あると思う。
本気の人にはどのみち効かないから、そこからはそれぞれの
モラルの問題だし、逆に言えば小箱さんも覚悟しなきゃ
いけないところだと思う。

267 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:10:52 ID:1Yaby0mXO
>>263
だから貴方が名前挙げても叩かれてないのだと思われ。
ここじゃageの方が罪重そう。

268 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:14:17 ID:92msOkVgO
Sタソこんばんは

269 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:14:16 ID:6cHBT6E10
はっきり書くと、ググルひっかかるしね。
理解ないひとに邪魔されたくないときもある

270 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:19:11 ID:8Qm8EDX10
>>266,267,269

逆に、モンブラン表記を疑問に思っている私は
まだ本質を理解できていない、ということでしょうね。
改めて、自分の軽率さがよくわかりました。。

271 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:21:00 ID:QWdIkzFM0
半島系呪術と祭神的つながりから考えるのであればともかく、
この話の場合、部落とモンブランに繋がりはないと思う。

モンブランと部落が結びついているのは、中部以東の話。
そもそも、中部以東でのモンブランと部落のつながりは、江戸の部落民集団の
首領であった、長吏頭弾左衛門の令に端を発している。

>長吏頭弾左衛門の子息が病気になり、モンブランに祈願したところ平癒した。
>明和六年(1769)、弾左衛門はその御利益に感謝するとともに配下の部落に
>モンブランを祀るように指令した。

よって、弾左衛門の影響が及ばなかった中部以東では、部落とモンブラン
は結びつきはない。

272 :106:2005/06/11(土) 20:26:06 ID:j8KrQ/0H0
>>265
詳しく、ってぐぐったら分かったわ。
首謀者ってI.Mの事か?奴は一宮大宮司だから多分子孫だと主。

273 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:28:54 ID:8/7eVNWzO
>>261
あのな、
AAの身元、少なくとも名字はわかってるのよ。
M神社が何を祀ってるのかも、どこにあるのかもな。
小箱さんが、それらを隠さなきゃいけない理由もわかるだろ?
それが守れないなら、このスレに来るのはヤメレ。
とりあえず、前スレの後半を読み直してこい。

274 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:29:52 ID:1Yaby0mXO
>>270
小説とかなら明らかになった情報はガンガン出していくわけだけだし
答えもはっきり出る。でも此処は当事者がこれを拒んでる。
これが本当の話の場合、現代において迷惑かかることもあり、
今のところ小箱さんが伏せていることを解明した上で
それでも伏せるというのが小箱さんと私達を結ぶ条件でもある。
ノンフィクションは洒落にならない。
だから蓋スレがあんなにトラブってる。
このスレは最後に誰にとっても明瞭な形で終わるとは思えないから
それは覚悟した方がいい。あまり実名にしすぎると
小箱さんがストップかけるよ、きっと。

275 :231:2005/06/11(土) 20:33:44 ID:rj6OofDM0
>>244
>>248
おいらの考えと同じだと思います。

>>247
頑張れ!

276 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:36:24 ID:QWdIkzFM0
>272
そう、隠岐一宮大宮司のI部。
でも、石見の三之宮の創起者は、『阿波』I部だという。

また、I部という氏自体が祭司系の一族の氏だから、石見三之宮と隠岐一宮大宮司の姓
については、たんなる偶然の一致の可能性も高く判断し難い。

それに隠岐騒動の首謀者も、鎮圧されてその後1871年に明治政府の手によって処罰されているが、
その処罰とやらも最高懲役1年半。
尊王派のAAがハッカイを懐に抱いて誰に使うつもりでいたのかが、さっぱりわからん。

地元の郷土史でも紐解かない限り、特定は難しいだろう

277 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:47:34 ID:RkRYfsAV0
AAが尊王派かどうか実際にはわからない件

じつは騒動の前後に島から落ち延びた「出雲党」の一人だったりして…
んなわけないか。

278 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 20:53:34 ID:8/7eVNWzO
>>274
スマソ
てっきり伏せ字詮索派かと思た。
つってきます

279 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:00:45 ID:1Yaby0mXO
>>278
私も書き方悪かった。ごめんなさい。
要は話し合う人の間でということです。
それでもそのまま書く奴はいるかも知れないけど…といいたかった。
吊らないで下さい。

280 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:03:11 ID:8Qm8EDX10
>>277
了解です。
さて、波風立てた張本人が言うのもなんですが、このお話は終わりにしましょう。
私の反省スレになってしまうのは、非常にもったいないですからねw
本当にお騒がせしましたm(_ _)m

281 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:10:05 ID:8/7eVNWzO
>>279

本題に戻すが、ハッカイを誰に使ったかが問題だと思う。
隠岐騒動の結末はAA派にとって全面勝訴の形ではないか?
最悪、ハッカイを作ったは良いが使いどころを逃した可能性もあるかも。
となると、完璧な箱がどこかに眠っている可能性が・・・

282 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:18:10 ID:1Yaby0mXO
>>281
その可能性は大いにあるね。AAが一人であったこと。
チッポウまでの効果から、恐ろしい武器でも効果範囲は限られるし…。
ただAAが一人だったからこそ歴史に残らない使われ方も考えられるのが何とも…。
これだとどちらにしてもネットから追うことができるのは影くらいなのかな。

283 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:53:09 ID:92msOkVgO
てか小箱さん見つけやすいようにageてもいいかな?

284 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:56:24 ID:8/7eVNWzO
>>282
チッポウとハッカイの違いの一つは間違いなく持続性だろうな。
集落にハッカイの作成を禁止していたことを考えると、解呪も難しいと思われ。
AAは確かに一人で暗躍していたが、使うとなると同士と共同管理にするんじゃないか?
なにしろ最強クラスの両刃な武器だ。

285 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 21:58:52 ID:8/7eVNWzO
>>283
昼間も来てるから、その心配はないだろ。

286 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:00:37 ID:L8GypzmM0
AAは目的を果たした後は死ぬつもりだったようなので
1 ハッカイと相討ちして漢らしく散る。
2 ハッカイを人目から避けるような施設を建造して
(迷路とか社とか)
その守人となる。後継者育成のため家族も持つ。
コトリバコの有効射程距離に較べてハッカイは凄そう。

287 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:10:44 ID:GdmUUiyt0
幕末期には皇室ゆかりの術者たちも
各地の討幕運動や一揆、反乱を支援していた、という仮定から。。
AAがそのような特務に従事していた陰陽氏かなにかだったという可能性は?
「たまたま」落ちのびようとした途上で「たまたま」捕まり
しかしながら、往時の純朴かつ無学な村民を煽り騙すくらいはお手のもので、
「たまたま」まんまと念願のブツを手に入れたってだけでは?
チッポウ云々はもちろん明かしても構わない程度の呪法的には未完成品ってことで。

288 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:12:31 ID:GdmUUiyt0
村民に語った「死んでも構わない云々」はその場の方便ってことで。

289 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:27:24 ID:8/7eVNWzO
>>286
1なら良いが、2なら、このスレの流れ次第では謎の♀2ちゃんねらー大量変死事件になりかねないな。

>>287
集落の方々は苛烈な迫害を受けて疑心暗鬼だったはず。
簡単に騙せる相手じゃないし、解呪に100年以上かかるものを軽く渡すのもどうかと。

290 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:32:09 ID:1Yaby0mXO
ちょっとさ!今気づいたんだが、俺たちもハッカイの
術中に落ちてないか?さっき呪われたぞ?って言ったので
ひらめいた!『絶対に作ってはいけない』ものをAAが
持っているということを、AAの敵が風聞程度でも聞いたらどう思うだろう。
きっと今の俺達みたいに…いやもっと恐れおののいたと思われ。
『ハッカイを作るな』ということ自体もハッカイを驚異としていると見た。

291 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:33:24 ID:RkRYfsAV0
>287
皇室ゆかりの術者がそういうことをしてたかは寡聞にして知らないが
いわゆる勤王討幕派諸藩の中ではそういう活動をしていた人間が実際いる。
もちろん術者とかではなくて、思想的に各地の農民などを煽り&指導して
倒幕戦の際の戦力としたということなんだけどね。
表にでてない事例も多分たくさんあると思う。
AAもそういう事例のひとつだったら興味深いね。
しかしそうするとハッカイの効果が女子供だけではあまり意味がないんだよなあ…

>279
結果的に勝訴みたいな形にはなったけども
一旦鎮圧されて犠牲者も少ないながらも出ているわけで。
個人的には薩長因の介入のあたりにキナ臭さを感じるが
それとハッカイがうまく結びつかない…。

実は政治的な動きはあんまり関係なかったりして。
AAが単にふられた女に仕返しとかしてたら悲しいなw

292 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:35:23 ID:92msOkVgO
妄想だが、ハッカイは小箱さん宅にある!

293 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:38:10 ID:8/7eVNWzO
>>290
それだ!!
まるで核兵器だな。
もしかしたら集落で使われたチッポウも計算づくか?
威力を喧伝するための?

294 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:39:18 ID:92msOkVgO
I部からMおよびAまでたどり着けない俺ガイル。
てかこんなに日本史勉強したの初めてだ!

295 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:41:00 ID:1Yaby0mXO
そう思う。ただでさえ驚異となったものの、更に上位の物が
あるなら、今のウチらみたいに知りもしないハッカイを
あれこれ想像する。陰陽道の基本を見落としていた。
そういう意味では誰か言ってたが最強の盾だよ!

296 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:43:19 ID:8/7eVNWzO
>>291
反乱側は長州とのパイプを持ってたしな。しかも、制圧側があまりにDQNすぎる。
これで生き残ったらハッカイの標的としてぴったりなんだが、あっさり切腹だし。

297 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:43:44 ID:1Yaby0mXO
んで最後には俺みたいにクメツとか言い出す奴が…orz

298 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:48:41 ID:8/7eVNWzO
>>295
ならば集落サイドの要求が完全放置なのも頷ける。
正体のわからない秘密兵器の演出だったんだ。
そして、隠岐騒動の完全勝訴にも影響を与えた?
ハッカイを使わないことで逆に武器に使ったってことか・・・

299 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:51:10 ID:GdmUUiyt0
>>289
いや、果心居士の伝聞もあるように
そのような術者なら集団催眠なんかにも長けていたのではないかと。
>>291
うーん、狗神使いが式神を手にするみたいに、
単純に術者としての私利私欲からとか。(苦しいか)

300 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:51:50 ID:mH0THjH20
AA氏が隠岐から流れて来た時期が騒動の最中だったのか、
騒動鎮圧後であったのか、これ重要な気がします。

AA氏がハッカイを使うつもりで隠岐へ戻った時期が騒動鎮圧後であれば
ソレを使う必要性は薄くなると思うし..。

どうもハッカイは発見されたがっている様な気がして
ならないのです。
使われていないから、使って欲しいから、見つけてほしい。
箱がそう導いている。
ひょんな偶然から出来た前スレに始まって、今じゃこんなに情報が
集まりつつあり、核心にも近づいている。

これは勘なんですけど、やはりハッカイは隠岐にあるのでは?
小箱さん、Mさんが二人で隠岐に踏み込む絵がフッと頭に浮かびました。

301 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 22:53:22 ID:1Yaby0mXO
最初に使われたのがハッカイだという絶望も抱えてるけど
やはり実際に使われなかったのではないかな?
集落自体がつぶれたら何もならないから、攻撃対象を女子供に限定して
ハッカイの効果が同様だとしても、扱い方を知らないと
無差別に攻撃するという噂でも流したらどうなるだろう?
ハッカイ自体の攻撃対象が限られてても十分有効ではないか?

302 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:00:33 ID:8/7eVNWzO
>>301
最初に使われたのはチッポウでM氏が祓ったやつで間違いないでしょ。
そしてハッカイ自体も集落の方々が作っただろうから、ちゃんと存在するだろうし。
強力な箱の存在ってだけで効果は充分だよね。
なんせ、敵側にとっては妻子が人質に取られているようなもんだ。

303 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:03:43 ID:8/7eVNWzO
>>300
見える人?
AAが連れてこられたのは鎮圧後だと思う。
M氏の会話はそう読める。

304 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:03:58 ID:RkRYfsAV0
>300
AAは「つれてこられて隙を見て逃げ出した」 とある。
つまり捕まって本州にやってきたあと逃走した。
捕まったということなら鎮圧の後の話じゃないかな。
しかし隠岐に戻ったという確証はない罠。

>301
実演販売みたいなもんか?w
電気コードも何でも斬れますと実際切ってみせるが
素人がやってみても斬れない みたいなww
いやいやしかし効果を目の当たりにしたからこそ集落の人々は
AAとの条件を飲んだんだからやっぱり使うことは使ったんだろう。
ただわざわざハッカイに使われた子供の名前がのこっているあたり
あえてハッカイは特別ですよというのを演出しているのが不審ではあるね

305 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:05:08 ID:RkRYfsAV0
>301最初の箱はハッカイだよ

306 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:05:11 ID:1Yaby0mXO
あれ?ボケたな。読み直してくる。
この論も正確さなんて無いけど、
『わざと』逃げてきた説をより強くすると思う。
でも、この程度なら呪術に詳しいM氏も想像が付くような…。
でもチッポウをあんなに恐れていたから見落としたのか…?
M氏やM父氏の見解が聞きたいところ…。

307 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:05:36 ID:RkRYfsAV0
上のレスは>302へでした

308 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:10:12 ID:8/7eVNWzO
>>307
最初に作られた→ハッカイ
最初に使われた→チッポウ

309 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:11:51 ID:1Yaby0mXO
そうだよね。最初にハッカイを作って村の女と子供を
見せしめにした。また言葉足らずだったけど、
使われなかったってのは敵を殺すことね。

310 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:13:52 ID:1Yaby0mXO
あら…やっぱ読み直しだ。

311 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:14:56 ID:9Ro+8RYO0
>291
薩長因の不可思議な介入はハッカイ目当てとか。

312 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:17:10 ID:8/7eVNWzO
オレも改めて読んでみたら、わざわざ他の庄屋たちにも喧伝してるのね。
しかも完全放置と言う条件で。
こりゃ地方の噂になるよな。

313 :300:2005/06/11(土) 23:17:44 ID:mH0THjH20
>>303さん、304さん

>AAは「つれてこられて隙を見て逃げ出した」 とある。
ここからは仮説入らせて頂きます。。
事実、武器を置いた抵抗勢力に対する松江藩の暴力ぶりは甚だしかった様です。
中には婦女子に対する卑劣な、残忍行為もあったと思われます。
結果として騒動は鎮圧しても、明治政府の恩赦を感じる判決に至っても
仲間や家族を奪われた恨み、悲しみ、怒りは想像を超える物でしたでしょうね。
だとしたら、ハッカイを隠岐に持ち帰り、松江藩根絶やし目的に使用してやろうと
AA氏が計画していて、でも何らかの事情(AA氏の死亡とか)が発生して
ハッカイが力を蓄えたまま隠岐に残されているとしたら..。

やはり、鍵は隠岐にあるのでは..?と妄想してしまいます。。。

314 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:23:44 ID:8/7eVNWzO
>>313
オレもハッカイは隠岐にあると思うよ。
脅迫に使われたなら尚更ね。
使用されたにせよ回収はするんじゃないか?

315 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:30:53 ID:RkRYfsAV0
>311
だと仮定して何に使うんだろうか…
江戸無血開城とか連想したけど隠岐騒動のが後の事件だった

>300=313
とても鋭い意見だと思うけども
ハッカイの効果も女子供限定にみえるから
藩を根絶やしにするにはちょっと難しいんじゃないかな
それともハッカイは成人男性にも効果があるのかな

316 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:36:15 ID:xHzCrGY90
>315
成人男子に効果が無くても、子供に効果があったら家は絶えるんでないかい?
AAがもし子や妻を亡くしたのだとしたら、同じ苦しみを与えるために
ことりばこを使ったとしてもおかしくない。
藩に対してではなくて、個人に対して使ったかもしれないね。

317 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:38:19 ID:RkRYfsAV0
ああ、藩主なり特定の藩士の家系を潰すって意味か<根絶やし
だったら使えるね。
てっきり全藩みなごろしでも計画してたのかと思ってw

318 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:40:57 ID:gTJSI8210
>308
最初に作られた→ハッカイ
見せしめ最初に使われた→ハッカイ(Aが持ってく)
住民用に最初に作られた→チッポウ

じゃない?
見せしめに使われたのがチッポウなら、ハッカイには実は呪いの効果はなくて
AAのブラフだったという推理も可能なんだけど。
あるいは何かのトリックだったとか。

・・・でも、製法を考えると、禍々しい効果がないとは考えにくいよなあ。

319 :300:2005/06/11(土) 23:41:55 ID:mH0THjH20
>316さん
もし個人が目的となると、ハッカイ使用対象が広がりますよね。
抵抗勢力内で仲間を売った裏切り者とか、内通者とか。

320 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:46:01 ID:8/7eVNWzO
>>318
その通り。
書き方悪かったね。
(´・ω・)スマンカッタッス

321 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:49:40 ID:1Yaby0mXO
勢力内でそんなもの使ったら…暗殺だとしても
呪いの存在が他者に知られている以上、身内からの目も怖いよな。
それとも裏切り者が居たとして、寝返られると壮絶に厳しい
勢力だったのかな?暗殺かぁ…。

322 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:51:14 ID:9Ro+8RYO0
うーん「失われたアーク」ゲトするぜ!みたいな〉薩長因
ハッカイが手に入れば世界制服も夢ではなさそう。
明治維新の裏にいた英の差し金だったりしてw

323 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:55:46 ID:LFWo5fTL0
実はハッカイ捜索するのかなw。
でも本当にハッカイが隠岐にあるんだったらある意味好都合か。
不謹慎スマソ。

★武力攻撃に備え、隠岐全島民の本土避難…島根県が検討

【政治】"有事" 隠岐島への武力攻撃・テロに備え、全島民の本土避難を検討…島根県
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118162912/

・島根県が、武力攻撃や大規模テロなどに備えた国民保護法に基づいて作成する
「県国民保護計画」に、有事の際は隠岐諸島の全島民約2万4000人の本土への
避難を盛り込むよう検討していることが7日、わかった。

国の基本指針で、離島からの避難は「可能な限り、全住民の避難を視野に入れた
体制を整備しておく」とされていることから、全島民避難の検討が必要と判断した。

同諸島は本土の北約70キロにあり、主に大小4つの島、4町村からなる。本土への
移送方法は、国とも協議して数年がかりで決めるが、大量輸送が可能な船での
避難が現実的という。
対馬や五島列島などを抱える長崎県も全島避難を視野にした計画作りを進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050607-00000113-yom-pol

324 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:55:55 ID:xHzCrGY90
>319
それもありだと思いますよ。
ただ、死を覚悟してそれを使う以上、対象者は一人のような気がします。
その家のどこかに仕掛けて成り行きを確かめた後、自害。
回収はしないのじゃないかな。(リスクが大きそうだし)

325 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:57:28 ID:8/7eVNWzO
ことりはこの厄介なとこは女子供に無差別に作用すること。
当たり前だが解呪方法もあるし。
成人男子の手で返しに来られたら、まさに呪詛返しになる。
内部争い程度で使用して秘密がばれるのが一番ヤバいんじゃないか?

326 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:57:38 ID:1Yaby0mXO
失われたアークみたいな話を聞くと、
すごく冷静になってしまう。
俺自身、呪いの効果の『内臓がちぎれる』って伝承自体も
ちょっと考えてしまっている。
陰陽調べてみるかな。心理戦の気がしてきた。
それが例えつい最近祓われたものだとしても、
M氏が隠してるとかじゃなく、なんかないのかな?
小箱さんの見たとおりの効果がチッポウにあったとしても
ハッカイには呪いとは違う心理戦がきっとあると思う。

327 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 23:58:36 ID:E+Ee7rMI0
なんか初めはネタかと思ってたんだけど(マウみたいな)小箱氏がめったに顔を出さないって事はマジなのか?
ネタなら「とんでもない事が起こりました・・・・詳しくは飯食ってから報告します・・・」
みたいに期待させる展開満載なんだよな。

328 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:04:11 ID:rtBCKkUs0
箱を作った側はそのことを極秘にしてなければいけなかっただろうけど、
藩主とか庄屋とか呪われた側には箱や呪いに関する言い伝えは残ってないんだろうか?

相手に手出しできなくなる程の恐ろしいモノだし口外するなと言われてたみたいだけど、
唯の差別地域とは違う、正しくアンタッチャブルな存在になった訳で
嘘でも何らかの理由付けがないものか?

329 :300:2005/06/12(日) 00:04:25 ID:zSouqNP10
コトリバコ作成伝授の過程に於いて、AA氏の発言で、
ハッカイを使ったら自分も自害するつもりだという行がありましたよね。
ハッカイを使用する事に対してAA氏の中に罪の意識があったように取れます。
それほどハッカイの効力は凄惨で残忍なものであったのでしょうか。
それほどまでの禁物を使わざるを得ない、しかも自分の命を絶つ事まで
覚悟したAA氏の心情を察すると、ハッカイ使用は敵討ち的な要素が含まれている
様に感じます。。。

330 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:12:14 ID:PnpuJcSiO
ハッカイはAAが作らせたのが最初では無い気がする。
それ以前に日本人の手で作られたハッカイが存在するんじゃないか?
作成方法と効果だけじゃこれだけ面倒なものを作らないんじゃないかと。
同時に恐怖が伝えられてないと実現しないんじゃないかと。

331 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:13:24 ID:Hr8w5WRT0
324です。
ちょっと訂正。
>329さんのおっしゃるように、罪の意識があるのなら、
ハッカイはこの世にはもうないかもしれないですね。
自害する前に回収して、使えないようにした可能性もありますよね。

332 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:18:00 ID:dODKHlx9O
ハッカイもチッポウもそうなんだけど、物質としては木製の箱だよね。
祓うことに重点が置かれるのは当たり前なんだけど、
斧でヤァ!ってやっちゃったらどうなるんだろ。

333 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:18:36 ID:aqWGwggxO
関わるな

334 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:19:47 ID:d0qPEc380
いいこと考えた!竹島に置いていけばいいんだよ。

335 :300:2005/06/12(日) 00:25:47 ID:zSouqNP10
>324さん

ただ、やはり懸念なのがAA氏がその目的を果たせたのか?という点ですね。。
敵討ち→自害は当時のご時世から推測するにワンセットだと思うのですが、
隠岐か島根近辺の歴史書にAA氏自害という記述が残っていれば、目的は果たされたのだと
考えて良いでしょうね。。
逆に自害でなければ、消息が不明であれば、ハッカイが残っている可能性が
増々高くなると考えています。

336 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:33:21 ID:niZwbLV80
「(なにかを成し遂げたら)自害して果てる」ってのは
当時の一種のはやり言葉みたいなもんだから(特に尊攘派なら)
あまり気にしすぎないほうがいいかも。

337 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:33:49 ID:14RT+8TD0
AAが宮大工ってのが話の筋になってるが
箱自体素人でも作れるような物って事で
宮大工説は信憑性低くないか?

338 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:37:11 ID:niZwbLV80
宮大工説は小箱さんの推測。
箱はやっぱり素人には難しそうというのも小箱さんのレスでガイシュツ。

339 :300:2005/06/12(日) 00:39:49 ID:zSouqNP10
>330さん

たしかに。コトリバコ類いの呪物は地域限定では無いと私も考えています。
AA氏が箱を伝承した地域が必然か偶然か非差別部落地域であったために
あたかも、『差別を受けた人々の怨念箱=コトリバコ』のように誤解してしまう
方々もいらっしゃるかもしれませんよね。。

似た様な箱の話を聞いた事がある、というカキコの多さからも考えて、
自己犠牲を伴う呪い箱は各地に存在していると思います。
ただ、その伝承経路は不明ですが。。。

340 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 00:42:06 ID:niZwbLV80
ここらでそろそろ全員初心にかえって
小箱さんの最初の書き込みから読み直してみると
なにか発見があったりするかも

>339 ごみがついてまつよ つ。。。

341 :ローリング:2005/06/12(日) 01:06:54 ID:dD8kFMID0
>>340がいいこと言った。

342 :300:2005/06/12(日) 01:14:45 ID:zSouqNP10
>340

えへ♪ありがとうございます 。。。ノノヾ(・◇・)ノ

343 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:16:19 ID:JCYFnUD60
疑問に思ったこと

M「その子供と女の名前は、□■と$*(伏せますね)
M「そして、犠牲になった8人の子供の名前は _______(伏せますね)
M「聞いたことあるろ?
(俺らは知ってる名前です。でもいえません、ほんとにごめんなさい)

名前というのはフルネーム?ファミリーネーム?ファーストネーム?
知ってる、のは土地の有名人?鎮魂の碑や地名になってたりするのか。

M「そしてな、住民は△▼のお偉方達、△▼以外の周囲地域にも伝えたそうだ。
中略
M「守ってくれるのなら、△▼へ仕事に出ている部落の者も、今後△▼に行くこともしないということ

今後△▼に行くこともしない、の△▼はガイシュツのシルバーマウンテンぽいけど
勤務拒否ってことは、現金収入が途絶えるともいえるんだけどいいのか。
奴隷奉公だったのかな・・・。

M「で、班毎に分かれたあと、一人の代表者を決め
M「各班にその代表者が届けた。そしてどの箱をどの班に届けたかを
M「俺の神社に伝え、俺の祖先が控えた後・・・・ その人は殺される・・

何故殺されなければならないのか。神社側が決めて届ければ、住民同士には
隠しておけそうなものだけど。それにどの箱がどの班にいったのか、は
緘口令が敷かれるほどのトップシークレットなんだろうか。

以上チラ裏スマン。

344 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:20:37 ID:14RT+8TD0
なぜageは荒らし扱いないんだ?
深いとこまで考察したいと考えてる人にすれば面白半分の人は迷惑
かもしれないが、わざわざ2chに晒してまで多くの人の情報を得たい
という子取り箱さんの視点からすればageればいいと思うのだが、、、

ふと疑問に思ったので書いてみた。

345 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:22:50 ID:zSouqNP10
ローリングさんこんばんは!

そうですね。もう一度読んで来てみます。

346 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:23:43 ID:82KgX8xv0
M神社しか知らなかったら
誰かが悪用しそうな気がするな

347 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:26:34 ID:1RUBXys7O
揚げちゃるぞ

348 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:28:17 ID:DecZ9czWO
ものすごく興味があるのに、みんなの話が難しすぎて途中で何が何だか、わかんなくなっちゃったよ。orz
自分がアホなことを呪いたい。

349 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:30:49 ID:RPvZazfK0
>>348

つ「子取り箱」

350 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:34:30 ID:DecZ9czWO
>>349
ありがとう!うち、女だから効果ばつぐん!
ぴったりだ(・∀・)b

351 :ローリング:2005/06/12(日) 01:45:49 ID:dD8kFMID0
>>345
うい、こんばんわ。
改めて読み直してもやっぱ面白怖いな。
現在レスの情報をノートにまとめ中。
サタデーナイトに地道な作業をする自分にガクブルって話よ。

352 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 01:46:48 ID:RPvZazfK0
関西娘 萌え!

しかし、AA氏や隠岐騒動ばかりに目を向けていたら
事の全容は見えてこないと思うよ。
視点をもう少し前の年代に向けた方がいいよ

353 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/12(日) 01:57:40 ID:dKlAp0AA0
みんな、やっちょるねえ。

>ローリング
それ、俺もやろうかなと思ってる。小箱のレスを抽出して、テキストにまとめて印刷。
PCの画面じゃ、どうしても可読性が低くなるから。
そうやって読み込んでいくと、見落としてたものが浮かび上がってくるかもしれないしね。

354 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:06:18 ID:zSouqNP10
読み返して来ました。

>M「作られたのは1860年代後半~80年代前半頃
>M「箱を作り続けて13年目、16個目の箱が出来上がっていた。
>M「イッポウ6つ、ニホウ2つ、ゴホウ5つ、チッポウ3つ
>M「他の箱はじいさんの代で全部処分できたんだが
>M「チッポウだけはやたら長くて、俺の代なんだよなぁ・・

上記の事から、チッポウの効能期間が140年である事も考えると単純計算で
チッポウがMさん神社に持ち込まれる(若しくは発見される)のは
2000年~2025年(1880年前半を、~1885年と解釈)となりますね。
まさに、今こうやって注目を集めるにふさわしい時期に此処で箱の存在が
明らかになった訳です。
やはり、因縁を感じますね..。

355 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:10:23 ID:zHJL81g20
>>353
やっちょるよ、マンタイ
果てしなく続きそうやわw

356 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:11:18 ID:zSouqNP10
>353

マンタイさん、こんばんはー♪
私も小箱さんレス印刷したいのですが、我が家のプリンターは現在
◯ジマに入院中でして。。
地道に画面切り替えで考察中です。

357 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:21:00 ID:Zt41t65P0
ハッカイに使われた子と、その効果を確かめるための人間の名前がを
小箱さんたちが、知ってた(現在まで伝わってた)というのが気になる。

ことりばこは、箱自体ではなくてその箱にまつわる話を
知っている人間が居ることによって、力を発揮するようなものなのでは?

処分方法にしても、じょじょに忘れさせてゆくような形を取っている気がするし。

358 :ローリング:2005/06/12(日) 02:32:48 ID:dD8kFMID0
>マンタイ
やっぱ土曜の夜は一人で地道な作業に限るな。
俺はこのスレに集ったマッチョな奴等のレスも綺麗に洗いなおし中。
皆の着眼点っつうかレスの力点も観測してるアブノーマルっぷりだ。
「呪い」やら「部落」やら「島根情報」やらが暗号のような文体で綴られたノート。
こいつを彼女に見られたらドン引きだろうな。

あっ!彼女なんていなかった。
ヨカッタ・・・・・・・・_| ̄|○
彼女ができたら島根旅行に逝きたいであります!

359 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:34:54 ID:zSouqNP10
>>357さん

>処分方法にしても、じょじょに忘れさせてゆくような形を取っている気がするし

それほど手が出せない代物ってことなんでしょうね。
神社の方からも決して近づかないという条件だという事や、
代表者に箱の管理配分を決めさせ後日報告させた事からも、
Mさんのご先祖は、当時相談された時点では実際には箱を見ていなかったのかも
しれませんね。

祓う側も下手をすれば怨念に飲み込まれる危険性があったのでしょう。

360 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:59:02 ID:dmlt6yUF0 ?#
呪の材料は子供の内臓からとった血と人さし指だけなんだよね?
この材料だけで婦女子が簡単に死ぬってのが不思議。なんか肝腎なものが抜けてる感じ。

361 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:06:01 ID:tfk/7QblO
子供の内臓って…
豚や牛じゃないんだからよ…

362 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:10:40 ID:suQof7Jp0
実はクナイチョーあたりが真相を知っているのではないかと妄想

363 :おくら:2005/06/12(日) 03:12:21 ID:jeKJBCTO0
>>360
小箱氏諸事情を配慮して、完全な材料は書いてないよ。
どっかのカルトが作らんとも限らないし。

364 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:12:25 ID:Ym9j5D+e0 ?##
島根出身者です
オカルト関係は全くの素人で、霊感みたいなものは皆無なんですが・・・
小箱さんの書き込みのミラーを読んだんですが
方言からこれは出雲地方の言葉だと思います。
端的に表れてるのは「とおちゃん頼むけんね」のところで、
石見だとこれは「頼むけえね」と広島風の発音になります。
「カッターか包丁貸してごせや」
この「ごせ」というのも出雲特有の表現で
石見では聞いたことがありません。
ちょっと気になったので書いておきます。

365 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:14:30 ID:EQdLpzuM0
>>362
それ言ったらマズくないか?

366 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:26:39 ID:LyIuvRsf0
>>359
>それほど手が出せない代物

だろうなぁ…ウチの本家にも誰某を云々って代物じゃないけど、数百年経つ
のに未だに念が尽きない物があるって話だし…
(漏れ自身は本家は子供の頃一回行ったっきりなので現物は見てない)
人の執念っていうか執着っていうのはすっげー残るよ
まぁそれ以外の"物"もキッチリ伝承されてるのも聞いてるし、
田舎ってのは色んな意味で外からは解らん世界だわ。

367 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:38:50 ID:cryjNatx0
隠岐の非人頭の子孫なら何か知っているだろうが、2chのネタで突撃するわけにもいかんしな。

368 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:41:15 ID:68SXPpep0
家捜しの結果はどうだったんだろうか

369 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:49:37 ID:zSouqNP10
そういえば小箱さんお昼以来戻っていませんね。
疲れてお休みなのでしょう..。

明日の報告レスが楽しみですね。⌒⌒⌒⌒(o_△_)o

370 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 05:09:53 ID:niZwbLV80
またゴミがついてますよ つ..。
前スレの1?なんでコテやめちゃったの?

371 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 05:15:40 ID:Ems/47rrO
>>370
ついでだ、お前もコテやれ

372 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 06:11:09 ID:LhUr7HZP0
美保神社の話だろ

373 :106:2005/06/12(日) 06:44:32 ID:l6Z0WlJv0
子取り箱の発祥地を妄想

1、半島or大陸
大陸からの輸入書物や渡ってきた知識人によって箱の作り方が伝わってきている。
→古来から隠岐は大陸と交流があった。

この場合大陸、半島関連の書物と隠岐にある古書物を探る事になる。

2、京都
a、京都から流されてきた知識人達が島民に伝えた
b、京都に留学していた隠岐人が子取り箱の存在を知り、隠岐に帰ってきてから一部の地元民に伝えた
c、AAは京都出身の知識人、たまたま隠岐騒動に参加していただけであり隠岐は関係無し

a、bの場合隠岐と京都、cの場合は京都の資料を探る事になる。

3、その他
例えば奈良とか信州とかどこか日本の別地域から流されてきた人達が伝えた場合、
出雲や隠岐に古くから伝わる地域固有の呪法の場合は考えられる全ての資料を探る事になる。

つうかAA氏が小箱氏に分かっている以上子取り箱と良く似た話を見つけてくる事が最善策…なのかな?

374 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 06:53:23 ID:xQjvDSrXO
おわよーぽまいら。

>>364>>372
そういうの伏せ字でおねがいしもつ

375 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 07:08:04 ID:3DRfn8wc0
何このリアルドラゴンボールみたいな話は…?
面白いじゃねーか!

376 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 07:08:59 ID:k8NhsVY+0
>>375

でも、見つけると願いがかなうんじゃなくて、呪い殺されると思うけどね

377 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 07:48:49 ID:Nu0sW7B80
コトリバコレーダー作って夏休みに収集だ。
じっちゃんの形見のシホウを持ってるのが主人公だ。

378 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:13:47 ID:ySzYIuh90
作ってみりゃいいじゃん

379 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:26:20 ID:tfk/7QblO
>>378
殺人で逮捕。

380 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:27:10 ID:Xfwidzc20
黒いドラゴンボール

381 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:28:46 ID:ySzYIuh90
中絶した胎児とか、他の事件事故で死んだ子供とか使っても作れんの?
死体損壊だろうけどw

382 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:37:56 ID:Xfwidzc20
八が完全数なら、
七は未完成だな。

383 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:41:45 ID:GJtjr47yO
七が未完成でその威力なら、もし八が既に使われてたとしたら噂になってると思う。
少なくともMには何らかの形で伝わってると思う。

だから八はまだどこかで眠ってるんじゃ?

384 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:45:36 ID:tfk/7QblO
すでにこの世にない事を祈る。

385 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 08:53:35 ID:EQdLpzuM0
持っている人が怖くなって手放したことりばこが古物商に流れてたりしそう。

386 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:04:50 ID:cJSC47YsO
I部一族は日本の出雲に渡来してきた一族。
非常に技能に優れた集団で、
各地で装飾業や建築業をしたらしい。
てことは箱(複雑な組み木でできている)を作る
技術を持ってきたと思える。

387 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:06:20 ID:Nu0sW7B80
>>385

小箱氏の証言によるならば、古物としての価値が生ずるような外観ではないんじゃないかな。

388 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:17:09 ID:n3hSEDcf0
オレはコトリバコをネタ的観測から絞り込んでみる

389 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:26:52 ID:PnpuJcSiO
オレが犯罪者ならM神社の管理名簿を狙うがな。
と言うわけでageるな。

390 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:30:07 ID:H3MHpaH50
>>364伯耆の左端や先端部分でのほうもそういう言葉をつかいますよ。

391 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:31:33 ID:/jBwo2a90
例えば、ハッカイが完成型でそれまでのは不十分だから別に他の人達に教えてもいいや
ってことで、イッポウ~チッポウを教えたとか。
ハッカイは持ち帰られてから教えなかった何か(追加の材料かもしれないし印かもしれない)を加えて、
例えば制御可能になるとか、強力になるとか(女子供だけでなく誰でも対象など)。

392 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:45:06 ID:RV8uZaKc0
小箱氏はいろんな意味でネ申だな

393 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 09:55:30 ID:H3MHpaH50
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%AE%B1&hl=ja&lr=lang_ja&as_qdr=all&start=0&sa=N

小箱氏にどれが近いか聞いてみたい気がする

394 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 10:15:20 ID:zdiuOSxy0 ?
やべぇ、オカ板のスレで夜を明かしたのは初めてだぜ。
それくらいこのスレには人をひきつける魅力、っつーか魔力があるな。

箱根細工を見たらなんか怖くなっちまったぜ。

395 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 10:52:57 ID:nJJgtdHW0
誰か前スレのjaneログくれろ

396 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:13:27 ID:I7YhBJpB0
なんかこの手の呪いが日本自体にかけられてる、って話しあるな。
どこかで読んだけど、あるオカルト番組の心霊写真特集で祭壇が写ってる写真が紹介
されたら直後に霊能力者何人からか電話があって「なんと言う写真を放送するんだ!」とか
「現在の日本にこういう写真があるって事が恐ろしい」「一体何が起こってるのか・・・」という
電話が殺到したとか・・・・

397 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:18:02 ID:/vkzrYUx0
それは「祭壇」のことじゃない?>396

398 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:19:21 ID:/vkzrYUx0
表に出ない怖い話の最初のほうのログにあった話>祭壇

399 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:23:01 ID:EQdLpzuM0
>>396
白の装束の集団も関係してるのか?
最近の地脈の乱れに関係してるらしいが。

400 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:28:48 ID:EQdLpzuM0
>>396
そういやその写真って見かけないな。
出回ってないのか?
USOの心霊写真紹介でやってた
オレンジ色の壺が写ってる写真だよね?

401 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:38:46 ID:I7YhBJpB0
>>400

そのオカルト番組ってUSOだったの?ずっと気になってたんだけど。
この祭壇の写真がやけにたくさん投稿されてるって事だったけど
それで霊能者が「一体何が起こってるのか・・・」と言ったらしいけど。

402 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:40:52 ID:wCVyViba0
俺は箱根細工欲しくなったが

403 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 11:48:27 ID:4wubzIZr0
(何かこのスレ
思い込みの激しい人を怖がらせる為にやってるんじゃなくて
犯罪者に仕立て上げるのが目的の書き込みが多くありませんか?)

404 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:04:46 ID:qFv0fCKc0
(そんなことないよぉ)

405 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:17:09 ID:4wubzIZr0
(・・・てか、家庭内暴力煽ってる?
爺さん世代に間引きの話題を振るとどういう反応が起こるか判って書き込んでる?

どうしようもない飢饉の状況の末に子供を殺したり姥捨てをしたりしてたのに
人参の皮やカボチャの種を食べなかったり余ったご飯を捨てるような迂闊な孫に
「恐れられる強い存在となる為の呪いの兵器(人間を殺して作る)」の事を
聞かれるなんて 寿命が縮まります。

孫は爺に「残飯0運動」させられて 「山菜知識伝授」させられて
「兎の糞食い」させられて 「人糞食い」させられ
「それでも餓死しそうになったら爺の骸を乗り越えて生きろ」とか
諭されてしまうかもしれません。
呆け老人になったと思い込んだ孫が爺を拘束するかもしれないけど。)

406 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:24:30 ID:/5NJ4PY/0
・AAはハッカイを作り、それを使って何らかの目的を達成するためにこの部落を訪れた。

って説があったけど、AAは逃げて辿り着いた先が
偶然虐げられていた土地だったんじゃないの?
で、厄介の元だと殺されそうになる→俺を殺すのを止めてくれれば武器をやる
って流れでいいんだよね?

407 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:26:15 ID:4wubzIZr0
(「小学校で同級生に凄い呪いに兵器の作り方を知った。協力しろ」と言われ
理科室とかで 首を切られたら困るだろ?

後で切った奴が「仕方なかった」だの「切られた奴は協力してくれていた」だの
「良く判んない」とか言い訳されたら 困るどころか怖いだろ!?)

408 :>>407 チョッと訂正:2005/06/12(日) 12:27:37 ID:4wubzIZr0
(小学校で同級生に「凄い呪いに兵器の作り方を知った。協力しろ」と言われ
理科室とかで 首を切られたら困るだろ?

後で切った奴が「仕方なかった」だの「切られた奴は協力してくれていた」だの
「良く判んない」とか言い訳されたら 困るどころか怖いだろ!?)

409 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:33:45 ID:4nGoIwcXO
もうここやめて宮本君死んだから私もどうなるわからない

410 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:40:59 ID:I/x9UR710
↑Sさんでつか?

411 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:53:54 ID:+0Jf23p30
>406
あってます。
が、このスレ的にはもしかして偶然をよそおって集落にやってきたの
かも?という推測もあがってます。
本来なら捕まって牢屋に入れられる(下手すりゃ斬首)だったはずが
結果的に首尾よく自由とハッカイを手に入れられたわけだから
たしかに偶然というにはちょっとうまくいきすぎている気もしないではない。

412 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:54:33 ID:qFv0fCKc0
>>406 基本はそれでおk

が、それでは詰まらんので
・AA計画的部落来訪説
・更にM系神社とAAの結託による、最終兵器作成計画説

などを妄想してるとこ

413 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:54:37 ID:xQjvDSrXO
>>406
いいと思う。

>>407-408
別館いけよ

>>410
池沼

414 ::>>407-408 もう一度訂正 ::2005/06/12(日) 12:55:16 ID:4wubzIZr0
(小学校で上級生や同級生に
「凄い呪いの兵器の作り方を知った。協力しろ」と言われ
理科室とかで 首を切られたら困るだろ?

後で切った奴が 「いらない子だと思った」
「仕方なかった」だの「切られた奴は協力してくれていた」だの
「良く判んない」とか言い訳されたら 困るどころか怖いだろ!?)

415 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:56:20 ID:dODKHlx9O
いきなり浅はかな書き込みが増えたな…。

416 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 12:58:46 ID:FXrXSTcS0
狐酉箱のほうかも>祭壇の壷写真
箱の形をしてるかどうか限らないみたいだし

宮本くんってM氏のこと??
さりげに怖いんだけど

417 ::>::>>407-408‐414 さらにもう一度訂正 :::2005/06/12(日) 12:59:11 ID:4wubzIZr0
(小学校で上級生や同級生に
「凄い呪いの兵器の作り方を知った。協力しろ」と言われ
理科室とかで 首を切られたら困るだろ?

後で切った奴が 「いらない子だと思った」
「仕方なかった」だの「切られた奴は協力してくれていた」だの
「良く判んない」とか言い訳されたら 困るどころか怖いだろ!?

そんな怖い人間をこのスレで作り出す訳にはいかないから
止めた方が良いと思うんだ。)

418 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:12:00 ID:BFL+3vcT0
>4wubzIZr0
完成形だけを書いてくれないか?
推敲はよそでお願い。

419 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:14:01 ID:oIXcibhx0
>>417
ここはチラシの裏か

420 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:16:25 ID:V6D2ouNc0
ハッカイに触れた女性は悪魔の子を産む。

421 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:18:47 ID:0WyuvIFr0
>>420
ここはてめえの日記帳じゃねえんだカス

422 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:31:10 ID:p9Fhy7ug0
>>409
ちょっと、まじこわいんですけど
なに???????????

423 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:40:43 ID:VZWPsi8n0
ことりばこ読んでたら、似てると言われてる箱根細工の
ひみつ箱とかほしくなってしまったよ

みんなもそんな気にならなかった?
ネット注文しようかな~

424 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:43:54 ID:+0Jf23p30
そうか。
売り上げの伸び悩む箱根細工取り扱い店と
島根県観光協会の共同陰謀だったのか。

425 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:51:20 ID:BWJDgees0
ものすごいイメージダウンになってる気がするんだが

426 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/12(日) 13:56:53 ID:DjacRCtw0
小箱氏のレスをまとめてみた。

・洒落怖へのレス
・ことりばこスレでの後日談
・ことりばこスレ(part1)での、小箱氏のレス抽出

参考にしたい人は下のURLから落として
http://oda.minidns.net/file/data/kobako.lzh

427 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 13:57:44 ID:p9Fhy7ug0
まあ、島根、隠岐といえば独島(ドクト)だよね

428 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 14:03:15 ID:d0qPEc380
Bと在がまたなにか企んでる。

429 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 14:10:30 ID:QDtp2t+e0
364に補足して・・・
>M「この部落(俺らの言葉では部落といいませんが、差別用語です)は
ここの表現もその地方っぽ。少なくとも俺の地元では部落は差別用語ではなく集落と同じ意味。

430 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 14:16:23 ID:m6z9HKYu0
だから実際は部落とはよんでないって書いてあるんでは

431 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 14:17:24 ID:gk26Gkqj0
今、起きた。おはようございます。

>428
その手の差別意見は別スレでお願いします。

432 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 14:37:44 ID:QDtp2t+e0
>430
つまり、実際に部落と呼んでないからその地方だと思ったわけで。

433 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 14:40:15 ID:m6z9HKYu0
部落を集落という意味で使っている所は沢山あるよ…

434 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:23:39 ID:ySzYIuh90
なんで子供の指とか内臓から絞った血を箱の中に入れると、女子供の内臓が千切れるの?
ソーセージの近くにいると豚の雌や子供は死ぬの?

435 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:24:56 ID:p9Fhy7ug0
藻前はオカ板に来るな

436 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:29:05 ID:V6D2ouNc0
犬とか猫で試してみれば? メス犬メス猫死ぬかもよ

って思ってる

437 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:35:26 ID:ySzYIuh90
どうしてそれは起こるのか?って所には興味が沸かないのか。哀れだな

438 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:44:24 ID:8/pD5i8k0
小箱さん、大丈夫かな・・・
他の三人も無事だといいのだけど。

439 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:44:45 ID:p9Fhy7ug0
小箱氏はただ箱に子供の指と血を入れるとは書いてないわけ。
肝心なところはぼかしてある。
それが呪法てもんでしょ?
だから別に子供で作ったソーセージじゃないわけ。

ま、どうして起こるのか?の部分には興味はアロワナ

440 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:45:39 ID:p9Fhy7ug0
いけね、ageちまった

441 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:53:39 ID:X3a4jL+H0
>>426
乙彼

442 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:55:14 ID:fkL3taiN0
公明ブラウザを使ってると※△×Дふじこがくるらしい・・・

443 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:08:31 ID:bstOur4x0
今初めてこのスレを発見したんだけど、これ島根の話なの?
漏れ島根人だけど聞いたこと無いわ

444 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:16:28 ID:ZtlonwBh0
>>443
聞いた事ないのはあたりまえ。
最近できた作り話なんだから。

445 :ローリング:2005/06/12(日) 16:23:52 ID:dD8kFMID0
>>426でマンタイがいい仕事した。

446 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:27:29 ID:UEfcrL8H0
>>1のリンクの「後悔」が404になってるんだけど、どっか他で見れませんか?

447 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:29:20 ID:PnpuJcSiO
>>426

携帯のオレには見れんが・・・orz

448 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:42:53 ID:zHJL81g20
>>426
お!マンタイ、さんきゅw

449 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:46:41 ID:n4dNomtzO

人気落ちたら媚び売りかマンタイwwww

450 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:51:31 ID:zHJL81g20
>>447
.lzhやけ、解凍せんと見れんよ

451 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 16:54:16 ID:tfk/7QblO
なんか変なの混じってるな、このスレ。
楽しいのか?お前?

452 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:03:00 ID:p9Fhy7ug0
>>446
ttp://kowai.sub.jp/
のpart4の中にあるのだけど・・・
「後悔」だけのURLの表示させかたがわからんorz

453 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:07:27 ID:UEfcrL8H0
>>452
サンクスすぎ!うひょーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwww

454 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:09:39 ID:Di8ShzPV0
まちBBS行ってみたが、 やっぱことりばこに関する情報はないね。
まぁネタだったとしても、面白いからいいんだけど。

455 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:10:05 ID:OFNiulPp0
>>453
つかテンプレのURLで、普通に見れるお。

そのページだけが404になってたとしたら、
いろいろ怖いこと想像できたんだけどね。

456 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:16:50 ID:H3MHpaH50
>>398
>表に出ない怖い話の最初のほうのログにあった話>祭壇

ぐぐったりしてるんですけどどこですか?

457 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:17:50 ID:dbnrBZIw0
>>452
爾後は新しい窓で開いたり、URLを抽出したりせよ。

458 :70:2005/06/12(日) 17:18:31 ID:GVZ4v4ew0
>>70にも書いたが、皆の非難を恐れずに言わせてもらえば
もうこのへんでコトリバコから手を引いたらどうだろう。

もともとはSさんが「面白いものが見つかったから小箱氏に持っていく」
というのが発端だったはず。
もちろん小箱氏もMさんが驚愕しなければ、なんということもなかったはず。
それなのに結果として、その箱が忌むべき恐ろしいものだと知った。
Mさんは祓った。今後のこともM父さんと話し合った。

・・・それより先は小箱氏の単なる興味と好奇心ではないか?
知りたいという気持ちはわかるが、もうやめた方がいいと思う。
皆さんの盛り上がった気持ちに水をさして済まないけど
そろそろやめた方がいい。探してはならない。探そうとしてはならない。

昨日からずっとそんな胸騒ぎを感じているので、書かせてもらった。
雰囲気こわして申し訳ない。

459 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:32:37 ID:p9Fhy7ug0
>452でつ
>>457
ホントだ。厨すぎてハズカスイ_| ̄|○
ttp://kowai.sub.jp/4/429.htm
ですた。ごめんなさい。

460 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:33:08 ID:xQjvDSrXO
>>458
そゆレスが一番燃えてしまうんでない?

461 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:35:16 ID:dbnrBZIw0
>>456
ttp://kowai.sub.jp/49/257.htm
爾後は特徴的な語句をわりだし、5pくらいまではみよ。

462 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:35:18 ID:tfk/7QblO
>>458
気持ちはわからんでもない。
むしろネタであって欲しいくらいやばい話だしな。
ハッカイとか言う箱に呼ばれてるのかもな
俺たちこのスレの住人は。

463 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:51:13 ID:o+u5V1Te0
金田一少年風なネタを妄想してしまっつた。

突如、謎の死を遂げる神主Jr.M。そして、ことりばこを管理するSさん一家、J爺さんも
次々と死んでゆく・・・これはやはりことりばこの呪いなのか!?唯一生き残ったAとKは独自の
調査を続けついに驚愕の事実を知る!!
「そうか!そういうことだったのか!!これで全てが一つにつながった・・!!」
「謎は全て解けた!!」
「どういうことAくん!犯人がわかったの!?」
「ああ!Kちゃん、至急関係者を集めてくれ!」
中略
「今回の事件はことりばこの呪いなんかじゃない。ある一族の子孫によることりばこの管理者
たちへの復讐殺人だったんだ!!」
「なんですって!じゃあ犯人は・・・」
「ああ・・・あんただよKちゃん!!!あんたがこの事件の真犯人!『▲△一族の末裔』だ!!!」

ことりばこの呪いにより滅んだと思われた▲△一族。だが・・・
▲△一族の生き残りの末裔として生まれたKの半生はそれは悲惨なものだった。
亡き母が死の間際、Kに一族の秘密とことりばこの一族への復讐を託す。
だがKはいつしかそんなことも忘れ一人の男性と恋に落ちる。そうMだ。
このまま平凡な幸せが続く・・そう思っていたKはある日知ってしまう。
Mがことりばこの関係者であることを・・・KはMの周囲をさぐりついに
S一家の存在を知る。だが忘れようとした。今さら復讐などと・・・
だがついにそれは起こってしまった・・そう、Sが持ち出してきたあの禁断のパンドラボックス・・・
Kの中で何かが壊れた。(この箱が父さんを・・母さんを・・・妹を・・・我が一族を!!!!!)

464 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:51:37 ID:o+u5V1Te0
ことりばこの呪いにより滅んだと思われた▲△一族。だが・・・
▲△一族の生き残りの末裔として生まれたKの半生はそれは悲惨なものだった。
亡き母が死の間際、Kに一族の秘密とことりばこの一族への復讐を託す。
だがKはいつしかそんなことも忘れ一人の男性と恋に落ちる。そうMだ。
このまま平凡な幸せが続く・・そう思っていたKはある日知ってしまう。
Mがことりばこの関係者であることを・・・KはMの周囲をさぐりついに
S一家の存在を知る。だが忘れようとした。今さら復讐などと・・・
だがついにそれは起こってしまった・・そう、Sが持ち出してきたあの禁断のパンドラボックス・・・
Kの中で何かが壊れた。(この箱が父さんを・・母さんを・・・妹を・・・我が一族を!!!!!)

「そうよAくん。あなたの推理どうりよ。わたしがあの人たちを殺したの。百年以上も昔のこととはいえ
あいつらのせいで私の一家は・・父さん、母さん、妹は・・・!!けどね、まだ復讐は終わっていないわ。
あの連中に箱の作り方を教えたAAの子孫・・・そう!あなたよ!!Aくん!!!」
「ま、待ってくれKちゃん!Mも、Mも君が本当に殺したのか!?君たちあんなに愛し合ってたじゃないか!!」
「ええ、愛していたわ・・あの人も愛してくれていた・・・こんなあたしを!!!!」
グサッ!!!
Kは突如自らの胸にナイフを突き刺した。
「け、Kちゃん!!!」
「ごめんなさい・・Aくん・・わたしにはもうこうするしか・・・」
「Kちゃん!喋るんじゃない!」
「一つ約束して・・もうこんなことが起こらないように・・あの箱を永遠に・・・それが出来るのは・・
AAの子孫のあなたしかいないと思うの・・だから・・・」
「ああ!約束する!約束するよKちゃん!!」
「よかった・・これでやっと私も・・あの人の所に・・Mくん・・・・・」
「Kちゃん!Kちゃん!!Kちゃああああああああんん!!!!!」

数日後、AはMの遺品の中から日記帳を見つけた。そこには、Kの不幸な生い立ちそして▲△一族の子孫であることを
知っていたこと。箱の関係者として自分がKを幸せにしてあげなければ、今回の件が片付いたらKにプロポーズをしようと
思っていることなどが綴られていた。

465 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:53:25 ID:87etwcbi0
ttp://www.forest.minokamo.gifu.jp/data_box/minzoku/S1.qry?f=S&b=269&i=その他

このリンクに、「コトリバコ」というのがある。
「詳細」をクリックした瞬間、ドキッとした。
こういう構造なのか?って一瞬思った。

466 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 17:58:00 ID:NlhEG6CA0
へその緒はともかく、カラザは入ってそうな箱だね

467 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:00:19 ID:dODKHlx9O
何かしょっぱいなぁ

468 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:05:46 ID:GP4SESrd0
外国にもこういった細工木箱みたいな物を使用する呪術みたいなものもあんのかな

469 :465:2005/06/12(日) 18:06:12 ID:87etwcbi0
よくみると、リンク先の「コトリバコ」の下にある項目は
ヲカルトがらみだし

470 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:23:42 ID:oTN7YS7Z0
誰か>>463-464を一生懸命書いたんだからいじってあげなよ

471 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:32:48 ID:jJqE2RwJ0
Sが持ってきた「ことりばこ」は当初のパズル云々の話しから、秘密箱と同様の構造を
してると思うのだが、秘密箱の起源から「ことりばこ」を追求できないものか。
ちなみに箱根の寄木細工は、江戸時代末期に石川仁兵衛によって考案されたらしいけど、
秘密箱の起源はよく和姦ね。

472 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:37:42 ID:suQof7Jp0
>>469
スリランカにあったよ。
詳細は記録がないからよく分からないけど、あそこも細工木箱を作る国。
オランダ統治時代にシークレットボックスって作ってた。(コレは工芸品だが)
私が見たのは、隠し扉の中に呪文みたいなのが書いてある紙があった。
大して効かなかったらしいので憂さ晴らしみたいなもんでしょう。

473 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:37:59 ID:+r9QwigI0
呪詛って、かける側もかけられる側も同じ生活様式、文化を
持ってないと効果がないんでしょ?

例えば、このお話の様に「恨みを込めた箱」を作って、呪いたい相手の
子供、女性を根絶やしにするという、お約束が双方に成り立って
(お約束というと語弊があるが、当人同士は同じ生活様式の中で
本気で効果を信じている。←これがポイント。)
初めて呪詛足り得るような気がする。

日本の藁人形や西洋魔術で呪い殺す、アフリカの呪詛やなんかも
この類だと...決して他民族や他国の人間に向けて
行わないし、効かない。

そう考えると呪詛は取引の手段/テクニックでもあったし
法律のような枠割りを担っていたのかも知れないと
このお話を読み終わって感じました。
被差別部落問題の根底は「差別」にあるのではなく
互いの勢力闘争/覇権争いのようなモノなのかも
知れないと。

474 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:47:23 ID:Vno+NJtI0
>>473
同じ生活様式、文化

そうでもないよ 日本刀スレをみるかぎり 132-134あたり

475 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:53:08 ID:/jBwo2a90
>>473
論理的に考えたい人達が後から考えついた話だと思う。
現実には理解出来ない事もあるんだよ、、。

476 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:54:01 ID:mXFjC2L+0
>473
ヨーロッパ人がピラミッドあばいて死ぬとかなかったかな?

477 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:56:46 ID:TMjJxwtBO
>>476
それこそ風土病か黴が原因じゃなかったっけ。

478 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 18:59:50 ID:fexmGY7F0
>>477
いや 呪いが原因だった 間違いない

479 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:03:32 ID:/jBwo2a90
>>476
でもなんだっけ?カーターとかいう中心の張本人みたいな人は全然無事で
まわりが続々死んだよね。あれ不思議だなあ。

480 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:08:54 ID:87etwcbi0
ttp://www.k-miyake.com/MiFiles/oki.html「隠岐騒動」によると
蜂起した村人3000人、使者22人、捕縛入牢者19人
大人しくしてたら、弾圧されることもなく、逃亡する理由もなかったろう。
AAが逃亡した理由があるとしたら、首謀者クラスの人間かその腹心だろうね。

ttp://oki-kazemachi.com/place/okisoudou.htm
それほどの反乱をしていながら、島民はどうやら松江藩そのものに
呪いをかけるほどの恨みを抱いていたとは思えない。
AAなる人物の目的が隠岐騒動に関わるとして、その恨みはどこに
向けられていたのだろう?

ttp://www.kankou.pref.shimane.jp/cgi-bin/odb-get.exe?wit_template=navidict-SearchDetail&WIT_oid=eflaMhEw92Ag0OEqJPgcXxKcflcjFmTP5dMq

「慶応3年(1867)、同志73名の連署で外敵に備えるための文武の稽古場(文武館)の設置を請願した
(略)
首謀者とされた人たちは明治4年(1871)明治政府の手によって最高懲役1年半の刑に処せられた。」
そこまで強い意志と学識があれば、おそらく同志73人の中にAAなる人物が含まれているのでは?
捕えられていたとしても、せいぜい懲役1年半の刑。
ただ、隠岐に流刑になった人は尊王攘夷派の学識高い人物が多かったというから、ガイシュツの推測どおり何か別の目的があったのかも知れないね。

481 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:10:03 ID:+r9QwigI0
箱の効果自体は文中にもあるように否定しませんよ。
隠岐地方の一部の村落では、本当に効果があった
ものだったんでしょう。

私が興味深かったのは、箱そのものの存在ではなく
”箱”はあくまでも手段であって目的は別の所にあった
(我々の部落を放っておいて欲しい)事です。

この話に部落が絡んでいたりするところが、受け手にとって
演出上の効果を高めているような気はします。
「被差別部落」の人々や生活がどのようなものであったかを
良く知っている人間(例えば私ですが)であればあるほど
先の文中でも言ったような、「呪詛の効果」が高まるんでしょう。
その意味では私も、「ことりばこの呪詛の力」を信じる一人なのでしょう。

これ以上のお話は、多少板違いですね。
乱文、ご容赦。

482 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:11:05 ID:/jBwo2a90
>>473
ごめん、オカルトばかみたいに思われてもなんなので言い直すけど
確かにそういう心理呪詛効果もあると思う。
けれども、そういう説明できるのばかりではない、と言いたかった。

483 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:20:15 ID:/jBwo2a90
>>481
私も仲の良い同級生が後で部落出身だと告白してくれた事があり
私の世代では全くもう関係なかったので何も変わらなかったのですが
親の世代から、「あそこは怖いからあまりかかわるな、大丈夫?」というような事を言われて
憤慨したような記憶があります。
恐れていたようなふしがあるのは、今考えると興味深い。
何かこのスレと関係があるのでしょうか。

484 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:20:23 ID:87etwcbi0
ttp://www.st.rim.or.jp/~komatsu/oki.html
「 宮司は、阿波から石見を経て隠岐に勢力を伸ばした忌部氏で、幕末の隠岐騒動では首謀者のリーダー格でもあった。」

隠岐騒動の首謀者で神社っていったら水若酢神社しかない。
鎮めるのに神社しかだめだって言うんだから、AAの術も神道系の呪術な
んだろう。
なんか、そんな後ろ暗い呪術を伝えてる神社には思えん…

485 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:22:58 ID:87etwcbi0
>>483
いえ、このスレとは全く関係なく、物理的に怖い目に遭うことは
今でもないとは言えません。
っていうか、この話題がそっちに広がるならこのスレでは御法度。

486 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:26:14 ID:/jBwo2a90
>>485
わかりました。
スレ違いでしたか、関係ない方向にもっていきかけてすみませんでした。m(_ _)m

487 :本当にあった怖い名無し :2005/06/12(日) 19:54:07 ID:bqshf1Aw0
なんかブレスⅣの呪砲を思い出した。
あれも女性に拷問加えて呪砲の元にしたり
死なない体にして痛みを加え続けてそこからパワーを取り出すとかなんとか
凄惨な描写があったな。

488 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:54:15 ID:sxeOPNPi0
なんとなくちょっとした勘。
Mさんとこの祭神、鉱山系の女神様じゃないかなと…
有名所が一柱いますよね。
いや、根拠レスですが。

489 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:57:34 ID:fexmGY7F0
>>481
「負のプラシーボ効果」に言及しているのは、わかる。
だからこそ、とらわれないでほしい。

490 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 19:59:09 ID:4nGoIwcXO
>>463-464
全米が泣いた

491 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 20:06:06 ID:y4eaBqDe0
さっきNHKで隠岐騒動とかやってたね。
当時のリーダーの子孫は今でも、その時の自治政府の文書か何かを読むそうだから
恨みや呪いではなくとも、かなりの思いが伝わってるのだろうな。

492 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 20:28:44 ID:NlhEG6CA0
>484
隠岐のI部氏のルーツは、阿波→石見→隠岐だったんですね。
なぜか隠岐→石見と思い込んでたので詰まってました。
石見の方が祖なんだ。

別館の方で、M氏の祓詞からM氏の神社は天岩戸に関わる系列ではないかとの話が出てます。
I部氏創起の石見の神社は、まさに手力男を祭神としているのは、かなり面白い符号のような。

493 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 20:48:15 ID:a2CRUhl40
>>>493
外出先で、NHK-BS2を見て吃驚。
島流しにされた天皇や皇族、隠岐騒動の事も紹介してた。
非常に奥深く、誇り高い歴史文化・風土、
この時期に、隠岐巡礼の番組が放送された事にも
不思議な符号を感じた。

494 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 20:51:18 ID:87etwcbi0
蜂起した村人3000余人、死者22人、捕縛入牢者19
一瞬軽く見ちゃったけど、死者22人の中にAAの肉親がいたとしたら
AAの恨みもかなり強くなった可能性もあるね。

そして

M「AAは反乱が平定されて、こっちに連れてこられた時に
M「隙を見て逃げ出してきたそうだ、話によるとだけどな。
M「この部落まで逃げてきたと。

よく考えたら、AAは捕縛入牢19人のうちの1人か、
たまたまかも知れないけど本来20人捕える予定だったのだとしたら、
20人目だったと推測できるね。
捕われた反乱首謀者のうち、20番目の男。これがAAの正体なんじゃないかなあ。

495 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 20:53:37 ID:l6Z0WlJv0
隠岐騒動の同志が73人いるのなら普通は73人全員捕らえるのでは?

496 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:02:05 ID:ExUU8EQj0
初めてスレ見たけど怖えええ・・・

こういう"怖さ"こそ箱の効果なんだろな。
絶対関わるなって思うもの。

497 :480:2005/06/12(日) 21:02:58 ID:87etwcbi0
>>495
自分で言っておいて何だけど、
リンク先の文章をよく読むと、73人がやったのは、
「外敵に備えるための文武の稽古場(文武館)の設置を請願した 」こと。
それが却下されたのが反乱のきっかけになったんだけど、
その後「11か村の庄屋大会」を経て反乱へ発展するわけだから、
首謀者とされた人々とはまた別の枠組みなんじゃないかな。

498 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:09:10 ID:V6D2ouNc0
玉骨ハ喩ヒ南山ノ苔ニ埋マルトモ、魂魄ハ常ニ北闕ノ天ヲ望マン

499 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:15:41 ID:3GCs4+cg0
Mがした事(除霊?)は、命がけの演技だとも考えられるな。指切っただけでは死なないがw

部落への差別を無くすために部落民(近隣含む)全てが演技してるのでは?

実際に怨念が詰まった箱があるのと同様の恐怖は植えつけられるだろう。

まぁ、それはそれで恐ろしい事なんだけれども。

500 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:18:30 ID:dmlt6yUF0
西鳥、後醍醐天皇の秘宝がハッカイなんじゃね?

501 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:25:19 ID:TMjJxwtBO
>>499
逆効果。
「呪い」は「ケガレ」だ。
その性質上、占い師、まじない師は蔑まれてる。
イヌガミやオサキがいい例だ。
迫害が酷くなる真似をする必要がない。

502 :499:2005/06/12(日) 21:32:58 ID:3GCs4+cg0
いや、だから蔑まれるかもしれんが、危ない奴らと思われてほっとかれるだろ?

実際箱があったとしても部落民はソレを望んで庄屋を見せしめにしたんだろうし。

蔑まれ、忌み嫌われたとしても、より迫害が酷くなる事は無いと思ったんじゃないか?

503 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:38:15 ID:V6D2ouNc0
宝珠のシンボリズムは後醍醐天皇の時代にとくに重要なものとなった。後醍醐は三種の神器や舎利、如意宝珠、
あらゆる密教的象徴を動員して自らの権力を強めようと試み、また調伏の儀礼を行なって倒幕を企てた。後醍醐は、
仏教の黒魔術を通じて性の力を自らの権力に利用しようとしたともいわれ、「異形の天皇」と呼ばれるにふさわし
い天皇だった。しかし、そうした儀礼は彼以前の天皇たちも行なっていたもので、彼はたんにそれらをより大規模
に行なっただけだった。これらの儀礼では、舎利や宝珠がある種の別尊への供養の中で用いられる。別尊とはとく
に十一世紀以降、密教儀礼において重視されるようになった神々であり、弁才天も別尊の主要な一人だった。
こうした中世イデオロギーのコンテクストでは、如意宝珠はたんに願いをかなえる宝珠という以上に、この世を
支配するための呪物として機能した。宝珠やそれに類した象徴を用いる儀礼は、豊饒を祈ることを目的としたり
(たとえば天皇の聖婚)、害を除くことを目的とする(たとえば敵の精気を消耗させ、それを自分のもとに導いて
自らの精気を増す、など)ことがありえた。太子の誕生を祈る儀礼も重要だったが、後醍醐のような人間にとって
とくに大きな意味をもったのは、「人黄」としての宝珠を操作するものだっただろう。これは人間の精気のエッセ
ンス、「命根」と考えられ、行者はこれを儀礼によって操作することであらゆる願いをかなえ、あらゆる障害を排除
できると信じられた。これはまたときに「人皇」(人間の王)と表記されることもあった。人黄は、本来は如意宝珠
とは無関係だったが、時とともにそれと混同され、王権のシンボルの意味をもつようになった。
如意宝珠はまた、愛染明王、および荼吉尼天のシンボルとしても用いられた。たとえば『渓嵐拾葉集』は愛染明王
を次のように記述している。「愛染王ハ平等王ト習フ也。手ニ有情ノ霊精ヲ拳テ、平等ニ天下ヲ接領スル也」。六手
の愛染明王の像の左の第三手は、武器などを持っていないが、この手が「有情ノ霊精ヲ拳ル」ものと考えられている。
しかもこの「霊精」は行者の怨敵の精気であるという。

504 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:39:48 ID:V6D2ouNc0
愛染明王は手に人黄を握ると言われるが、荼吉尼天はこれを食い物として生き、それによって超自然の力を得ると
信じられた。舎利と宝珠は、荼吉尼の儀礼とさまざまな形でかかわっている。荼吉尼天はまた、日本の稲荷神と習合
しており、その使者である狐は、多く尾の上に三つの宝珠を載せた形で描かれる。如意宝珠と舎利、そして「人黄」を
とおして、荼吉尼天と愛染明王、そして弁才天の儀礼が結びつけられるシンボリックなシステムが構成されているので
ある。こうしたイメージを儀礼的に操作することによって、弁才天、愛染明王、荼吉尼天、人黄、如意宝珠、そして舎
利が一つの連想の環の中で結びあわされ、人間の精気の再生/一新がはかられる。
後醍醐は結局幕府に敗北し、宥められなければならない「怨霊」となる。密教儀礼やレガリアの力は、彼に勝利を与
えることはできなかった。しかし、幕府に近い仏教集団においても、龍宮などをめぐる象徴的な連想の環は生きていた。
たとえばある伝承によれば、禅宗の夢想国師は、怨霊を宥める儀礼を行なったと言い、また天の(金)龍の変化であり、
彼の説法によって悟りを得たという不思議な老人から宝珠を受け取ったと言われている。これを伝える文献は、この奇跡
を仏陀に宝珠を捧げた龍女の物語に結びつけている。
こうした「願望的思考」の連鎖、そしてそれがもたらした各種の常軌を逸脱した結果には、ただ驚くほかない。しかし、
このシンボリズムは、ある場合には必ずしも成功しなかったとしても、全体としては有効なものとして機能したと考えな
ければならない。日本の天皇制が、重大な危機を経、多くの変更を経ながらも、こんにちまで生き続けているということは、
これらの神話がたんなる過去の夢とは言い切れない力を持ち続けていることを意味しているかもしれない。よきにつけ悪し
きにつけ、弁才天と彼女を取り囲む神々は、まだ生き続け、また宝珠は龍宮にいまだに隠されているのかもしれない。なぜ
なら、中世仏教が主張したように、龍宮とは人間の心のメタファーであり、弁才天と龍種の神々はそれを守護し、またわれ
われの周囲に世界を現出する力だからである。

関係ないかもしれないけど、流刑で隠岐に後醍醐天皇がいたからってことで。

505 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:47:59 ID:TMjJxwtBO
「ムラ」というのは元々排他的でマレビト殺しなんかザラな話だ。
でたらめな呪いをでっち上げなくても他に方法はある。

女子供にしか効かないんだから兵をあげて集落皆殺しにして焼き払えばすんだ話(そういう話は沢山ある)なのに何故しなかったか理解できない……。
村の人達は箱を利用するつもりが利用されてたのでは。

506 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 21:48:51 ID:ecOAY0/00
こんばんは。

家捜ししてきました。

が、残念ながらというかやはりというか、手がかりに繋がりそうなもの
など何もでませんでした。

とりあえず自分の知識の無さを補うため、昨日今日とで御気騒動がどういうもの
だったのかを多少勉強してきました。
今の状態では、皆さんがせっかく集めてくださった情報を理解することすら
難しいような状態なので。

>>491 493 BSでそんな番組やってたんですか!
見られなかったのが非常に悔やまれます。付いてない_| ̄|○

507 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:51:36 ID:8/pD5i8k0
集落皆殺しに出来るのなら、それをしていたと思うが。
それが出来ない状態だったから、箱だったのではないのか?
長年押さえつけられた人は、それに対して抵抗しようとは思わなくなるからね。

508 :石見人:2005/06/12(日) 21:52:32 ID:967g+S5r0
わしゃ石見に住んでるが、このスレ一人歩きでくだらねぇ。

そんなに盛り上がるなら、見に来てみるといいよ。何もないから。
せいぜい観光に来て金を落として帰ってください。

509 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:54:15 ID:454aLfVf0
>>508
IDが967(来るな)

510 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 21:56:41 ID:Mz+Dsfs/0
(´・ω・) カワイソス

511 :石見人:2005/06/12(日) 22:03:11 ID:967g+S5r0
>>506

有る訳無い。
いい加減、目を覚ませ!

512 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:06:49 ID:NlhEG6CA0
小箱さん キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!

513 :石見人:2005/06/12(日) 22:07:00 ID:967g+S5r0
>>500

IDがUFO

514 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:08:48 ID:87etwcbi0
>>511
釣りだと思っても全力で釣られて楽しむのが
オカ板テイストだそうです

515 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:13:59 ID:3DRfn8wc0
まぁ、この話がネタでも別にいいんだけどさ。

511みたいに空気嫁無いヤツは勘弁だよな。

516 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:15:01 ID:PnpuJcSiO
>>506
小箱さん乙です。
隠岐騒動については、資料がかなり揃っているみたいですよ。
ググッてみると郷土研究家の方が、かなり細かく資料を保存してるみたいです。
小箱さんと同姓の方の情報なら連絡してみるのも手かと。

517 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:16:39 ID:BrpS3Jpn0
後悔の話に出てくる箱は亜種?

518 :石見人:2005/06/12(日) 22:21:14 ID:967g+S5r0
>>515

石見も隠岐も空気は澄んでいますが、何か?

519 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:21:25 ID:Ary4KaA40
後悔の箱
狐酉箱
子取り箱

どれも、人が死ぬという事か?
狐酉箱に関しては事件内容が判明していないけど、前スレの内容からだと
Bとか関係なく殺人目的に特化した呪いの箱みたいだけどな。

520 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/12(日) 22:23:02 ID:dKlAp0AA0
俺なりに小箱氏のレスを読み直し、疑問点や考えをつらつらとあげてみます。

1)コトリバコは小箱氏の地域限定で他の地域にはないのでは
2)AAと小箱氏の苗字が同じ=関係があるのでは
3)箱が作られた当時の間引かれた子供達の名前を、小箱氏たちが知っているのは何故か
4)Mの神社に奉ってあるものは何か
5)ハッカイ以上の箱を作ったら、一体どうなるのか

1)について
AAが作り方を教えた部落が、被差別部落だということを考えれば、当然閉鎖性が
強いと考えられる。
そのような地域から他地域へ広がるとは考えにくい。

2)について
これは2の文章そのままの疑問です。

3)について
鎮魂か戒めの意味で、伝承やわらべ歌のような形で、被害者の名前もしくは当時の出来事が
語り継がれてるのでないのかと想像します。

4)について
箱の処分は、Mの神社でなければならない。なぜなら、Mの神社には「あるもの」が
奉られているから。
では、その「あるもの」とは?

5)について
単純に興味だけです。ハッカイより数を増やすと、呪いが制御不能になるのでしょうか?

最後に、「被差別部落」は、このスレにおいて、さして重要なキーワードではない。

521 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:23:04 ID:/jBwo2a90
>>506
小箱さん、ご苦労様でした。
気長にいった方がいいかもしれませんね。ふとした事から、また何か関係が掴めてくるかもしれませんし。
必要なことなら向うの方からきっかけを提示してくるように思います。
調べるべきではないのなら、なにか邪魔が入ったり困難な状況になると思いますので
直感を大事になさってくださいね。

522 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:24:45 ID:Ary4KaA40
>>520

お前本物のマンタイか?
中身が違っているんじゃないか?

若しかして、もう呪われた?

523 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:27:22 ID:PsQ/T6ti0
ハッカイより上は、男にも影響出たりして。

524 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:27:38 ID:zHJL81g20
>>520
マンタイが本気になった・・・
本当のマンタイが見えてきたw

525 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/12(日) 22:31:21 ID:dKlAp0AA0
>>522
ちょwwwwwwおまwwwwwww

俺は、やればできる子wwwwwwwwwwwww

526 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:31:37 ID:oTN7YS7Z0
>>520
マンタイ、なんか可愛い♪

527 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:32:50 ID:ExUU8EQj0
マンタVIPPERだったのかよ(´∀`;)

528 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 22:37:38 ID:ecOAY0/00
>>516 ですです。ありがとうございます!

俺も、まずは資料が揃いやすいであろう隠岐騒動がらみから
調べてみようと思いまして。

とりあえず、首謀者、騒動の動機、発端、
首謀者たちにアドバイスをしていた人物、
自治政府の組織図、組織の構成表、役職についた人の名前。
騒動に参加した人の正確な人数、当時の総住民数、
騒動での戦死者数、負傷者数、入牢者数、逮捕者数。
首謀者たちへの処罰など。

こんなところでした、判ったのは。

興味深かったのは、住民側は騒動時、テロはおろか一発の銃弾も発射していなかった
ということでしょうか。当時、日本全国で同じように独立運動、革命等あった
らしいのですが、そこでは当然のようにテロ、裏切り、謀略、抵抗などあったようですが
この隠岐騒動に関しては異例なことみたいですね。
徹底した非暴力抵抗を貫くというか、なにか主義があったようです。
そのあたりはたぶん皆さんの方が詳しいですかね。

俺達自身、何から調べていいものやらさっぱり検討が付いてません。
なので、とりあえず資料が集まりやすいであろう隠岐騒動から洗い出して
行こうと思ってます。あせらずにゆっくりと。

529 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 22:40:53 ID:ecOAY0/00
>>521 私も実はそう思ってます。

今回の件は、予期せぬ出来事が短い期間の中で連続して色々ありすぎて・・・
ただ、調べれば調べようと思うほど、途方もないことだなぁと。

本来なら俺なんかが知ることじゃなかったことだとも思ってますし
あせらずに気長に調べていこうと思ってます。

皆さんも何かふとしたことで情報が出てきたら何か教えてください。

530 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:41:31 ID:87etwcbi0
>>528
それだけ調べたら、AAなる人物が登場してこないとおおかしいんだけど。
AAはいた?

531 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:41:50 ID:PsQ/T6ti0
>>528
できれば、箱に描いてある記号についてもすこし。

532 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 22:45:11 ID:ecOAY0/00
>>530 えと、迷いますが言いますね。
今回俺が調べた中に、AA居ました。
名前程度だったのですが、確かに確認しました。
ただ、AAの騒動後の行方、騒動時何をしていたのかは不明です。

また来週にでもそのあたり中心にして洗っていけたらなと。

533 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:50:51 ID:3DRfn8wc0
>>532
洗うのはいいが、Mの家を敵に回すような事だけは慎めよ。

534 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 22:53:01 ID:ecOAY0/00
>>533 それは重々承知してます。ストップかかるならMからなので。

535 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/12(日) 22:53:53 ID:dKlAp0AA0
ちょwwwwwww小箱wwwwwww
俺はスルwwwwwwwかwwwwwwwwwwwww

536 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:54:56 ID:Ary4KaA40
>>534

Mの許容範囲は何処までなんだ?

537 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:55:48 ID:Ary4KaA40
>>535

お前は、別館(通称オカ板の隠岐島)へ流すwwwwwwww

538 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:56:43 ID:oTN7YS7Z0
>>535
別館に戻って来い

539 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 22:59:01 ID:oIXcibhx0
別館から来ました、すぐ帰りますwww

小箱さんが聞いた祝詞なんですが

>M「◎△*の天井、ノリオ? シンメイイワト アケマシタ、カシコミカシコミモマモウス」

は聞き間違えないですよね?

さ、マンタイさん一緒に行こう、別館へ。

540 :493:2005/06/12(日) 23:01:11 ID:a2CRUhl40
にっぽん巡礼 心の旅
「遠流(おんる)の地に春が来て~島根 隠岐」
島根県・隠岐諸島。4月、この地に流された後醍醐天皇ゆかりの
「世間桜」が満開を迎えます。そして、隠岐国分寺では、
奈良時代にシルクロードを経て伝わったと言われる
「蓮華会舞」が賑やかに奉納されます。一年で最も華やぐ季節。
この伝統文化を守り続ける人々の思い、暮らしとともに、
隠岐諸島の春を見つめます。

あと、後鳥羽院、牛突き、後醍醐天皇、世間桜、
隠岐コミューン祭などを紹介する30分番組でした。

541 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:06:18 ID:Eureqi8s0
小箱さん、おつかれさまです。

情報提供はうれしいけれど、出すときはどうか慎重にね。
このスレも少しずつ知られつつあるみたいだし、どんな人間が見てるかわからない。

水を差すようで恐縮だけど、小箱さんやMさん、Sさん他関係者の人たちに
余計なトラブルが降りかかったりしないか、それが一番心配だからね。

542 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 23:06:20 ID:ecOAY0/00
>>マンタイさん。まとめお疲れ様です!
俺が自分でまとめてるのより読みやすかったです。

1)については、俺らも持ってる疑問点です。おおむね同意で。
2)については俺自身調べ㊥です。
3)、4)についてはコメント無しですいません。
5)はあまり考えたくない事ですね・・・

いつも流してごめんw
ただ、マンタイさん含めて皆さんけっこう鋭いので、迂闊に回答できないかなぁと。
姑息ですが、俺は現状俺自身の意見は余り述べないほうが言いと考えてるんです。
現時点では、妄想、検証、考察、歴史。さまざまな意見や情報が欲しくって。
俺の中途半端な虫食いだらけの知識でみんなが混乱して、スレの流れを決めてしまうのも
嫌なので。
卑怯くさいですがそういう考えです。

もちろん皆さんの意見全て目を通しています。別館含めて。

543 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 23:07:03 ID:ecOAY0/00
>>541 ありがとう(つд`;)

544 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:12:28 ID:y4eaBqDe0
詳しく調べてないからわからないけど、隠岐の一般住民は暴力的、攻撃的ではなかったようですね。
だとすると「武器」という名の小箱はその気質にあまりそぐわない気がする。
まあ、表向き非暴力を貫いて、裏では語られない影の部分があるのかもしれないけど。
それとも極一部の限られた人物だけが知るものだったのかな?

まだ隠岐由来と決まった訳じゃないけどね。

545 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:12:35 ID:5S7a/xsy0
今日初めてこのスレ来たけど、本当に怖い話だなこれは・・・
信じてるけど、ネタであってほしいよ。
俺が住んでる所かなりの田舎町で、町の中の地名の事
部落って言ってた。俺それが差別だって知らなくて、ただの地名の単位?
みたいなもんだと思ってたから普通に「○○ちゃんはどこの部落?」
とか使ってたけど、差別用語だから使うのやめなさいって親に言われて、
そうなんだ・・・と沈んだ事思い出したよ。

546 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:17:18 ID:3DRfn8wc0
まぁ、興味ある奴らが勝手に調べてくれてるんだから
小箱は「見」でいいと思うけどさ。

なんつーか、危機感が足りなくないか?
本当に怖いのはことりばこじゃなくて
そういうモノを生み出す「人間の念」だろ?

不特定多数の人間に「極めつけの負の念」の存在を教える事。
それは新たな「ことりばこ」(精製方法は違くとも)を産む事に繋がらないか?

547 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:21:53 ID:1sM+5z+l0
ハッカイ以上の箱にも興味あるけど、箱の中身の「材料」を
既にある箱の効果によって調達して作った場合はどうなるんだろう。
何か特別な箱になるのか、効果は別に普通なのか…
製法上の縛りでそういうのは出来ないようになってるのかも知れないけど。

548 :493:2005/06/12(日) 23:29:57 ID:a2CRUhl40
sageを忘れてすいません。

小箱さん、本当に、たいへんだと思いますが
あなたの事を、みんな心配しているので、
ゆったり慎重に、実生活に差し障りが無い範囲で
かまわないですから、
これからも定期的に書き込みして下さい。
御願いします。

549 :546:2005/06/12(日) 23:35:21 ID:3DRfn8wc0
すまん、思った事書いたが「今更」だよな。
もう、おまいらは何か結果が出ないと収らんよね。
547みたいに箱の連鎖とか考える奴もいるのは恐ろしいが…。

550 :キバヤシ:2005/06/12(日) 23:40:52 ID:oTN7YS7Z0
遊びにきたお

551 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:42:56 ID:VxDmUfZU0
>>549
いや、定期的に君のような人が警句を発するべきだと思う。
時が熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、ってやつだ。

552 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:43:22 ID:hJQc+z+R0
test

553 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/12(日) 23:45:42 ID:ecOAY0/00
>>546
おっしゃる通りかもしれません。
俺には確かに危機感が足りてないのかもしれません。
ただ、この話がみんなの目に止まることによるマイナスの面だけでなく
プラスの面(抑止的な効果や、怪しい箱に近づかないようにするなど)
も考えて、書き込みをさせてもらってます。
忠告、肝に銘じておきます。俺含め、余りにも不用意で危険な発言などあれば
警告お願いします。

>>548
ありがとうございます。
内容的にあまり書き込みは出来なくなるかもしれませんが
ここはちゃんと見ています。
回答できる内容、情報があれば必ず書き込みます。

554 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:48:28 ID:qbbOEnbb0
ちょっとすれ違いだけど、良い?
>504 に弁財天がなんとか・・・って読んでる内に思い出したことだけど。

去年、仕事関係で知り合った修験者の人に手伝いを頼まれて。
仕事を手伝ったあとそこの道場に泊まったのですが。

その夜、弁財天と何とか童士とか書いてある木箱を
見せもらったんです。

で、中には石のレリーフらしき物が入っていました
ちょうどひな人形のひな壇みたいな構図でに
真ん中の最上段に弁財天が居てその左右と下段何段かに
合計12~15人くらいの子供?らしきものが並んでいる物でした。
こういうのを見たのは初めてだったのでびっくりしたんですが、

行者さんに言われるままにそれを裏返してまたびっくり。
手の形に凹んだレリーフが有るのですが、指の所に漢字でなんかいろいろ
書いてある。
制作者の銘でも掘ってあるのかと思ったら予想外の物だったから思わず
怖くなっちゃったんですけど。

「そこに手を置け!、粗末に扱うとバチかぶるぞ!!」って、なんか
ワケわかんないけど怖かったんで言われるまま手を石版に置くと
なにやら長い真言を唱えていました。

あれから別に悪い事なんてないのですっかり忘れていましたが、
アレ(石版と手形の意味)は何だったんでしょうか?

大幅にずれてると思うけど気になって・・・。
504の人とか、詳しい人いたらおしえて~。

555 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:48:55 ID:hJQc+z+R0
>549さん

私も、551さんと同意見です。
あくまでも、タブーに触れる事柄であることを充分認識した上で
考察続けていますが、人間誰しも時々妄想が暴走しすぎる事があります。
警告カキコ、疎まれるかもしれませんが此処では必要ですよね、きっと。
冷静さを取り戻す良い機会だと思ってスルーせずに読んでいます。。

556 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:51:54 ID:oTN7YS7Z0
>>503-504 乙
その時代から調べた方が核心に近づける気がする

557 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:57:53 ID:WgSy/7gT0
>>小箱さん
「腹に入り込んでいたもの」ってMさんの目にはどんな風に見えてたんでしょうか?
ちょっと気になる

558 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 23:59:21 ID:8PCdMV1d0
>>545
うちの田舎も集落って意味で、『部落対抗運動会』とか普通にやってたな。
学校で習って初めて差別用語って知った。

559 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:04:12 ID:puzikTUO0
>>547
>ハッカイ以上の箱にも興味あるけど、箱の中身の「材料」を
>既にある箱の効果によって調達して作った場合はどうなるんだろう。

刑務所行き 又は 死刑 ですな。

実際、海外に住んでいるんだがここでは今でもアフリカ系の人達が儀式をやっているらしいのが
たまに新聞に載る。数年前も儀式をされたような痕のある子供の亡骸がテムズ川で見つかった。
上の方のレスにもあったが、叔母さんが職業呪術師だったという方のカキコもあったよね。
ここで書かれている方法を試そうとする人がでるのを危ぶむのは分かるけれど
やろうとする人はどんなことをしても方法を見つけるのではないだろうか、、。

560 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:04:22 ID:YZRjCuvG0
>>545-558
部落って言葉自体には悪い意味はない。

被差別部落には単なる「部落」とは別の
(ここでは小箱氏の地元特有の)呼び方があるってことでは?

561 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:06:53 ID:DiLsn9sw0
>>559

箱の効果 → 呪いのよる死

立件できません

せいぜい死体損壊でしょう

562 :549:2005/06/13(月) 00:07:16 ID:tp/Wr7eZ0
温かいお言葉どうも。

抑止的効果かぁ…。あまり期待出来んけどなw
人間の歴史は、あらゆる快楽と苦痛を探求してきた歴史だからな。
その中には決して人に伝えてはならない禁忌も存在するだろう。
人は知ってしまったら触ってみたい、作ってみたい、体験してみたいと思う生き物だからな。
ましてや「部落の恥部」とも言うべきエピソードだと思ったので、なおさら伝えちゃならん気がしてさ。
ま、その辺もじっくりMと相談してみてよ。「好奇心、猫を殺す」って事にならないように。

小箱ノ人生ニ幸アレ

563 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:14:02 ID:GMnVjdsyO
>>543
現在の箱の管理者であるM氏が目を光らせている限り、暴走は無いと思います。
もちろん、充分に注意する必要はあると思いますが。
隠岐騒動自体は地元の方々が、
【圧制者から民主主義を勝ち取った】
事件と見ているのが救いですね。
ハッカイが使用されていない可能性がある。

564 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:14:50 ID:puzikTUO0
>>561
えっと、、、、、、
どっかから拾ってきた死体で作っても効果は期待出来ないと思うんですが。
箱をつくる過程の想像が私とちょっと違うみたいですね。

565 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:15:36 ID:861ovI2z0
社会復帰した酒鬼薔薇がこのスレを見てる悪寒

566 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:20:22 ID:SuKyQVrN0
ここで一服、お茶ドゾー
(  )) バシュゥゥゥウ
((  ⌒  ))__∧__∧____   モロン
((   (≡三(_( ´・ω・ )O三_() ミヽ
(( ⌒ ))    (  ニつノ         ヾ
(( )      ,‐(_  ̄l           旦~ <コトッ
し―(__)

567 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/13(月) 00:23:04 ID:/waVYuTU0
別館に書かれてました~。
こっちに置いときますね。

175 名前:本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:16:09 ID:sv26UXw40
(一つめは)公正な心を持つ者、
(二つめは)神の言葉を伝える者、
(三つめは)祭壇を守る者、
(四つめは)神の為に命を懸ける者
(五つめは)世の汚濁を振り払い、正義を成す者
(六つめは)慈善を施し、慈愛を伝える者
(七つめは)孤独を恐れず、神を称える者

そして、これらの神の寄り代を殺す大罪を犯した者

それ故に、八悔
救われない魂を呪縛する座

568 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:23:35 ID:nmZrHyBf0
>>461
ありがとうございます。
でも今日は遅いけん怖いので、
明日明るいときにみせてもらいます。

569 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:24:19 ID:odb3FJBc0
cc= cc=┌( ・_・)┘ 旦  いただきまーす♪

570 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:30:02 ID:GMnVjdsyO
>>567
なんて言うか・・・
一神教的な印象を受けるな。

571 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:35:35 ID:95SG2IzI0
後付け解説なんかどーでも良い

572 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:39:31 ID:nmZrHyBf0
孤酉箱を孤狗裡箱(こっくりばこ)と読んでちょっと怖かった。

573 :564:2005/06/13(月) 00:48:45 ID:puzikTUO0
>>561
ああっ!なるほど、箱で人を殺してその死体からまた箱を作るってことなんですね。
すいません!読み誤解していました。箱をこのスレから適当につくったら、、、、、だと思ってました。

確かに立件出来ませんね。でも箱は効果なさそう、、かな?
ゆとり教育受けたわけでもないのに、国語力がなくてすみません!

574 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:52:08 ID:872b9ajU0
君は本当にバカだなぁ

575 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:53:08 ID:puzikTUO0
ですねw
でも吊ってきませんw

576 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:11:07 ID:jwSF/bg90
・・・・箱に入れる物ってホントは人差し指じゃないだろ?

577 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:11:50 ID:861ovI2z0
578 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:12:27 ID:tfBrHREW0
>>576
実は亀頭

579 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:15:33 ID:Hw7QBwTBO
泣き叫び逃げまどう子供を生きながらに腹を裂きその血で…
おぇっぷ、吐く。

580 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:19:21 ID:gTscmZWp0
つーか体験談あらいなおしたいんだが、
だれか張ってください。

581 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:20:27 ID:Zrk7ATS10
そんなひどいやり方を非力な子供に本当にしたのかな。
だからこそ箱は恐ろしい力を持ったのかな。
いやだ~、今夜も眠れない(;;)

582 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:21:13 ID:Zrk7ATS10
さげわすれました すまん!

583 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:22:52 ID:jgSGohR90
>>580

>>12

584 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:25:50 ID:76ehaTiAO
>>577

585 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:26:22 ID:jwSF/bg90
自分の子供を自分の手で惨殺する事が大事だろ。
親、子供どちらにとっても絶望しかないわけだ。
その負のエネルギーを箱に封印したとしたら・・・・・。
そこまでする程、迫害され追い詰められていたんだろうな。

586 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:37:59 ID:RKFr/JjoO
記念カキコミカキコミモウス~

587 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:38:39 ID:JiYqZOdgO
こんな事書いちゃイケナイ事かもしれない。
イッポウなら作れるのではないか?

自分で中絶して、その子をつかって、箱に入れて

あとは憎むべき奴の傍に置いて置けばいい。

一番恐いのは『生きてる人間』だよ。

588 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:41:01 ID:861ovI2z0
一番怖いのは『調子にのった時の2ちゃんねらー』だよ

589 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:41:01 ID:odb3FJBc0
神社でググって発見がありました(既出だったらごめんなさい)
コトリバコ=狐酉箱というご意見ありましたが、それに関連して。

人に取り憑いた狐を追い払うのに犬、狼が効果的らしいのですが
狼神社というものも実際存在するようです。
だから何だと言われればそれまでですが、糸口のような気がして。
もう少し調べてみます。

590 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:45:15 ID:NjzV0bm20
コトリバコを作りつづけるって事は、その部落の子供達が居なくなるって事。
いずれ全滅。

591 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:50:40 ID:Hw7QBwTBO
>>588
>>590
禿胴。

592 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 01:58:14 ID:UG/MXRMV0
>567見てヤバイ想像してしまった・・・。

ハッカイを作る工程で、選ばれた子供8人のうちの1人が強制されて他の7人を次々と・・・

最後にはその子も捧げられて・・・・・。

ダメだ・・・これ以上想像するのヤバスギ(;´Д`)

593 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:02:37 ID:95SG2IzI0
(゚Д゚)ハァ?

594 :龍人 ◆XHKDIsPEFA :2005/06/13(月) 02:03:51 ID:Est/MNaXO
本文書かないとカキコ出来ないんだね(´・ω・
)ショボーン

595 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:05:49 ID:k0S8cEG70
細工箱を作ったのは部落の人間であるということはほぼ無いだろう。
一般的に部落の人間は、生産活動に従事する事が許されずそういう技術を身に付けているものは殆ど居ないと言ってもいい。
中身を提供するのは部落民だっただろうが、外見の箱は他の集落の人間が作ったはず。
箱を管理している家は、何らかの形で箱に関った者だろうな。

596 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:07:06 ID:O+RkhPXz0
前から何度か出てるんだけど
イッポウニホウの呼び方について
「子供の人数」と「子供の歳」
人数での呼び方は書いてあったけど歳に
ついては記述がなかったような?
これの回答ありましたっけ?ささいなこと
だからスルーされてるのかな?もし私の読み飛ばし
だったらすいません。

あと個人的な妄想だけど天然痘と関係ないかな?

597 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:08:27 ID:NjzV0bm20
コトリバコで実害を一番受けたのはコトリバコをAA氏によって伝授された部落衆
たぶん一番多くの人が亡くなっている。

まずハッカイを作らせることで自分の子供を殺す免疫をつけさせ
イッポウ~チッポウまでならいくらでも作れるという暗示をかける。
村の為、存続の為という名目の元最初の8人の死を無駄にしないため作り続けなくてはならない。

AA氏の真の目的は・・・・・

598 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:11:25 ID:GMnVjdsyO
>>596
小箱氏は制作方法を全て書いてる訳じゃない。

599 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:14:08 ID:GMnVjdsyO
>>597
最初のチッポウ以外は、間引きせざるおえない時の子供を利用している。

600 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:15:13 ID:O+RkhPXz0
>>598
そうか、わざと伏せてるんですね
了解っす。

601 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:20:31 ID:GMnVjdsyO
>>600
計算間違いを指摘された時にはレスしてたが、この件はスルーだから。
そう考えて触れない方が良いだろ。

602 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:25:03 ID:O+RkhPXz0
そうですね、すいません
読み飛ばしちゃったのかと思って
了解です。

603 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:30:27 ID:cVvkYownO
今まさにハッカイが、どこぞの納屋で発見されたとして
お祓いできるものなの?
チッポウでさえ呪いを薄める為に3世帯でまわしてるんでしょ。

604 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:38:09 ID:861ovI2z0
細木数子なら、なんとかなりそう

605 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:44:33 ID:mluL3NEF0
コトリバコは祓われたというより、封印されたのでは?
封印された状態でM神社に安置されているとしたら
ハッカイが見つかったら今まで封印されて来た箱全てが解放され
大惨事を招くことにはならないでしょうか?

606 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:52:38 ID:dGRWLm330
>J「次の持ち回りの家に渡す。他の班でも同じです。3家だったり4世帯だったりしますが。

>M「箱を作り続けて13年目、16個目の箱が出来上がっていた。
>M「イッポウ6つ、ニホウ2つ、ゴホウ5つ、チッポウ3つ

少なくとも48世帯以上が関わっていた計算になるな。

607 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 02:53:49 ID:LncBSV600
これは作家志望の香具師の手口だな
大体そんな効力がマジであれば、WW2で負けてないってばよ

608 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:04:40 ID:Hw7QBwTBO
>>607
どうやってワシントンまで箱を運ぶか、だな。
あるいは艦船の甲板にどうやって箱を降ろすか。
箱あっても勝てねぇよw

609 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:07:20 ID:Wq3SKrnz0
>>607
塾長を3人用意する方が現実的だな

610 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:08:28 ID:YNhSQTr20
>607
軍人は向こうも男ばっかり

611 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:14:11 ID:+CiyrBN+0
>>545
地域によっては集落=部落という意味で使ってる所も結構あるから
一概に部落=被差別地区を指す差別用語とは言えないんだけどね
現に漏れの住んでる地域は昭和時代までは「ここの部落は~」
「あそこの部落は~」なんて普通に言ってたし
本当にその手の地区を指す場合は地域ごとに別の単語を使ってた
まぁ漏れも婆さんが一回だけボソッと言うのを聞いたきりだったが…

でも他の地域からの人口流入が激しくなった平成以降くらいから
他地域転入者への無用の誤解を避ける為と学校関係でその手の
用語を排除したので急速に廃れた言い回しになった。

612 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:20:06 ID:FGRUPsg70
>>592 それに似たのがあったな・・・なんだっけ。

613 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:29:08 ID:cWF1Jw9K0
>>604
むしろ、細木和子にハッカイかチッポウを投げつけて効果を見たいなw

614 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 03:42:59 ID:Hw7QBwTBO
>>614
箱相手に説教始めそうだな

615 :614:2005/06/13(月) 03:44:45 ID:Hw7QBwTBO
>>614×
>>613○
呪いか!?

616 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 05:07:09 ID:wNkf2zub0
ズバリ言うわよ!!

617 :數子:2005/06/13(月) 05:15:00 ID:yp8YFelzO
あんた達!
馬鹿な事やってないでもっとしっかりしなさい!
地獄に堕ちるわよ!!

618 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 05:58:54 ID:puzikTUO0
民族板にことりスレ建てられたときはすごく情報が」集まるだろうっと期待したのに、なんか未だに箱の
大きさとか想像してる、、、、、ちゃんと小箱さんのカキコにだいたいの大きさが書かれてるのに。
箱根からくり箱のことも知らないみたいで、クギなしで出来るのか?とかのレスもあるし、、。
こりゃダメだ ってこと?

619 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 06:06:06 ID:7ZF+snNl0
>>613
マジレスしちゃうけど、細木のおっさんには効かないと思われ…。
あのおっさん、閉経してそうだし。

620 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 06:30:37 ID:fSbNfgx90
今この話読んだんスけど、面白いとか興味あるっていうより、本当の事だったらS級のヤバさじゃないですか。
すごい最近の事だし、もし盗まれたりしたらどうするんでしょうね。

621 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 06:57:10 ID:xNi0eJpM0
>>618
他力本願な上に期待までしておいて、更にそんな文句は言えまいて。

622 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 07:08:50 ID:kQJFyDm70
効果があるのは『女と子ども』って漠然としてますね。
子どもっていくつまでを指すのかな
元服し(儀式として大人になっ)たら大人なのか
男の子だったら精通が来たら大人なのか
女に効果あるってのも、女だって元々子ども産めない人だっているわけで
そしたら子孫繁栄とは関係ないんだから死なないんじゃないだろうかとか、
もし、体型が女であれば効果があるとして
ニューハーフには効果あるのかとか
色々よけいな事を考えてしまいましたよ

623 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 07:12:46 ID:puzikTUO0
>>621そうだね、文句いうべきじゃないよね。
オカ板のことコバカにしているイメージあったけどこんなんだったらオカ板のみんなの方が
物知りじゃない って思っただけなのさ。

624 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 07:24:58 ID:eKYnedbH0
呪いに関しては多少お答えできます。
女子供に対してのみ対象をする何かがあったということでしょう。
このスレのレスにもありましたがハッカイがそれを超えるもの。
つまり男を対象までできるものではないかと思います。

もっと詳しく書きたいのですが何かヤバイ気がしますので止めておきます。
ただ、その部落がそこまで追い詰められていたことに関しては何か作為的なものを感じます。
その部落の人々が追い詰められていた原因を探ったほうが後の世の戒めになるかと思います。
(おそらく2chに掲載することを許したMさんの親父さんの意図はそうではないでしょうか)

625 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 07:30:27 ID:yp8YFelzO
なるへそ。
ま、今回はここにはたまたま物知りが集約したと思うし
あっちは人が少ない印章があるし、
気長に構えていたら多分興味沸く人も増えるんじゃないかと。
小ばかにされやすいジャンルだしそこは仕方ない。
オカルトじゃなく最初からあっちに相談していたら
違ったかもしんまいね。
(それには起こった恐ろしい不思議な部分は省略しないと
相手にされ無さそうだけど)

626 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 07:32:18 ID:yp8YFelzO
>>625は>>623へのレスです

627 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 09:11:39 ID:3jqD5vYyO
男にも効くとあるがもしそうなら運んでいるAA自身にも効果が及んでしまう。
少なくともAAが持ち去った時点ではハッカイにそのような効果はなかったと言える。
また後からでも何らかの行動を行なえばそのような効果が得られるとしても、
本人は自ら命を断つと言っている文脈からハッカイによる自害ではないのではと感じる。(超憶測w

でも中身を知った上で特定のお守りや能力があれば防いでいられるのかもしれないか…
もしくは何らかの対象限定ができる?
つか普通は対象を限定するよな?
物理的な範囲でなく対象者の一族を七代祟るとか。

部落で作られたままでは対象への思いが曖昧過ぎる気はする。
なので後から対象を指定する何らかの行動を行なったと推測される。
つまりあの時点で本来のハッカイたりえてないのでは。(イッポウ~チッポウと同じ製法からしてあの状態ではハッポウと呼んでもいい?
もしかしたらそれにより姿形が変わっているかもしれないし、一回きりの呪法で既に残ってないかも?(使い捨ての呪具ってあるの?

トーシロが携帯で書きながら妄想してるので妙な長文スマソ

628 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 09:27:01 ID:ru5bxB8d0
部落が追い詰められた原因か…子孫繁栄に逆らうことかな?
うろ覚えだけど奈良の都を移したのは大仏建造時、金を塗る時に出る化学物質が
大気中にでたり川に混入したりして人民が悲惨なことになって
それ以上住めなくなり、それら中毒症状を「たたり」とよび遷都した、という論文をみたことがある。
岩見銀山で酷使させられてたなら銀を精製する過程での
化学物質中毒で死産、奇形児多発した、とか。
ハッカイはバトルロワイヤル形式でチッポウ作成して
残った一人も…ryって奇ガス。ふと頭に浮かんでなんか怖いのでカキコ。
蓮画像といい、コトリ箱といい現代にもオカルトは健在だねえ。
ヒトラーが傾倒する訳だよ。

629 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 09:31:30 ID:4UJHmVib0
皆トーシロだから安心しる

下手な鉄砲も略だしな

630 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 10:23:54 ID:Dwj/7lcr0
女子供を殺す7からさらに進んで8は男が全員インポになるというのはどうだろうか

631 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 10:32:33 ID:osOD7JmG0 ?
そういえば、ハッカイが完成してから140年以上を経て、
日本は本格的に少子高齢化時代に突入してるんだよな・・

632 :キバヤシ:2005/06/13(月) 10:43:17 ID:RapJaFnL0
実はA=小箱氏こそがハッカイを継承するAAの子孫で2ちゃんねるを利用して阿頼耶識の法を完成させ
隣の住人をしばいて引越しさせるのが目的だったんだよ!

633 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 10:49:48 ID:vaJTbLty0
封=IN
開=OUT

エネルギーライン端末をオカルト的手法で作っただけかと思われ

634 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 10:51:29 ID:vaJTbLty0
上げてしまった・・・

吊ってくる

635 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 11:27:43 ID:PsgPO3jb0
亀レスだけど>>219ってどうなの?
確かにAAはハッカイを使って箱の効果を説明したんだよね。。。
例えば8人という八卦(←ハッカと読んだりもするんだよね)にも通ずる数にすることで、
呪いの力が安定かつ強大になるとか。

636 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:10:45 ID:kjT3OrPs0
つーか、こんな絶大な効果のある呪いの箱が存在すると思ってるのか?
じゃあなんで部落はいつまで差別され続けてるんだよ。
現実を見なきゃ。
M氏の話ではこの箱を利用して嫌がらせをやめさせた、っていうじゃないか。
で、現状は?

637 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:13:22 ID:aBtOi7Pl0
>>624 >>627の前提は

8≦こえるもの (8含む)

対し>>523の前提は

8<こえるもの (8含まない)

つまり9の存在を考えている。
「以上」と「より上」は別物。

638 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:21:04 ID:BZ/81/ab0
>>636 何言いたいのか解らんのだが

639 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:39:06 ID:0C6F+h5c0
>>623
>オカ板のみんなの方が 物知りじゃない って

まさか。
向こうの住人にスルーされてるだけなんじゃないのかね。
終始板に張り付いてる人もオカにくれべればずっと少ないだろうし。
とちょっとオモッタ。
いや、かくいう私も向こうからの情報には期待してるんですけどね。
微妙によばないネタなのかな。向こうには。

ところで「イッポウ~ハッカイ」から
「すべてを統べるひとつの指輪」を連想した人がいてもよさそうなものだが意外にも言及している人がいないようで。

640 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:46:40 ID:xFhNtYQiO
AAが箱を持ち出した後、私怨でそれを使ったのならば対象の一族の女子供を皆殺しにした後、その一族の男達によって破壊されているかもしれない。

【ハッカイは現存していないよ派】

641 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:49:25 ID:2R/Qrnp60
トールキンは明治25年生まれ

642 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:51:04 ID:BZ/81/ab0
素人が破壊できるもんならM氏が小便漏らす事もなかったと思うが

643 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:53:16 ID:vaJTbLty0
>>642
壊すだけなら可能なんじゃないか?
その後の祟りなんか全く考えなければさ
意外と歴史上の事件とかに関わりがあったりして

644 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:55:29 ID:0v7HNseu0
>>639
神社仏閣板の方がいいんじゃない?
あと、日本史板とか。

645 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 12:58:23 ID:NjzV0bm20
お祓いの済んだハコってどうなったの?
やっぱ焼くの?

646 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:01:54 ID:LtACST3d0
ガイシュツかもしれんが、箱神様の話に似てるな。
田舎とかで、箱神って呼ばれる箱を、当番の家が一年ごとに持ち回りで守る風習。
確か、1年か2年おきに箱の中身は山の中で拾ってくるはず…。
誰かしらない?てかガイシュツだったらどこにあるか教えてください。。。
ことりばこスレ探したけどわからん。。。

647 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:08:02 ID:aK2NbiNq0
>>646
何気に貴重な関連情報・・・
どこで聞いたのかとか詳しく。

648 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 13:08:45 ID:22yx8oHu0
何故箱ごとにいけにえの数とその効果に差があるのだろうか?
間引きに対する正当化の為に、差別解消を使ったんじゃないかと思ってる。
ただ貧しいから間引きするのではなく、その貧しさの原因に対する意思表示として、どっちにしろ間引き
せざるを得ない子供を攻撃として使ったのではないだろうか?

もう一つ考えられる事は、心理的呪詛効果のみの場合より排斥されるのではないだろうか?
貧しく不衛生な場所で血や様々な汚物を木造の箱で湿った場所に保存する事で最近を繁殖させた
のではないだろうか?しかし、そんな汚いものをただ相手に渡せば汚物として処理される。
そこで、凝った木造細工を作ったのではないだろうか?そして、ほぼ密封した空間で最近はいつか死ぬ。
そして、免疫力や体力の低い女子供にその細菌は聞いたのではないだろうか?
多分AAは、使う木も特定してたと思う。細菌を培養しながら、撒き散らしてたのではないか?
今で言う生物兵器の原型みたいなものでは無かったのだろうか?

649 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 13:11:56 ID:22yx8oHu0
>>648書き直し

もう一つ考えられる事は、心理的呪詛効果のみの場合より排斥されるのではないだろうか?
実際に効果がないと、さらに排斥される原因になる
貧しく不衛生な場所で血や様々な汚物を木造の箱で湿った場所に保存する事で最近を繁殖させた
のではないだろうか?しかし、そんな汚いものをただ相手に渡せば汚物として処理される。
そこで、凝った木造細工を作ったのではないだろうか?そして、ほぼ密封した空間で細菌はいつか死ぬ。
そして、免疫力や体力の低い女子供にその細菌は効いたのではないだろうか?
多分AAは、使う木も特定してたと思う。細菌を培養しながら、撒き散らしてたのではないか?
今で言う生物兵器の原型みたいなものでは無かったのだろうか?
そして、そののろいの効果から細菌の種類が類推される可能性はないだろうか?

650 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:12:49 ID:vaJTbLty0
>>646
今市子の百鬼夜行抄にその話ある

651 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:13:23 ID:8TC8kHJb0
前スレ605にもあったけど箱の中には歯とか入れてるんじゃない
引きちぎられるわけでしょ、
でも歯を奉る神社って聞いたことないな

652 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:19:30 ID:E8MdXMJs0
あーそうかも>生物兵器
肉片と血を食べて生きてたのかも。

653 :480:2005/06/13(月) 13:20:20 ID:0v7HNseu0
さて本日の「ぐぐってハッカイ!」ですが…
ttp://www.e-oki.net/kankou/study/rekisi/okiisin.html
これによると
「正義党(隠岐側)の方は14名の戦死者を出し、その全てが遺体に弾痕があったこと、負傷者8人、入牢者19人、被縛者6人が記録されています。また松江藩の追求を逃れるために各地の港から島を抜け出したものも数多くおり」
逃亡した者はたくさんいたそうで、AAはその中の1人かも知れません。
しかしながら、強力な恨みを持つことから、14名の戦死者の肉親である可能性は強いでしょう。

さらに
「松江方は山郡宇エ門が切腹、鈴村祐平が家禄没収、禁固一年半が二人など、隠岐方は横地官三郎が徒刑一年半、忌部正弘が禁固一年、杖百が井上甃介他4人などで松江方の処分が重く、騒動と言うには相応しくないことが分かります。」

この時点でAAはそれを知る由もなかったかも知れませんが、
松江側の責任者?は切腹しています。
ハッカイの矛先を向ける相手は既に存在していないのではないか?
AAに明確な目的があれば、ハッカイは使用済の可能性もあるのですが、
これでは使用されずに残っている可能性も高いです。

そして「▼ その後の同士達」の項目
興味深いのは 「軍事の責任者であった横地官三郎は…志を成し遂げることの出来なかった自分の生き様に幻滅を感じたのか、隠岐を離れ各地を転々として広島でその生涯を閉じました」
もし、隠岐独立の夢をAAが継いでいたのなら、広島で横地と合流した可能性もあるのでは?
「(横地は)二度と再び故郷の土地を踏むこと無かった只一人の同士でありました」
となっていることから、逆にAAは隠岐に戻っているとも考えられるのですが…

654 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:26:04 ID:vaJTbLty0
>>649
それだと老人とか身体の弱った成人男性にも効き目が出るかと

655 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:33:08 ID:r1CqgloY0
>>646
自分もオカ板で似たような話をみたことあるよ
どこだったかな・・・

656 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 13:34:21 ID:22yx8oHu0
>>654
老人や弱った成人男性が苦しんで死んでも呪いというよりは、その弱ったせいとか老いとかのせいにされて
呪いのせいにならないから、心理的な効果を呪いの効果を女子供に限定したんだと思う。
もしくは、実際にそういう風に老人や弱った男性が死んでも、呪った側が呪いが原因だと気付いてない
のかもしれない

657 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:36:13 ID:vaJTbLty0
>>656
同時期に周りで女子供がバタバタ死んでるのに
男と老人の死が別カウントされるってのはリアリティ無いよ

658 :480:2005/06/13(月) 13:38:51 ID:0v7HNseu0
『ぐぐってハッカイ!』>>649の意見を元に
ttp://www.lares.dti.ne.jp/~takuhi/folder/868-901.html
これは、隠岐にある焼火神社のHP
ここの隠岐歴史年表、西暦1868-1901のURL

これによると
1890 コレラ騒動
1893 浦郷村に赤痢大流行。羅病者五百十五人、死者八十人にのぼる
しかも
「十月十四日暴風雨があって仮病舎が破壊して百有余の患者を一時は、
自宅に移したりして、混雑を極めたものであった。三度避病舎も転覆した。」
赤痢に苦しむ100有余人を収容した、仮病舎を襲う暴風雨。
ハッカイが隠岐に戻り、その呪いの発現にぴったりというか…

ただし、小箱氏の書き込みによると
チッポウの呪いがSに入り込み、M氏がそれを祓っている描写がるあるので、
それを信じるとしたら細菌類である可能性は減るんですが…

659 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:38:53 ID:dahcR3t30
血を吐いて苦しみ死んだ=……やっぱ毒じゃね?
と言う俺なりの仮説。

毒殺自体は当時では珍しいものではないが、
ことりばこによる飲食物に直接混ぜないタイプの毒殺法は、
当時の部落民にとってはハイテク犯罪の最先端だったに違いない。
床屋一家の無惨な死に様は、周囲の村人たちの目にはまさに呪いの
なせる業にうつったと思う。

一方部落側としては、その後の対応に迫られる。
部落迫害に対する警告としてその役目を全うしたことりばこ。
扱いを間違えると部落民にまで危険が及ぶため、ことりばこを封印。
封印するなら焼却処分すればよい、という考え方もあるが、
部落を守るための抑止力として、
「呪いのことりばこは部落で保管されている」
という認識を内外含め永きに渡り人々に定着させる必要があった。
そして、

*二度と作らせない
*メカニズムを解析させない
*ことりばこ自体を安全に保管し続ける
*威力が持続しているように見せかける(自然死をことりばこに関連付ける)
ために家単位での持ち回りシステムが生まれる。

ことりばこは部落にとって、最も恐ろしく、かつ絶対的な守護神であったといえる。
守り神である以上、土地の神社が管理することは自然な成り行きだろう。

山、海の神の怒り、祟り……畏敬の念を抱かせることにより
地域社会のバランスを調整する。
これらは昔から取り入れられてきたポピュラーな方法。

オカ板としてはロマンのない話ではあるが……弔文スマソ

660 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:38:56 ID:2F3lxuXo0
>651
それ書いた者ですが、なぜ歯を入れたのかと書いたのかというと、ホワイトマウンテン系の
いくつかは虫歯を治してくれる御利益があると信じられていて、直ったお礼に抜けた歯を
奉納するなどの話があるからでした。

直接歯を奉っているわけではないですが、歯を奉納する事からもしかして関わりあるかなと。

661 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:39:20 ID:cVvkYownO
今更ながら言うがM氏がお祓いをしたのはつい最近のこと。

662 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:40:06 ID:nAuCFZDp0
そんな危ない武器を持っているなら、攻め滅ぼされそうなもんだけどな

663 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:40:08 ID:vaJTbLty0
>>655
>>650
たしか山の神の話が毎年裏山からご神体を持ってきて箱に入れるって下りがある

664 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 13:45:35 ID:22yx8oHu0
>>657
保存した場所が湿った場所という事から考えても、老人や病人は触れる事が無かったんじゃないかな?
それと箱のサイズや造詣からして、子供に注意を向けたものかも。

665 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:50:34 ID:0rSQ5Lm10
【ハッカイを作りたくなった人が呪術に陥ってるよ派】

術を掛ける相手の懐に潜り込み
一蓮托生な共同体状態に成った所で
もろとも貶める術。「イズナ落とし」

「伊豆直俊」さんとかが開発した術では無い(と思う)。

666 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:50:43 ID:vaJTbLty0
>>664
それでも接触感染又は空気感染による2次感染の可能性はあるでしょう
直接接触しなければ感染しない程度の菌だと感染自体が行われない可能性のほうが高い

667 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:52:02 ID:cVvkYownO
細菌だったら、お祓いではどうしようもないよね。

668 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:52:35 ID:8TC8kHJb0
>>660
そうだったんですか、情報ありがとうございます。
虫歯を治すご利益とはちょっと雰囲気違うかもしれないですね。
神社が特定されるようなことがあったら迷惑かかりそうだけど
でも気になりますね・・・。

669 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:54:26 ID:0v7HNseu0
手のひらを傷つけて、その手に箱を括りつけて持って帰ったMって…
自分の体でワクチンでも作ってるってこと?

670 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:54:50 ID:BLVZDzRwO
さげます

671 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:55:23 ID:0rSQ5Lm10
>>665
>術を掛ける相手の懐に潜り込み
>一蓮托生な共同体状態に成った所で
>もろとも貶める術。「イズナ落とし」

※危なくなったら仕掛け人は逃げる。
(または 相手を煽るだけで
仕掛け人は最低限の安全を確保している。)

672 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:56:00 ID:0v7HNseu0
「リング」と「らせん」みたいな話になってきたな

673 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:57:03 ID:AJasm87M0
仮に細菌だったとすれば製造過程で
ばたばた死んでもおかしくないだろ。

失敗した例もあるみたいだが、どんな失敗なんだろう?

674 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:57:19 ID:E8MdXMJs0
男性ホルモンに弱い菌?精子に弱い菌?

女性、子供は成人男性と食卓分けてたのは関係あるかな。
・綺麗な細工箱を触りたがるのは女性、子供→直接触れたことによる一次感染
・女性陣が調理して子供達と台所(土間だから薄暗くてひんやり)で食事。
小さな子には食べさせたりするし、おしゃべりしながらだったら飛抹感染
・死亡時に出血や嘔吐が伴うので飛抹感染
菌自体の生命力は弱いんだとおも。
エボラを連想して妄想してみますた。

675 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:57:43 ID:wk7XqVKMO
つまり
告白→同棲→裏切り
て事?

676 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:00:38 ID:vaJTbLty0
ところでこの話、初期設定にレトリックが紛れている気がする
当時の一番の隠岐での被害者が意図的に省かれているんじゃないかな?

677 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 14:01:17 ID:22yx8oHu0
さっきからサゲ忘れててスマン。

>>659
そうかもしんないな。焼却処分が出来れば呪いとしての意味を成さない。
呪いの表明と呪いの効果

>>666
箱にランク付けされてるのは、感染する確率が強いもの程危険だからじゃないか?
一が効かない人間でも七が効く人間もいる。どんな細菌や毒素を作ったのかは解らないが
多分中身の細菌の繁殖はある程度方向性があって、そこで繁殖した細菌によって効くか効か
ないかの違いが現れるんじゃないかな?
呪いが百発百中なら、本物の呪いかもしれないと思うけど、呪いの強弱が同じ効果にあるって事は
百発百中では無いからだと思うし。

678 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:03:10 ID:NjzV0bm20
昔あった呪いの箱ってのが細菌兵器の祖としての説も成り立つが
M氏のお祓い云々がある限り、細菌説は無いかなーと思う。

679 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:09:50 ID:vaJTbLty0
>>677
細菌の培養を確実に制御できる時代ではない事がひとつ
致死的な細菌の感染を制御する方法は今なお確立されていない
そういう管理が出来るなら昨今のウィルス騒動は起きないでしょ

680 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 14:10:04 ID:22yx8oHu0
>>672
俺もそうおもった。呪いだけが意思の無い無機質な物質に閉じ込められるのってリングっぽい。

>>673
多分培養期間があったんだと思う。製作途中では繁殖しないような。
ある程度の繁殖期間を置いて、渡したんだと思う。

>>674
はらわたの血を箱に入れるって言ってるから、なんらかの腸内細菌辺りじゃないかなあと
妄想してる。ただ、寒天とかガラスの上で培養するような細菌は木の箱の中で繁殖するのか
なあ?微妙だ

681 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:10:09 ID:Kooh5gdoO
一体部落のひとたちは何をされていたの?

682 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:12:11 ID:NjzV0bm20
ムーミンさんの説は、その当時だったらって話なのでは?
確かにその当時細菌兵器なんて分からないと思うから原因不明の死の恐怖が蔓延するけど

今話してるコトリバコは、まさに現代での話なんだよね。

683 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:14:43 ID:dahcR3t30
>>681
ひどいこといっぱい
ググるなりリンクを辿るなりして自分で調べた方がいい。
文字数、内容共にスレで許容できるレベルじゃない。

684 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:16:09 ID:qUzqXh2N0
>>681
昼に食べようと思ってたペヤングに3時間前にお湯入れられてた

685 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 14:17:45 ID:22yx8oHu0
>>679
ウィルスと細菌はまったく違うものです。
細菌の感染を大まかに制御してきた歴史があります。
例えば
「1346年、カファ(現在のクリミア半島フェオドシイス)包囲中、
タタール陸軍にペストが発生した。攻撃者は死者の死体を城壁を越
えて投げ込み、その後に起こった伝染病の流行は、防御者に降伏す
ることを強いた。カッファを去った若干の感染者がヨーロッパ全体に広
がった世界的流行病・黒死病の始まりかもしれない(情報源:細菌戦(BW))」
ここから抜粋
ttp://maneuver.s16.xrea.com/weapon/biowfaq.html#Q03

686 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:22:41 ID:vaJTbLty0
>>685
あぁ、すまん
確かに混同している書き方をしている
酒とか納豆・ヨーグルトなんかも細菌制御で作っているのは確かにそのとおり
兵器としての細菌利用も確かにあっただろうが
性別を振り分けて感染する致死的な細菌の例は俺は知らない

687 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:23:51 ID:y+VIsphLO
>>646
私も似たような話をどっかで読んだか聞いたかしたな
ただし箱じゃなくて「旗」だったと思う

書き込みついでにどうでもいい話
神社で子取りといえば狛犬がまっさきに思い浮かんだのだけど
なんのヒントにもならなさそうですね・・・

688 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 14:28:53 ID:22yx8oHu0
>>682
現代のは、なんていうか信仰とかの結果だと思う。
Mさんはなんの準備もなしに呪いを解いてるし。
現代での被害者がいるわけでもない。

『M「そして、住民たちは13年に渡って箱を作り続けたそうだ。
M「ただ、最初の箱以外は、どうしても間引きを行わなければならない時にだけ
M「間引いた子の身体を作り置いておいた箱に入れた、ということらしい。
M「子供たちを殺すとき、大人たちは
M「△▼を怨め、△▼を憎め、というようなことを言いながら殺したらしい。
M「殺す罪悪感から少しでも逃れたいから、△▼に反らそうとしてたんだろうな。』
って事からも実効能力よりも、作る事に重い意味を置いてる。
少なくとも現代まで効果が残るとしたら13年作り続ける事と何個も作る意味が無い。
『M「箱の外観は分かるよな・・・ Sが楽しく遊んだっていうように
M「非常に子供の興味を引くであろう作りだ。
M「面白そうなおもちゃを手に入れた男の子は家に持ち帰り。
M「その日のうちに、その子を含め家中の子供と女が死んだ。』

子供が死んだから作るのを止めるというのもおかしな話で、間引きによって作られてきた
背景があるのに、一つの家が潰れただけで作るのを止めた。
多分、伝承が根付いたから止めたんじゃないか?とも取れる

689 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:34:00 ID:NjzV0bm20
話はずーと前に戻るけど、M氏がSちゃんが持ってきた木箱をコトリバコと言って
Sちゃんの中に入ってる悪霊?みたいなものをお祓いする。

で、疑問に思ったのだけどもSちゃん自身には別になんの変化もなかった
小箱氏もKちゃんも見た目じゃSちゃんの変化に気づかない
気づいてるのはM氏だけ。
お祓い方法は、M氏の手を切る、呪文、血を飲ませる。
これでSちゃんが吐いたから悪霊退散ってことになったらしい。

なんとなくだけどM氏の一人芝居で全ては完成する話っぽいな。と思ったり。
『怯えるな!怯えるな!!』と血だらけの手を口に突っ込まれたら誰でも吐くわな。と。

いや、ネタだとかそんな話じゃなく、こういう方向もアリかなと。

690 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:36:02 ID:3KUGDKEK0
>>681
部落がある地域の周りなんて農村だろうし、貧乏ヒマなしの農民がわざわざ迫害してるとは考えにくい
対立が際立てば、死人もでるしね。徹底的に関係を絶たれたんだと思う

691 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 14:38:43 ID:22yx8oHu0
>>686
多分心理的な原因かこの呪いの統計的な原因かで、女性や子供にかかるとされているんじゃないかな?
性別の振り分けが厳密に行われていたかどうかは解らないわけで。Sちゃんに効果は無かったし。

>>689
ただJさんもその話をしているわけで、何かしら可能性はあると思う。
もし一人芝居でJさんもグルだとすると、なんでそんなことするのか解らないし。

692 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:41:43 ID:0v7HNseu0
>>690
その貧乏ヒマ無しの農民のスケープゴートたるための…
江戸時代の身分制度の成り立ちを調べることをお勧めするよ

693 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:44:46 ID:NjzV0bm20
そうだったJさんも絡んでるだったね。
やっぱ今は信仰・迷信の類で、その当時には絶大な威力を秘めたとされる箱だったのかも。
今尚、2個のコトリバコがあり、それをM氏が除霊すれば良いってのも信仰的な感じだし。

694 :sage:2005/06/13(月) 14:46:40 ID:bzReZNLF0
坂東眞佐子のエッセイに自分の実家での風変わりな慣習について
書いてあったくだりがあって
それが板か何か(この辺、うろ覚えです。ごめんなさい)を各家持ち回回覧?
していくものでその時は怖いというより「随分風変わりな風習が今でも残っ
ているんだなあ」と思ったのを覚えています。

このスレを読んで自分では深く考えたことがない習慣なんかにももしかして
禍々しいルーツがあるのかも…とちょっとゾッとしたり…

とおりゃんせや籠目なんかのわらべ歌も長じてからは気味悪いと解りますが
子どもの時は何も考えずに唄ってますもんね…

695 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:49:30 ID:0v7HNseu0
>>694
(´・ω・`) そりゃ回覧板やがな

696 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:53:16 ID:ZbLA1oFH0
回覧板ワロスw

697 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:54:50 ID:LDhhp1380
マルチしつもんしてきますた
フォローよろしこ

神社・仏閣
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1110208395/929-
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/999962589/165-

日本史
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1112497759/668-

心と宗教
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088081440/382-

とりあえず以上。

698 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:55:25 ID:q1nSLjw20
箱効果の分かる部分をぬきだしてみた。

M「女と子供を取り殺す。それも苦しみぬく形で
M「何故か、徐々に内臓が千切れるんだ、触れるどころか周囲にいるだけでね。
M「庄屋の家は・・・ ひどい有様だったらしい
M「女子供、血反吐を吐いて苦しみぬいて死んだそうだ。
M「面白そうなおもちゃを手に入れた男の子は家に持ち帰り。
M「その日のうちに、その子を含め家中の子供と女が死んだ。

上の言い伝えをすべて信じるならば、箱が家に持ち込まれてから
約24時間以内にはその家の女性と子供が死亡するということかな。
庄屋には献上したとある。ってことはまず受け取るのは成人男性。
(本人てことはないだろうけど使者も使用人も多分成人男性のはず)
だけどどんなに綺麗な箱でも、差別していた側は汚らわしいとかいって
触りもしなかった可能性はある。だから安全だったのかもとか思ったんだけど
「周囲にいるだけで」効果があるってことはこの仮説はやっぱ意味なしか…

>695 その風習ならうちの地域にも残っているぞww

699 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:00:12 ID:2c/LjbHz0
>>692
何が言いたいのですか?
迫害と言うと暴力的なイメージがつくが、百姓にそんなヒマはないと言っただけですが
目につけば石を投げられたり、棒で殴られたりもしたかもしれんが、部落まで出かけて行って迫害するヒマはない
完全に遮断されてた

700 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:00:39 ID:vaJTbLty0
細菌兵器云々は確かに興味深い話ではある

しかし、なんとなく気になっていろいろ調べると
初期の話の部分で意図して曲げて伝えてる気がやっぱりする
小箱氏とかM氏の段階ではなく、昔々の事の始まりの部分でだ

701 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:04:21 ID:0v7HNseu0
そういえば

M「AAはこの箱がどれほどのもので、どういう効果なのかを説明した
M「要望にあった子供と女を使ってね。
M「その子供と女の名前は、□■と$*(伏せますね)
M「そして、犠牲になった8人の子供の名前は _______(伏せますね)
M「聞いたことあるろ?
(俺らは知ってる名前です。でもいえません、ほんとにごめんなさい)

ここ、不明瞭だな。
製法の伏せられた部分の1つだと思うが、
箱を作る工程で死んだのは8人の子供だけでなく、
「要望にあって子供と女」
要望ってどんな?女も死んだ?
子供の選び方に意味があるのだろうか。

702 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:10:01 ID:u37h1+Ai0
AA氏は、ハッポウを作るための8人の子どもの他に、
効果を証明するための実検台として
1人の子どもと1人の女を別途要求したのだと思った。

703 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:15:52 ID:0v7HNseu0
>>702
たぶんそうだと思ったんだけど、
ならば一度ハッカイの効果も発現してるわけだ。
種類としてチッポウまでの効果とそう変わらないということか。

704 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:34:49 ID:z7tvBs7D0
前スレより

>706 名前:本当にあった怖い名無し[sage  ] 投稿日:2005/06/09(木) 17:59:31 ID:RFyVe99h0
>「カルラ舞う」の著者・永久保氏の掛かり付けの鍼の先生が、この様に述べている。
>『四谷怪談を演じても呪われない。
>しかし観客が <こんな罰当たりな事をしたら演者は呪われるに決まってる> と思う。
>そんな気持ちが<念>となって演者に悪影響を及ぼす』

この「呪い」の解説を参考にすると、箱の呪いのカラクリは
中に巣食った病原菌やバクテリアに、周囲の念、この場合は
「女・子供が悶死する」が作用するんじゃ?

トータル何人が犠牲になってるのかわからないけど
庄屋のところと、箱を薄めさせるきっかけになった家庭の2軒がでてくる。
成人女性は母親・姑・大姑の最大3人、子供3~4人。ハッカイ実験の2人
として10~20人程度の死亡か。
彼らは家の中などある程度閉鎖されたところにいた・箱が出来たてだったので
効きが良かったのであって、屋外で無差別に使ってたら
女性や子供のなかには、死なないですむ人も出てきたような希ガス。

>658のコレラ・赤痢騒動、>685のペスト騒動の関連性は興味深い。
ねずみ代わりとしての「綺麗な箱」なのかな。
せなけいこの「きれいなはこ」を思い出した。
綺麗な箱をあけたらオバケになった・・・んだったと思う。
あのオカルトな作風といい彼女は何か知ってるのかもw。

705 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:41:50 ID:84iYZc0S0
>>702
話の流れからいくとそれで正解じゃないかな。
女と子供を殺す効果があることを証明するための実験材料が
要望にあった子供と女だよな。
>>703
でもイッポウ、ニホウ、チッポウまでは「ほう(封?)」で、
AAは7人までしか作ってはいけないと村人に言ってたが、
自分のために作らせた箱だけ8人で名前も「ハッカイ」(八戒?)
ハッカイには、チッポウまでとは違った隠された力がありそう。

706 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:46:01 ID:6gFLchcl0
子供の人数で呼び名が決まって、
子供の年齢で、漢字が決まったりして。

707 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:46:31 ID:W1B8lwin0
ふと思った事でスレ汚しスマソ。
うちの家は、仁多町でとれるお米を食しています。
仁多米と言い、天皇も食す物だという事です。
天皇>米>不作>間引き
というあんまり箱とは結びつかないが、何となく気になって。
流れ嫁んでスマソ。あとはROMる。みんなガンガレ!

708 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:47:22 ID:2F3lxuXo0
妄想なんだけど、チッポウまでは「封(ほう)」すなわち、封じた状態で効果を発揮する。
ハッカイは「開(かい)」開いた状態で効果を発揮する。

とか考えたんだが、だとすると効果の説明の為に死ぬ事になった女性と子供一人
ずつを死に至らしめた方法が不明瞭。という事で、チッポウまでの効果は、子供の
遊び程度のもので付加的なもの。

ハッカイの『本当の効果』は、比べものにならないくらい恐ろしく、開いた時に
初めて発揮される時限爆弾なのではないかと……

そして、間もなくその封印が解かれようとしている。 ((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

709 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:51:17 ID:NjzV0bm20
ハッカイが、いままでの呪いを解くハコならいいなー
しかしハッカイの作り方を知っているのに、村民は律儀に守っていたのだろうか

ハッカイを作ったらお前達も呪われるゾ!的な戒めがあったのか。

710 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:56:14 ID:0v7HNseu0
>>709
そこ。
「7までしかダメだ」と言っておいて、
最初に作ったのが8。そして村人の前でその効果まで見せてる。
なんで8がダメか、の説明なしに、村人が信じるとは思えないんだよねえ。

711 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:56:46 ID:84iYZc0S0
>>708
開いた状態で効果を発揮するんじゃ意味ないんじゃないの?
そうじゃなきゃ、わざわざそんなものを呪われる側が開くとも思えないし、
箱を開かなければそれで終わりだし、術者が箱を開かなければならないなら
呪いは自分の身も危険にさらすと思う。
箱を開く行為はどの箱でも禁忌な気がする。
あんた何度も同じこと書き込んでない?八開だとか、まもなく封印が解かれようとしてるとか。
子供だましの脅しの物語みたいでつまんないよ

712 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:59:45 ID:861ovI2z0
>>710
それが部落クオリティー

713 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:03:01 ID:xNi0eJpM0
>>710
そりゃ何かしら秘密めいたような怪しさ満開の言い方されれば
「もしかしたらこれ以上(最初の一つ以上)8カイを作れば
もっととんでもない(女子供以外に男も危なそう)事になりそう」
って思っても差程不思議はないと思う。
字もあまり知らないとかなら、そういう雰囲気に飲み込まれそうだし。

714 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:05:11 ID:q9yQQtkQ0
>>694-695
を見て思ったんだが、最近は回覧板といったものは、
一般的になくなってきているのかね?

715 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:14:32 ID:vaJTbLty0
コレはあきらかに陰陽系か密教系呪法なんだが・・・・
血を使う辺りは立川流臭いんだが

716 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:17:59 ID:NjzV0bm20
この平日昼間のニート考察組は、なんかホノボノしてていいね。

717 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:19:48 ID:861ovI2z0
>>716
月曜日は床屋組だお

718 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:20:48 ID:jrXmr9hLO
八壊 八解 八怪 八界 八戒 八開

さぁ~どれだ?

719 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:22:10 ID:vaJTbLty0
外法箱の一種にホカイつーのもあるんだが・・・
音が訛ってるのは無し?

720 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:22:17 ID:NjzV0bm20
>>717
え?うちの方は火曜だよ。
これから髪切りに行こうとおもってた所。

721 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:23:54 ID:HImMjRU/0
>>719
このさい箱だったらなんでもあり

722 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:25:07 ID:NjzV0bm20
M氏が唱えた呪文についてはまだ先の話

723 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:26:59 ID:vaJTbLty0
日本の風土には、伝統的祝福芸という系譜がある。
それは実のところ、種々雑多、複雑多岐にわたっているが、大雑把にいえば、漂泊しながら祈祷や呪術を中心とした芸能を生業とした人たちである。
かれらの多くは常人を超えた霊能力があると見られ、畏怖される存在であった。たとえばホカイビト(祝祷人)がそうだ。彼らは相手の一家の幸福と繁栄を祈願して舞いながら祝言を述べるという形態をとった。
沖浦和光氏によれば、ホカイビトについて「山や海からやってきた神人は門毎に寿詞を述べ、祝福の舞いを添えた。

彼らは、食物を容れて持ち運ぶ行器を持っていたので、〈乞児〈ほかいぴと〉〉とも呼ばれた。
また、その行器は、彼らがカミと交感する場合の呪具を収める容器だったのではないか。
つまり、古代の遊行神人は、この寿を述べる〈祝言人〉であると同時に、門毎に食物を乞う〈乞食人〈ほかいぴと〉〉であった」という。

ホカイビトは、いわゆる門付芸の源流に位置するが、人を祝福するという呪術行為は視点を変えれば、人を呪詛することも可能であり、二重の意味を持っていた。
つまり彼らは異界の呪力を操ることができる異人として特別な眼で見られることにもなった。

ホカイビトと一口にいっても、陰陽師や唱門師や山伏なども兼ねた者もおり、その辺の定義は判然としない部分が多いいが、いずれにせよ、かれらはすべて異形異類の者とされていた。
事実、人を呪って病気にするだけでなはなはく、甚だしきにいたっては、その効果のほどはいざしらず、呪殺専門の陰陽師もいたのである。
ということは、彼らを必要とする社会状況が厳然と存在したことにほかならない。
そうした関係性のもとに彼らは闇の力を存分に発揮したのだ。

724 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:33:06 ID:vaJTbLty0
つうのがググったら見つかった

725 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:36:14 ID:861ovI2z0
>>720
いってらっさい ノシ

726 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:36:55 ID:WxgsLt/50
あれだ、細菌で弱らせて呪いでトドメ

727 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:45:10 ID:AmfXke630
ハッカイが八開っていう小箱氏の勘は当たってるんじゃないかな。
で、最初にハッカイを作らせてそれを使ったのもキーポイントだと思う。
最初にハッカイを使う事によって箱の呪が始ったのかも
だから 八番目は開。
八は末広がりだし、これから長く呪が続くというのにも好都合な数字だと思わない?

でも、ある種族の動物を根絶やしにする為に
同種の動物を惨殺してゴニョゴニョする呪って、世界中に結構あるよね

728 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:46:59 ID:q1nSLjw20
M「ただ、自分の持っていく箱、ハッカイだけは7つまでの子を、八人をくれと

ハッカイだけ材料(語弊があるが)の子供の年令まで指定しているのは
なんでだろう?

729 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:48:14 ID:WxgsLt/50
呪いはあくまで肉や血で作るもんでなく
怨念やら人の想いで作り上げる方がメインじゃろ

肉に血に臓物+αが
細菌効果で付近の奴等を全体的に弱らせる、と
ついでに心理的効果で所持する側にも響く

それとは別個の呪い効果がピンポイントの対象に効果を及ぼす
どっちが欠けても片手落ち
双方を満たそうと思ったらこのコトリバコ以外の方法が思い浮かばない
かなり洗練されたヤバイモノと思われ

1~7のどれでも好きなもん作る仕様は
数の多い方が呪い効果が高いのは言うに及ばず
生物兵器的効果においては大きな差がなさそうだが
そっちの効果をメインに据えるなら1を大量生産する方が効果高い
個数が増えれば部落全体に効果を及ぼし
効果の高い箱は一部の主導者、権力者が保持するわけだから・・・
すると作る側もどんどん減ってく、まさしく呪い

コエェェェ

730 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:51:23 ID:Rodu6rfn0
細菌兵器だとしたら、閉経後の女性は大丈夫って言うのが当てはまらないような…。
整理がある年代の女性と比べたら、年を取ったおばあちゃんとかの方が身体弱そうだし、
細菌の影響モロに受けそう。

731 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:54:51 ID:olfmueBO0
七才までは神のうち、だからか〉ハッカイ

732 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:55:22 ID:olfmueBO0
七才までは神のうち、だからか〉ハッカイ

733 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:56:14 ID:WxgsLt/50
更に広がる妄想

極小の菌の単位が呪いを媒介するとしたらどうか
>674の言のように、女子供が近づきやすい場所に保管することにより
菌を対象に移りやすくし、呪いを運ぶ菌が移動しやすい

ところで菌自体にも霊があり、菌の霊が呪いを運ぶ機能をまだ有するとすると
M氏が自分の手に傷をつけ、箱をそこにくくりつける意味がわかりやすくね?
菌っつーか媒介者は当然傷口なんつー「入り口」を発見したらそこにたかるだろーし
簡易的な移動中の封印としてはベストな方策と思える

基本的な祓い方がこの方法だとすると
媒介者から呪いを体内に移動させて体内浄化するわけだろ?
箱がの媒介者がまだ死滅してない時期にこれやると
呪いの方は打ち消せても菌の方は殺せない
時と共に薄れていくってのもいろんな意味で頷けるのだがどうか?

734 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 16:58:12 ID:AJasm87M0
>>718

∞壊

つまり永久に・・・

字は・・・だが、ハッカイは7つまでの子八人と
純度がかなり高い。AAが他に作らせなかったのは
呪いを解ける人物がいなかったからでは。
もしくはAAor○系の宮司の命と引き換えにしか
鎮めることが出来なかったからでは。

735 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:00:20 ID:WxgsLt/50
>>730
呪いの対象はあくまで女子供であって
閉経後の女性に入った場合は呪いが発動せずに
細菌効果のみとかじゃないかな

んで細菌効果っつっても身体がだるくなる程度で終わるのではなかろうか
今現在ですらまともに細菌を効果運用するのは難しいのだから
とはいえ、衛生管理もままならない昔の状態では
それですらかなりの効果を及ぼしたと思う
何せ菌は増殖するし、家に入り込んだら家の中のあちこちに広がる
で、呪詛対象者に入れば呪い発動と

736 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:09:22 ID:q1nSLjw20
>710の
「7までしかダメだ」と言っておいて、 最初に作ったのが8。
そして村人の前でその効果まで見せてる。
なんで8がダメか、の説明なしに、村人が信じるとは思えないんだよねえ。

というのがとても重要に感じるな

ところでもし細菌だった場合
ただの木の箱で大丈夫なものなんだろうか。
13年以上菌を培養しつづけられるものなのかなあと。

737 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:11:00 ID:HP5d9CKS0
>>700
>初期の話の部分で意図して曲げて伝えてる気がやっぱりする

同意。
ただ、自分は、M氏やSさんの話の部分でも、小箱氏はかなり脚色を加えて話しているのではないかなと思ってます。
少なくとも、彼らの周囲にいる人間が偶然このスレを読んだとしても、本人と断定できない程度には。

そう考えると、かなり詳しく書きすぎているんじゃないかとすら思える小箱氏の書き込みに、
いまだストップがかからない理由も納得できるので。

小箱氏を責めているわけではないです。(むしろ、そうであれば安心できます)
ただ、そういう理由で、私は小箱氏の説明の細部にこだわって考察するよりは、
その地域の歴史や社会あたりから調べていったほうが核心に近づけるのでは? と考えています。

というわけで再びネットの海に潜ってきます ノシ
このスレのおかげでいろいろ勉強させてもらってるなあ

738 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:14:07 ID:3jqD5vYyO
細菌説をお唱えの方へ。

まず培養期間が要るなら最初のハッカイの見せしめで死ぬのは早過ぎるのでは?
また特に触れたとも思えない感染方法の上、短時間で、さらに女子供のみを選り分けて殺すなんて無理があり過ぎる。
感染して潜伏期間もないような強烈な細菌が体力のない女子供にしか効かないってのも…
それは女子供にしか効かないと言われた(呪をかけられた)から、てのもハッカイの効果を見る前から信じ込んだ事になるので弱い。

またいくら何でも製作に携わったのが″健康な″成人男子だけなんて有り得ない。
むしろ多少なりとも怪我してる人間が多いだろうし、細菌ならその傷口から侵入する方が容易かと想像するが如何?
(その場合老若男女の区別よりは箱に近付いてるかどうかなので小箱氏の話とは噛み合わない

あと、百発百中なら呪いってのもわかるが…みたいなのがあったが無茶な論法だな。
呪いに個人差はないですかw

739 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:22:22 ID:WxgsLt/50
ところで人の記憶は脳のみでなく細胞それ自体にも記憶されるとかゆー説をば

そっから行くと材料が人であるコトリバコの呪いに使われてるモノは
菌とはいえミクロのサイズのヒト
媒介者であり呪いの生産者であるそのヒトは
箱が出来てからしばらくの間はその効果が増大する一方で
ヒトのほとんどが死滅する辺りが効果を最大限に発揮するピークじゃないかと

菌が菌のみで生物的に効果を及ぼすんでなくて
菌(ヒト)が呪いの主体であるとゆー説はどーだろ

740 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:28:38 ID:2VoKTmw70
いやもう生物兵器はイイから。
ホント。

具体的な細菌またはウイルス名をあげてみろ。

741 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:30:44 ID:WxgsLt/50
とすると子供を死滅させるために使う材料は
怨みの念を抱くことが出来る年齢でなければならず
しかも自分を同じ対象を連れ去ろうとするから
出来る限り若い方がいい
そうすると一番効果が生まれやすいのが七つ以下になる気が

女性に効果を及ぼすための媒介が臍の緒か
閉経により観念的な子宮の死によってつながりが切れるのか

ってここまで書いてきてふと思った
「材料足りなくね?」

やばやば、あーやだーーーーー

742 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:33:22 ID:AJasm87M0
つまらん質問かもしれんが

イッポウ:6つ ←間引きした時だけの作成だから納得
ニホウ :2つ ←まあ時にはあるかもね
サンポウ:ゼロ ←フムフム
シッポウ:ゼロ ← 同上
ゴホウ :5つ ←多くね
ロッポウ:ゼロ ←なんで?ゴホウが5つなのに?
チッポウ:3つ ←そんなに必要あったの?
ハッカイ:1つ ←AA氏所有

743 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:35:49 ID:LDhhp1380
>>741
なんだよ?

>>742
それは質問なのかと・・・

744 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:38:59 ID:AJasm87M0
>>743

スンマソ ただゴホウがやたら多いのが気になって・・・

745 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:41:51 ID:6XIiQgki0
部落=特殊部落って経済的には農民よりはいくらかマシだった
蔑視される代わりに特定の産業の専業権や専売権を幕府から与えられていたし

746 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:46:00 ID:WxgsLt/50
確認したいようで確認したくないがチッポウの指は第一間接までじゃない気がします

>>744
多分材料が違う
そして多分効果が違う

747 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:47:32 ID:EoOrNGQK0
>742
全く同じことを思った。
なんで作る箱にばらつきがあるんだろう?
イッポウだけでも効果があるのだったら、そんなに殺さなくても良いのにと。
あと、殺された子は本当に間引きの子なんだろうか。
最初の子供が選ばれた理由もちと気になる。

748 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:51:13 ID:0v7HNseu0
>>747
小箱氏はもともと神道にも箱にも一切関係ない人。
その小箱氏が、犠牲になった8人子供の名前を知ってるんだから、
おそらく地元の石碑か、地蔵とかに名前が残ってるんじゃないかな。
口伝の伝承とかだったら、正確に8人もの名前が残ってるとは思えないね。
ココは地元民の活躍に期待する。

749 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 17:55:28 ID:0v7HNseu0
>>742
フィクションか事実かは別として、
16個の個体を、
作りやすいが弱い~最強だが作る条件が厳しい
の7ランクに分布させるとなると、全部2と3にはしにくいと思うよ。
意図があれば造りやすいものと強いもの、真ん中へんに偏るのは自然じゃないかな。

750 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:01:00 ID:q1nSLjw20
単純にその年に間引きされた子の数でできたんでないの?

751 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:04:23 ID:GMnVjdsyO
>>728
オレもそれは思った。
7歳は無邪気さを保ったまま物心つく年齢なんかなと。
チッポウの安置時間が長いのも不思議。
呪の力としてはチッポウで完成していて、
ハッカイは指向性を持たせられるのでは、と妄想してみる。

752 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:10:55 ID:WxgsLt/50
爺さんは神社の次男で跡取りじゃなく
その長男の親の長男の自分は一応分家筋にはあたるが
はっきりいってお鉢が回ってくることなぞないし
自分に力なんぞカケラもないし親にも無い(筈)

ただまぁ爺から小さい頃にいろいろ聞いてたわけだ
正直コトリバコの話ネタだと思ってました
今はちょっと信じてます

ハッカイの特殊性に関してはさっぱりですし材料も用途もわかりませんが
スレの流れから推察すると入れるものは親指を除く四本の指の付け根のみとかになりそうです

で、多分
材料全然もっと多そう
示すモノと繋ぐモノと及ぼす内容しか入ってないぽ

753 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 18:12:05 ID:22yx8oHu0
>>738
>まず培養期間が要るなら最初のハッカイの見せしめで死ぬのは早過ぎるのでは?
>また特に触れたとも思えない感染方法の上、短時間で、さらに女子供のみを選り分けて殺すなんて無理があり過ぎる。
>感染して潜伏期間もないような強烈な細菌が体力のない女子供にしか効かないってのも…
>それは女子供にしか効かないと言われた(呪をかけられた)から、てのもハッカイの効果を見る前から信じ込んだ事になるので弱い。

苦しんで死ぬと書かれているだけで、どの程度の期間かは明確になっていない
最初のハッカイで本当に女と子供は死んだのだろうか?間引きの為に仕方なく殺すと同時に、差別者への攻撃をするのは解る。
だが、同じ部落の人間に苦しみを与えて殺す事があるだろうか?むしろ、効果を試すなら部落以外の人間にするだろう。
細菌の効果が女子供に多く効いた統計から効果を断定してるとも言える。半信半疑だとすれば、AAを自分らのとこにいれないと思う

>またいくら何でも製作に携わったのが″健康な″成人男子だけなんて有り得ない。
>むしろ多少なりとも怪我してる人間が多いだろうし、細菌ならその傷口から侵入する方が容易かと想像するが如何?
>(その場合老若男女の区別よりは箱に近付いてるかどうかなので小箱氏の話とは噛み合わない

製作段階で細菌が繁殖する事は無いと思う。繁殖する為の期間が必要。多分畜生の血が半分ゼラチン状になった所にはらわた
の血(仮に腸だと考える)事で細菌を培養させるんだと思う。その子供のはらわたをいじる段階での感染はあってもおかしくない。
症状も多少似てる。腹痛だとか
ttp://homepage2.nifty.com/oyako/mypages/disease_viralge.html

まぁ、細菌説も一つの説って事で適当に流しておいてください

754 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:20:25 ID:WxgsLt/50
ハッカイが10までの子を排除するから
指向性型じゃない気がします

7以上の子の臓物を引き絞った血を入れないのは
呪いが製作者に返りにくくする気がします

最初のターゲットが身内の人間なのは
当然だと思います
ヒトガタやワラニンギョウの類の生贄かと思われ

多分ゴホウの材料は生まれた直後の子を沢山使うからじゃないかと
そしてイッポウの材料は7つまでの子なのではないかと

755 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:25:56 ID:6mlRiWr00
直接ことりばことは関係なくて思い付きのまま書いちゃうけど、
最初のはこの「ハッカイ」の呪いの犠牲者の女と子供って
この部落の人達なんだろうか・・・・
外部の人間を攫ってきた・・・・とか。。。妄想してガクブル
だとしたら、自分のとこに返ってきて作るのを止めたのとか
納得できるのだけど・・・

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

756 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:29:29 ID:872b9ajU0
そろそろ誰かがまとめサイト作ってくれないかい?

757 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:36:30 ID:q1nSLjw20
M「その子供と女の名前は、□■と$*(伏せますね)
M「そして、犠牲になった8人の子供の名前は _______(伏せますね)
M「聞いたことあるろ?
(俺らは知ってる名前です。でもいえません、ほんとにごめんなさい)

この会話の流れでいくと八人の子供だけでなく
□■と$*というのも名前が伝わっているのではないかな
だとしたら外部の人間ってことはないんじゃないかな。
10人セットで名前の伝わっているなにか…なんだろう
やっぱ地蔵とかになっているのかな
それにしてもこの最初の8人(あるは10人)だけ
名前が伝わっているのはなぜだろうか。

758 :もしかして:2005/06/13(月) 18:47:59 ID:UMBmB7KfO
中身によっても名前が違うから作れなかった箱もあったのでは。
男/女の子のみ○人とか
双子のみで構成とか
初産の子のみとか……

759 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:51:31 ID:WxgsLt/50
呪いはかけたら必ず返ってくる、と

AAが自分で保有しようとした箱からは極力返ってこないようにしたいでしょうし
そうしたら出来るだけ自分では手を出さず
返る対象が部落の人達にしたいでしょうので
外部の人間を攫うよりも
部落の人間に犠牲になってもらった方が安全かと思います

と同時に
歳を取ればそれだけいろいろなことを考えるようになります
小さい子なら「あいつらが悪いんだ」と刷り込めば
それで済むことでも、ある程度育った子だと
どうしても親を怨む気持ちなどの割合が増えそうです

生まれたばかりの子の臍の緒を入れない場合
呪い対象者から子を生める女性が除外される可能性が高いと思います

上記からハッカイは
保有することのデメリットが他に比べてかなり低く
子供を苦しませて殺すことに特化した呪いではないかと

760 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:55:07 ID:3jqD5vYyO
ムーミンさん、回答ありがとです。

でも以下の点が依然として気になります。

細菌であるならば感染方法の割に凶悪な細菌(疫病クラス?)と推測されるが、成人男子に効かないのは何故か?
感染方法…(これまでの流れから言って空気感染もしくは精々が接触程度で、経口摂取とも粘膜感染とも思えない)
明らかに成人男子の方が接触頻度が高いと思われるのに箱による被害のくだりがないのは不自然過ぎる。

まぁ細菌説否定派からの一意見として、気になる点です。

761 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 18:59:25 ID:Law1h/s50
箱の呪いで死んだとされる人って
実際はAAと非人たちが殺したんだろうな

762 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:00:45 ID:2VoKTmw70
>>753
細菌が先ず必要となるが、
その細菌をどのように個体から分離する?
死滅していないからつまり繁殖しているから、製作段階に入っていけるのでは?
細菌は素人に培養できるのか?
etc

基本がなっていない。
説として主張するなら、もっとつめてほしい。
罪なき細菌さんが、かわいそうだ。

>>756
やめておこうよ

763 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:01:58 ID:oPhYXwfy0
単純に八回だったらワロスwww

764 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:05:01 ID:WxgsLt/50
自分も実は呪いの存在自体はあまり信じてない
あってもいいとは思うのだが自分に力がないゆえ
感覚的に理解出来てない

しかしながらコトリバコの作り方を推測するに
作る側はコトリバコに効果があると信じるに足るだけの作り方なので
AAや部落の方々が殺したとは考えにくい

まとめサイトは作らない方がよいと思うに一票

765 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:09:06 ID:3jqD5vYyO
見せしめの女と子供+犠牲になった8人の子供達の名前を何故知っているのか?

可能性として
・その土地の童歌
・年寄りが聞かせる訓話(子供を怖がらせつつ教訓を教える話)
・その地区の学校で同和教育を行なう時に教わっている
・地名になっている(下の名前だと地名になりにくいかも?なので苗字?)
こんな所か?
もしくは上記の複合版(どっかの地名に関する訓話とか)

やっぱり地元民じゃないと知り得ない情報だろうし、その方法も口伝じゃないかと思う。

766 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:10:53 ID:ay0TTqdD0
呪いの仕組みも気になるけど、その前にどこでその呪を習得したのか気になる

767 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:10:58 ID:0v7HNseu0
ただ、村としてはその10人が犠牲となって迫害から救ってくれたわけだ。
人柱伝承となって形を変えて伝わってるのかもね

768 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:13:42 ID:QWApwiw40
ことりばこじゃなくても箱に何か入れて呪いをかけるのはよくあるしな~

769 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:14:30 ID:0v7HNseu0
古神道が起源になってる説が有力だけど、
やってることは何か別物っぽい。
隠岐に流されてた後醍醐天皇は当時の歴代天皇の中でも、
特に呪術に傾倒していたそうだから、そのへんが起源かも知れないね。

しかし、掘り下げるほどにBとか右とか危険な方向に行っちゃうな、
この話題は。

770 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:14:31 ID:s059WJau0
つか本当に威力があったなら何個も作る必要はなかったと思われ
フェイクとして何個作ったって触れ回ることはあったかもしれない

771 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:15:36 ID:puzikTUO0
>>736
>710の
>「7までしかダメだ」と言っておいて、 最初に作ったのが8。
>そして村人の前でその効果まで見せてる。
>なんで8がダメか、の説明なしに、村人が信じるとは思えないんだよねえ。

>というのがとても重要に感じるな

自分もなんかこれは気になっていたのをちゃんと文にしてくれたと思う。なんかありそう。

それと、今までM神社と箱の系列が同じだろうと思ってたが
祓うのにM氏の血を飲ませて吐かせ、血まみれの手で放さず封じてる。箱の呪いはM氏の血を
嫌っている、又は 畏れている といえる?ならば、箱の中身のものとM氏の神社系列が対立するもの
ともいえるかもしれない、と思った。

772 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:17:53 ID:oPhYXwfy0
>>770
それだけ間引く必要があったんだと思う。
効果があったから単に殺すよりは部落のためになると思って箱に入れたのかもしれないね。

773 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:19:47 ID:s059WJau0
>>772
そかな
自分が兵器を持ってたら周りを脅して
間引く必要をなくすと思う浮けど

774 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:20:39 ID:YpEprZGd0
細菌兵器を作るんだったら、別に子供じゃなくても
動物でもいい気がする
人間を使うという事に意味があるんじゃないのかな
現実味遠く離れるが、邪神への供物みたいな感じ

邪神とはいわないが、女神なんかは女子供に容赦なかったりする
自分の敷地に男連れで女がきたら祟るとかあるし
母性の女神でないと、射程範囲の男性以外は眼中になさそう

箱の作り方も、作り始めたら一定期間内に完成させなきゃ成功しないとかあったのかも
箱も最初から何用か決めて作って、期間内にそれだけ子供が死ななかったら失敗とか
でも、これで相談とかしてたらやだなぁ
どこそこで何人間引きするらしいから、箱の準備しておこうかみたいな

775 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:36:53 ID:Law1h/s50
実際に行われたのは殺人と脅迫
呪いの噂は目くらましだな

776 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:36:54 ID:xy6FrCR40
さっき箱神さまの話が出てたけどそれ聞いたことある

●箱の中にはかなり古い時代の骨。頭蓋骨だったと思う。
●呪いを静めるため(薄めるため?)集落で何年かごとに担当を決めて持ち回りで奉る
●絶対に開けてはならない。

コトリバコに似てなくもない?

777 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:40:52 ID:okrLJh7YO
俺が見つけたら絶対開けるのに

778 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:42:00 ID:WxgsLt/50
うちに伝わってるモノだと
器には犬の胃を使って
出来たら埋めちゃうから
持ち運び出来ないんだよね

779 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:42:37 ID:XI9VFLDb0
>>585
「ダークネス」ってDVD観ると、似たようなのがあるよ
そっちは愛するものが愛されているものの首を切るのだけれど

780 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 19:43:47 ID:s059WJau0
集団の統治方法としてはよくできてるな
持ち回り制度

781 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:04:28 ID:RRjRxze00
石見は「~だけん」じゃなく「~だけえ」なのがかすかにかひっかかる~
「~ちょる、ちょらん」じゃなくて「~とる、とらん」だろうし

782 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:05:35 ID:861ovI2z0
>>763 ワラタ

783 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:07:06 ID:NjzV0bm20
呪術の基本は言霊だと。
マイナスプラシーボ効果とかなんとか。

読み書きもままならない人々のできる事といえば耳で聞いて考える事。
どっかの研究所でアル実験をおこなった。
目隠しをした人に医者が熱いアイロンを腕に付けて反応を見るという実験
手につけられたのはただの鉄のヘラ。もちろん熱くない。
しかし学生はアツッと痛がり、腕には火傷のミミズ腫れができたという。

AA氏によって自分の子供を殺してしまった村民と実験台の女+子供
AA氏から聞いた箱の効果と自分たちが犯した大罪が相見希て
実験台の2人の体に異変が。内臓が千切れていくような激痛。やがて死に至った。
胃かいようの強力版。

人間の思い込みとは、時に凄まじいパワーを発揮する。えてして女子供は思い込みの激しい種でもある。

と、ここまで書いて庄屋に運ばれたコトリバコを急に思い出した_| ̄|○

784 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:20:51 ID:QakAgPLr0
AA氏の系列と、○を祭る神社の系列が同じ様になっているけど、
反対に○を祭る神社に恨みを持っていたなんて考えられないかな。

必要なくなったり、手に負えなくなった場合、
○を祭る神社に処理を頼む、この時、この神社が、
箱の祓い方を知らなければどうなっていたのだろう。

一般的に、このようなものを持ち込まれた場合、
神社で保管管理するのではなのかな、
ところが持って帰らせ、自分たちで管理をさせた。

その当時の神主が、災いが降りかかるのを感じ取り、
手元に置くことを拒んだのではないのかな。

持って帰らせたのは、自分たちこんな物を作ったんだから、
「自分でしっかり後始末しろ」って意味があるのかもしれないけど。

〉〉小箱さんへ

自分のルーツがAAか調べたかったら、戸籍を調べれば、
明治初めぐらいは簡単にわかると思うよ。
うまく行けば、江戸時代に生まれた人も載っていいるので。

うちの場合、相続関係で戸籍をさかのぼって言ったら、
江戸時代に生まれた人が載っていたから。

役所の人に自分のルーツを調べたいといえば、
相談に載ってくれるんじゃないかな。

785 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:26:50 ID:zB/tI9z+0
昨夜から色々調べているのですが、どうしても行き詰まってしまい..。

それで、視点を変えてみました。

コトリバコという名前はAA氏が去った後、村人達や実際に箱の犠牲になった当事者や
周囲の人々によって後付けされた名前なのではないでしょうか?

箱の作成方法・効能から考えて『子を奪う→子を取る→子取り箱』

女性がターゲットに含まれるのも、跡継ぎを産める人間がいなくなると言う点で
その家から『子を取る』ってことで。

真実の箱の名前は他にあるのではないでしょうか...

786 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:28:43 ID:p5ckR9Bw0
http://www.fururu.net/user/star777/20050606144117

どっちが先なん?

787 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:32:36 ID:lX4Iii6p0
真実の箱の名前は・・・

・・・スバコ。

788 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:37:19 ID:NjzV0bm20
>>784
恨みがあるならまっさきにコトリバコを送ると思うが。
戸籍。一番手っ取り早くしかも確実
まさか・・・・戸籍が書き換えられてたり(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
小箱さん待ちだねー

>>785
おいらは呪術方面から調べてみた。
箱の名前というより、なんていう名の呪法かしらべたけどわからんかった。
つか呪術方法が記録に残ってるとも思えないんだけどw

789 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:37:19 ID:lX4Iii6p0
女と子供が死んでしまうのは 住居に
大きな蛇が出てきて丸呑みしてしまうからなんだよ!!

790 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:39:01 ID:PvAa134P0
そこ2chで読んだ話ばかり載ってるね。

791 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:40:18 ID:q1nSLjw20
>765 人柱になった人の名前が地名になるのはよくあるよね
名前そのものでなくて微妙に変化する場合もあるみたい。
地名スレでいくつか例があったんだけど落ちちゃったみたいだー

>778 詳しく
>781 微妙に山口っぽく聞こえるんだよね自分には

792 :790:2005/06/13(月) 20:41:00 ID:PvAa134P0
>786
へのレスでスタ。レス番忘れた。

793 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:44:04 ID:ozamw44C0
>>781
北九でも使うね

794 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:44:39 ID:zB/tI9z+0
>786さん

ほぼ同時期なのではないでしょうか?
小箱さんも当初は自分の体験した不思議体験カキコ♪として気軽に此処以外の
オカルトスレにも投書したのだと思います。
ただ、独立スレが立ってしまった事・J氏を交えての後日展開があのような結果になり
小箱さんご自身も予期せぬ方向へ話が進んで行き、情報収集を呼びかけ、
それに私も力及ばずながらも協力させてもらっているわけで。

複数サイトにカキコとなれば疑念を抱く方もいらっしゃるとは思いますが、
前スレ~2箱目を読めば彼の真剣さが伝わると思います...

あっ、的外れな回答だったらゴメンナサイ。

795 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:45:12 ID:HeHVcOb00
ちょっと計算してみたけど、隠岐騒動があってからちょうど50000日ぐらいになるみたいね。
つまりハッカイが作られてから、もうそろそろ50000日になるわけで。
多分たまたまだと思うけど・・・

796 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:45:40 ID:2HmQOGuA0
>775
盛り下げてしまうけど、実際はたぶんそんなところなんだろうね。

前スレ見れないんだけど、「石見銀山鼠取り」の話は出てきたかな。
結構有名だよね。戦前くらいまで全国を回って行商してたらしいし。
ターゲットが血を吐いて苦しんで死ぬってのは呪いじゃなくて、それの
服毒の結果だろうね。あとはナイナスプラシーボ効果かな。

ところで銀の毒って経年で効果がなくなるのかな。

797 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:53:07 ID:vgGi1m3R0 ?#
賢者の石みたいなもんか?

798 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:53:47 ID:Law1h/s50
石見銀山って砒素でしょ

799 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:56:45 ID:pc6fVERk0
呪いがマイナスプラシーボ効果だけと考えている人が多いみたいだけど、
そんな事はない。有名な丑の刻参りとそれに類似した呪い神を祀る神社への
願掛けがその線での効果を狙ったものだけど、本来凶悪な呪い程呪いの
媒体を対象者から隠す。

出来るだけ近くには置いて置くけれど。徹底的に存在を隠す。

子取り箱は存在を誇示している点で、プラシーボ効果もあるとは思うけど、
本質は違うと思う。

800 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:57:19 ID:0v7HNseu0
>>796
それは初出?
銀山の話は出てたみたいだけど。
亜砒酸かあ。
確かに、その手の毒と、
ビックリ箱みたいに、箱を開けた瞬間に散布・吸入させるしかけがあったら似たようなものは造れるかも。
あとは呪いのウワサをくっつけて、庄屋への威嚇をした、とも考えられるね。
AAは実在して、忍者みたいな立場の人間だったのかも。

801 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 20:58:30 ID:q1nSLjw20
一番最初に箱を庄屋に献上したとき
箱の存在は外部に知られていなかったから
マイナスプラシーボ効果ってのはないんじゃないかな

802 :おくら:2005/06/13(月) 21:05:28 ID:W0suXByD0
>>697
乙です。その辺の板はオカ板より時間の流れが緩やかなのであせらずに。
質問スレはこれ以上増やさないほうがいいでしょう。
あまりマルチするとスルーされちゃうので。テンプレに入れておきます。
そろそろ、テンプレの手直しでもしよっかな。

803 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:06:31 ID:ay0TTqdD0
ナマモノが詰まった組木箱。。。 (゚д゚)臭そ~
よく庄屋さん受取ったよね

804 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:05:55 ID:I6A/T5pu0
>>752
今頃気づいたが、ちとマテ!
おまいさんも、何か知ってるのか?

805 :659:2005/06/13(月) 21:09:27 ID:nWjcsQgs0
いまのいままで、なぜだか庄屋のことを床屋とマジで思いこんでた。
俺……テラヤバス orz

806 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:09:28 ID:I6A/T5pu0
>>752
今頃気づいたが、ちとマテ!
おまいさんも、何か知ってるのか?

807 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:13:06 ID:I6A/T5pu0
連投スマソ…orz

808 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:15:09 ID:4JDZJ9gD0
AA氏はどこかに所属する呪術者という説はどうかな?と、おもって調べた。
が、当然どこにも載っているハズもなく。

『エンジン』見ながら今に至る。

809 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:18:26 ID:+8Gr3cHm0
>>752、本当に気になるね
いらしたらお願いします

810 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:21:11 ID:8quMzga00
犠牲になった8人+女1人+子供1人=10人の名前
一番簡単に考えれば数え歌かな。

うちの地方でゴム飛びのサービスステージに
突如意味不明な歌が出現することから連想。

811 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:32:24 ID:861ovI2z0
>>807
専用プラウザを導入すればいいよ

812 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:32:54 ID:zB/tI9z+0
>>810さん
>うちの地方でゴム飛びのサービスステージに
突如意味不明な歌が出現することから連想。

具体的にはどのような歌(歌詞)なんですか?

813 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 21:46:51 ID:22yx8oHu0
>>760
作られてからは接触自体の回数が少ないし、多分上納ではなく黙って置いていく事が箱の本来の扱い方で
子供や女の興味を惹く造詣になっていると思います。そして女や子供には、この陰惨な呪いは喋らないと思
われ。

>>762
培養の用地として、畜生の血液を使ったのだと仮定して、はらわたの部位が更に厳密だとすると
嫌気性を持たない細菌だけが分離する可能性があると思われます。
まず制作方法の見直しを。細菌のある子供のはらわた(腸)の血は最後に入れてます。
素人でも環境さえ整えれば本人が望もうと望むまいと細菌は繁殖します。

でも、細菌に関する知識は高校生レベルなんで半ば妄想なんで。

814 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 21:50:16 ID:22yx8oHu0
>>773
13年目に部落の者が死んだからと言う理由で止めてるから、間引く必要が無くなってからの死は
望んでいなかったのだろう。逆に言えば、いままでは間引く必要があったのだと思う

815 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:52:08 ID:v+7mOI690
>>ALL
細菌でFAなん?
その根拠はなんですん?

816 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:52:25 ID:8quMzga00
>812
いや、少なくとも戦後の歌ですよw
国とか地域とか都市の名前が秩序なく羅列されてて
「き~んしかがやくニッポンの~」の歌い出しが意味不明だっただけ。
(そのサービスステージを「きんし」と呼んでた

817 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:56:42 ID:ahzKJQxQ0
金糸?戦後って言うか戦中の歌なんじゃ?

818 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:57:02 ID:GMnVjdsyO
>>815
オレは細菌否定派。
細菌説では箱の種類分けや安置時間の変化が説明出来ない。
つーか、呪を無理やり理論つけようとするのは、ナンセンスだと思う。

819 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 21:57:59 ID:B6Bn3CRN0
>>815

無理ありすぎだろ・・・
空気感染の細菌か?

造っている奴らも死ぬって。
対象限定の細菌だとしても、部落にいる女子供全滅するよ。

820 :石見人:2005/06/13(月) 21:58:55 ID:MHCZXXPz0
>>798

石見銀山は砒素は産出していない。
石見銀山猫いらずの砒素は、島根県の津和野近辺で産出したが
知名度は石見銀山が当時高かったために、名前で使われただけ
である。

しかしこのスレ何よ?ことりばこって…
小鳥箱のほうがいいんじゃない? (プププ

821 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:00:04 ID:qxVsYagD0
コトリバコですか?
おもしろいネタですね

822 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:02:48 ID:vaJTbLty0
>>808
だから、呪法の性質が陰陽系か密教(立川流)っぽいのですよ
山神とか犬神とか蠱毒とか外法箱・ホカイなんかに酷似してる

823 :石見人:2005/06/13(月) 22:04:25 ID:MHCZXXPz0
>>813

細菌の知識は本当に高校生レベルのようですね!

824 :石見人:2005/06/13(月) 22:05:31 ID:MHCZXXPz0
>>821

日本野鳥の会のスレです。

825 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:06:09 ID:zB/tI9z+0
>>822さん

私も陰陽系でググってみます。

826 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 22:06:29 ID:22yx8oHu0
>>803
あっ、それはおかしいな。
そうなると密封されていた事になるわけで、でも密封されてたら腐るよな。
そもそも、なんで木の中に生ものを入れてて腐らないんだ?
畜生の血で満たして子供の指や血をいれて、湿気のある場所で保存している木で閉じた箱
が腐らないのは不思議だ。なんか、香木みたくなってるのかな?

827 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:08:00 ID:0v7HNseu0
スレの趣旨は
『「ことりばこ」についての 考察/情報/情報交換/妄想 歓迎 。』

だけども、小箱氏の目的はどうやら
AAなる人物と、ハッカイの行方の模様。
細菌どうこうの考察は答えが出ないので、袋小路に陥りそう。
ほなAAの名前もわからんのにどうすんねん、てことになるんですけどね。

828 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:11:21 ID:3o/dX3F4O
>>石見人

空気読めよー。
コメントも面白くないし。
皆、ことりばこが呪物だという前提で動いてるスレなんだから、あんたはスレ違いだね。

別館へどうぞ

829 :石見人:2005/06/13(月) 22:14:44 ID:MHCZXXPz0
>>828

あんたこの程度のスレで喜んでいるの?
つまんない人生だね。

830 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:15:42 ID:0v7HNseu0
>>828
荒らしはスルーよん

831 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:16:15 ID:kKbiBk45O
仮に細菌だったら『内臓がちぎれる…』『血で満たす』とか辺りから映画にあったような、空気感染するエボラとか?

有り得ないだろ…。

832 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:17:01 ID:KGw/kWU00
>>813
>作られてからは接触自体の回数が少ないし、
女子供の方が接触回数少ないと思われ
そうでなくても同じぐらい成人男子も接触してるだろ

>多分上納ではなく黙って置いていく事が箱の本来の扱い方で
例え本来はそうでもこのお話では上納してるんでしょ?

>そして女や子供には、この陰惨な呪いは喋らないと思われ。
庄屋に上納後、周り中に喧伝してましたがw

え~細菌説否定派の方々は細菌なんて繁殖しねぇよと言ってるんじゃなくて、
細菌だけでこのお話を説明するのは無理があり過ぎると言ってるんです。

ちなみに漏れは中学生レベルでも細菌の説明なんてできない…orz

833 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:17:50 ID:3o/dX3F4O
だってさぁ石見人がこのスレに来てる意味がわかんねぇし。

834 :石見人:2005/06/13(月) 22:18:00 ID:MHCZXXPz0
>>826

>なんか、香木みたくなってるのかな?

それ、完全に腐りますよ~。大丈夫ですかぁ~?

835 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:18:03 ID:9BHS3k0K0
>>815
現時点の考察じゃ、細菌説も呪詛説も根拠の程度は大差ない

836 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:18:44 ID:vaJTbLty0
呪法が密教系だとすると・・・

廃仏毀釈がキーワードなんだと思う
隠岐国分寺は真言宗で史実によれば「不道徳な行い」によりさらに迫害とされている
ここに立川流呪法の影が見えるのは俺だけかい?

837 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:19:09 ID:GY4ifEjc0
AA氏の作った箱がAA家に伝わり、
ニューギニアの戦地に赴いたAAの子孫が地獄を見て
餓死したなかまのつめと髪の毛を詰め込んで、
陸軍大臣に復讐をしようと東京の親類に郵送し、
東京の親類が陸軍大臣の家の縁の下に投げ込んだが、
空襲でその家が燃えて、焼け跡から出てきたのが
「後悔」の箱に違いないと、
空襲より遥か前に立てられた銀座奥野ビルの事務所で
小一時間妄想しますた

838 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:19:34 ID:4JDZJ9gD0
まぁムーミンさんのは一説だからね。そーゆーのもアリかと。
意外なところから繋がるかもしれないし。

839 :おくら:2005/06/13(月) 22:19:46 ID:W0suXByD0
ここもあるから有効利用してね。

ことりばこ別館 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118413475/

840 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:22:21 ID:ay0TTqdD0
本当に集落に逃げ延びてきた人間が集落に呪の方法を教えたのか?ってのも疑う必要があるよな。

841 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:22:46 ID:0v7HNseu0
>>836
あ~「不道徳な行い」って酒池肉林系と思ってスルーしてた…
この呪法が隠岐国分寺の発祥なら、左道だしまさに「不道徳な行い」ですね。

842 :石見人:2005/06/13(月) 22:24:34 ID:MHCZXXPz0
>>833

>だってさぁ石見人がこのスレに来てる意味がわかんねぇし。

あんたがここに貼り付いている意味は何?

843 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:24:56 ID:B6Bn3CRN0
呪いはともかく、細菌なんてものを妄想で”コトリバコ説”にすると
かえって、胡散臭くなるだけなんだけどな。

細菌が使われたという前提を補填する為に、細菌を勝手に解釈していないか?
ググばその特性なんて出てくるんだから、妄想をばら撒く前に少しは調べろよ。
スレが唯の妄想になる。

呪いに関しては判らん。
だから、あくまで細菌説について言わせてもらった。
気に入らないならスルーしてくれ。

844 :こども100当番:2005/06/13(月) 22:26:11 ID:5zUGKi8A0
細菌兵器について
現代においてもその取り扱いは細心の注意が必要
製造者がまず感染するおそれがあるので、密封装置や
大規模な閉鎖施設が必要となる

また現代においても対象者を絞り込める細菌兵器はないはず
感染者の免疫力や体力がものをいうので、成人男性でも死ぬヤツは死ぬ

細菌兵器推奨派はもっと医学、科学に基づいた発言をしてほしい

845 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:26:41 ID:iGKjyrTY0
C. immitis は、取り扱い上最も危険な真菌である。本菌の有性世代は不明である。
普通の培地上では菌糸形を、生体内及び特殊な培養法で培養すると内生胞子(endospore )
で満たされた球状体(spherule)を形成する。集落の形態は初め無毛で灰白色、次第に白色綿毛状となる。
しかしながら淡褐色を呈する菌株もかなり多く、粉状になるものもある。
発育は速く、27 ℃より37 ℃の方がよい。顕微鏡的には、菌糸は培養するにつれ菌糸内に多数の隔壁ができ、
細胞質が消失した解離細胞(disjunctor cell)と分節型分生子が交互に連なる状態になる。
分節型分生子は矩形から樽型(2.5 ~3×4 ~6 μm)である。
自然界では条件が違うと分節型分生子が発芽し、菌糸となる。

女性ホルモンはC. immitis の成長を促進するため、妊婦は本菌を扱ってはならない。

http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_24/k03_24.html

まぁ 関係ないか。

846 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:26:48 ID:4JDZJ9gD0
最重要の鍵はM氏のジイチャンが握ってる
なんせ現役の退魔師にして最も多くのコトリバコを供養してきた人だからね。

それだけにガードも固い

847 :石見人:2005/06/13(月) 22:27:50 ID:MHCZXXPz0
>>844

呪い肯定派もなぁ!

848 :815:2005/06/13(月) 22:29:41 ID:v+7mOI690
>>835
根拠の程度は大差ないとはまぁ自分もそう思います
ただ、今出ている細菌の話はあまりにも無茶過ぎると思いまして
百歩譲って女性にしか効かないとしても
子供の中には男の子もいるので。

849 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:31:11 ID:3jqD5vYyO
ん?M氏の祖父ちゃんて存命中?
文脈から既にお亡くなりだと思ってたが…
漏れの勘違いなら禿しくスマンカッタorz

850 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:31:42 ID:GMnVjdsyO
>>840
そこまで疑うと収集つかなくなるぞ。
小箱さんの発言が全ての元なんだから。

851 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:32:43 ID:GxNvXM690
>>813
760
回答になってないと思う。細菌の事例をかかげるべきです。
762
どのように危険だとおもわれる細菌を発見したのか。
その細菌を分離し保存する方法。
その環境を素人がどう整えるのか。

粘着みたいで自分のこと嫌なんだが、細菌と聞くと
20くらいは特徴すぐでてくるもので。あいまいなひょうきは、きになる。
ごめん、やっぱスルーして。
コテで自説を表現するあなたに失礼だ。
わたしにはあなたのような勇気がない。

852 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:33:39 ID:4JDZJ9gD0
>>849
えェェェ?!
存命じゃない?
いや、もしお亡くなりになられたらこっちこそ禿しくスマンカッタorz

853 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 22:33:41 ID:22yx8oHu0
>>831
多分、大腸菌系の下血や吐血なんかだと思う。
内臓が千切れるの表現は、その時期に死体を解剖したわけでもないので病気にかかった人の症状
の血便や苦しみ方から出た表現だと思う。

>>832
>女子供の方が接触回数少ないと思われ
>そうでなくても同じぐらい成人男子も接触してるだろ

部落内では女子供に触れさせるのを禁忌とし、13年間事故は起きなかったわけで。

>例え本来はそうでもこのお話では上納してるんでしょ?

上納された木組みの細工を持つのは子供や女だと思うが。

>庄屋に上納後、周り中に喧伝してましたがw

喧伝したとしても、女子供に克明に教えることは出来ないよ
なんせ、作ってる部落の子供が興味本位で触ってしまったんだから、それ以外の所で
子供に教えたりすれば好奇心で触ってしまうでしょ。それに部落を放置する事で陰惨な
事件を思い出さずに済むし。呪いとはいえ被差別者に差別者が屈したというのを
女子供には言わないだろうね。多分、噂として広まらせるレベルだと思う。
仮に呪いの効果を確証させたら、被差別部落は討伐を受けていただろうね。

854 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:36:39 ID:GMnVjdsyO
>>852
お爺さんが存命してるかは失念したが、最初に持ち込まれたのはもっと前だぞ。

855 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:36:51 ID:B6Bn3CRN0
>>851

コテをつける以上、自分の発言が批判(誹謗中傷は除く)に晒されるのは甘受しなければならない。
其れが嫌なら、名無しで言うべきだろ。匿名掲示板なんだから。

>>851の発言は卑怯とは思わないけどな。
まじめに考察するなら、必ず科学的根拠を示す事になる。
呪いは無理としても、細菌なんてものは根拠を示せるものだろ。

856 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:36:51 ID:0v7HNseu0
>>851
考察スレなんだから、細菌説を否定するなら、
その20の特徴をあげればいいんでない?

857 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:37:07 ID:wz51fnpB0
キンタ祭りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
【キンタマ】Winnyで民主党の市会議員が献金記録などを流出?5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1118664831/

858 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:38:06 ID:mazg34aZ0
>>822
古神道ぽくないすよね、やはり。

859 :sage:2005/06/13(月) 22:38:13 ID:+dn1ob3a0
既出の質問だったらすみません。
庄屋の女子供達が死んだ記録ってのこってないんですかね?
部落の人たちの記録なら残って無くても仕方ないと思うんですが、
大きな支配力を持ってた庄屋の人間が複数人も亡くなったら
記録が残ってるんじゃないかと思うんですが。

860 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:40:36 ID:Law1h/s50
>>859
農民なら読み書きはできるからな

861 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:43:14 ID:GMnVjdsyO
つーか島根近郊の庄屋としか分かってないから・・・。

862 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:43:22 ID:4JDZJ9gD0
>>854
たしかM氏はジイチャンだか父ちゃんだかにケータイで話を。いやどっちだったかな。
で、ジイチャンと、ひいジイチャンの年がもっとも多くの保管されてたコトリバコをお祓いしたって。

863 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:46:26 ID:xp7ucGzH0
>>862

旅行中の親父に電話連絡

爺さんに関しては、生死は出ていないだろ

864 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:46:47 ID:GMnVjdsyO
>>862
ケータイで話したのは父ちゃんのはず。
最初が1870年頃だからヒイジイチャンが最初の箱祓いかな?

865 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:47:02 ID:3jqD5vYyO
>部落内では女子供に触れさせるのを禁忌とし、13年間事故は起きなかったわけで。
ん?
成人男子が管理してたんでしょ?
だから何故成人男子には効かないの?

>上納された木組みの細工を持つのは子供や女だと思うが。
庄屋の旦那さんは上納されたものに近付きもしないのか?

>喧伝したとしても、女子供に克明に教えることは出来ないよ
箱が危ないってぐらいはわかるだろ。

866 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:48:39 ID:iGKjyrTY0
まぁ真実はともかく細菌説はスレを湿らせるな。

867 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:50:00 ID:3jqD5vYyO
漏れがお亡くなりと思った理由はM氏が、
見ててくれじぃちゃん
みたいな発言があったからだと思うんだが。
向こうから見守っててくれってニュアンスを感じた。

868 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 22:53:25 ID:22yx8oHu0
>>851
事例となると、難しいね。考えられるのがはらわたの血と限定されている事から大腸菌である可能性
があって、その大腸菌の中で培養しやすく、空気感染をして、当時の医療状況から死亡する可能性
のあるものといえば。もしくはパズル上になっているからという事で、いじってるうちに固まった血が粉
末状になって、吸気による経口感染も考えるとある程度限定されると思う。とは言っても、培地とかの
成分だとか全然解らないし、本当に繁殖するのか?とは思う。

偶然だと思われる。そもそも呪術にしてもある種のバイアスが淘汰されてきた形なわけで。
日陰で湿気のある場所での保存なんかの指定を考えると細菌の培地にも多少にてると思う。
その技法自体が環境になってるっていうのはどうかな?手順さえ知ってれば素人でも実験は出来るし

869 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:54:18 ID:P1YpEfWbO
記念カキコ

あー怖かった。
眠気が飛びました。
最初、隠岐がどこだか分かんなかったぜ。

870 :815:2005/06/13(月) 22:54:54 ID:v+7mOI690
しかしアレですな
ググっただけでは限界がありますな
図書館とか逝かないとダメかね

871 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 22:55:00 ID:4JDZJ9gD0
>>863>>864>>867
そかそか。
なんかジイチャンと父ちゃんに色々聞いてるってM氏が言ってたもんだからツイね。
いや、じいちゃんが存命か否かはスレとは関係なかった。スマンです。

872 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:04:16 ID:PdpdEdtQ0
じっちゃんの名にかけて・・・

873 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:12:04 ID:TvwiEkpS0
戦時中にこういう類のものは
多くは海外に持ち出されています
日本の皇族に関する資料も日本側から内容をうかがうことも多いですね
海外の美術館、資料館でこれと同じものをみたことはないですか?

874 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:14:31 ID:3jqD5vYyO
>>ムーミン
あ。寝る前にもう一つ。
はらわた=内臓なのであって腸に限らないよ。
まぁ大腸菌も含まれるけど。

何となく気になっただけなのでスルーしてくだちい。
おやすみ。。

875 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:20:24 ID:miCp4+690
大腸菌
バリバリの偏性嫌気性菌(酸素があると生きていけない菌)が
エアーの中で元気に生きるなんて考えられない。
ただでさえ腸内細菌は同定するのに難しいのに。
酸素がある=死ぬ から培養するのが難しいんだよ。

876 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:20:29 ID:GMnVjdsyO
>>873
ことりはこ自体、一見、誰にも作れそうな感じらしいから
美術的価値は無いんじゃないかな?
皇室関係ってのはオレも考えた。
が、壁が厚すぎるんだよ・・・orz

877 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:20:44 ID:qt/AlVi90
不陰気読まずに書きこむが
どうしてもマウの匂~い
夢壊してごめんね

878 :835:2005/06/13(月) 23:21:30 ID:9BHS3k0K0
>>848
無茶過ぎる以前に、いってる内容じたいが大差ないと思うんだよ。

細菌という科学的に存在が確認されてるものを持ち出すことで科学の皮を被っ
てるけど、実は正体不明の原因に対し「呪い」の代わりに「細菌」という名前
を付けてみせただけ。論理構造は同じ。

879 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:22:37 ID:+8ucfFZC0
やっと前スレ読み終わった。
少し興味があって覗いてみたんだが

実は似たような箱に覚えがあるんだが
ゾッとして手が震えてる

880 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:22:47 ID:ay0TTqdD0
箱が献上されたあと、たまたま女・子供が死んだ。
のろいってそういうものだよね。
因果関係が明らかだったらそれはただの殺人。

881 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:23:25 ID:WxgsLt/50
>>806 >>809
え?俺なんか変なこと書いたか?

882 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:24:25 ID:5weL4AaRO
>>868
その条件だけで細菌がガンガン増えるんなら
何度も失敗しながら大腸菌培養していた
某理系大学生の私のあの苦労は何だったんだって事になるのですが

スルーしても良いけどググるなり何なりで細菌ちゃんの事少しは調べてね

883 :全く霊を信じない俺の推測:2005/06/13(月) 23:25:16 ID:vp88jLdd0
AAが部落民に教えたのは、実は「迫害されない方法」だった。
いかにもオカルトな噂を広め、庄屋には犠牲になってもらい(普通に殺害)
部落民を畏れさせようという策。核の抑止力みたいなのをねつ造したんだろう。
箱は作ったかもしれんが、中に子供の指や臓物から絞った血などは
実際に入れてなかったんではないか?
負のプラシーボ効果なんてのも実際あるとは思うが、
それは箱の効き目を信じすぎた一部の人間だけだろう。
たぶんそれが13年目に死んだ部落民。
今のように科学の無い時代なので、神がかった事や呪いなどには
非常に敏感に反応するだろう。そこを逆手にとったのだと思われ。

そして、その効果は確かにあった。それが今でも続いてる。
箱が部落の守り神なのは変わりないので、持ち回りで大切に管理してるのだろう。
Jや部落内の老人達は箱への有り難みが薄れないために、再び部落が迫害されないために、
さも真実かのように箱の伝説を口伝してるのだろう。実際、差別は完璧に無くなったわけではないし。
そして、嘘を見破られないために、班外の箱の話を禁止している。この辺は実に巧妙。
そして、MやMの神社がした除霊は演技。
でも、それは「部落を差別から守るための演技」であって、信念と責任を持って行ってる。
もちろん部落からのなんらかの代償はもらってるだろうが。
呪いがあっても無くても、人に呪いを信じさせる事は十分可能である。
そして、今より昔の方がたやすい。伝承する過程で尾ひれが付く事もある。
という結論。結末としてはつまらないけどね。

…と、ここまで書いた所で、実際にSが吐いた吐瀉物が気になる…。
明らかに異質なモノが混在されていれば、俺の説は完全に崩れるのだが。
そのへんの詳細は明かしてくれないのかな?

884 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:27:07 ID:iGKjyrTY0
>>879
詳しく

885 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:27:11 ID:HgVZ8+Fy0
>879
きになる

886 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:27:51 ID:+MJHbZwJ0
細菌説が出て、B級ホラー度を上がったな。

でも、細菌説で成人男性には効かないってのは理にかなってると思うよ。
要するに体力無い奴が死に至るってことなんじゃない?

887 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:29:28 ID:miCp4+690
>>886
いえいえ。
体力のある、というか免疫力の高い人は
免疫応答っつーのを起こすので、一概に細菌に強いとも言えないと
思いまつ

888 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:30:11 ID:miCp4+690
↑(>>887)
免疫応答を起こすかもしれない

に訂正でつ・・・すみません。。。

889 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:30:34 ID:vaJTbLty0
>>886
成人女性も十分体力ありますが?

890 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:34:34 ID:iSrtAG6F0
>>879
悔しく

891 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:35:24 ID:861ovI2z0
>>879
チョンマゲ

892 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:35:46 ID:+MJHbZwJ0
>>889
あー、いや。一般的に見てだな。
病気のときは成人男性の方が多く生き残るだろ?
それに男性には一切効かないって明言してるわけじゃないし。

まあ、俺は細菌説を支持してるわけじゃないので別にいいわけだが。

893 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/13(月) 23:36:20 ID:/waVYuTU0
女・子供だけに効果があるのは、子孫を残せなくする為だよね?

894 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:37:17 ID:4JDZJ9gD0
>>879
♀?♂?
♀なら近寄るな!!

895 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:37:31 ID:861ovI2z0
>>893
マンタイにしては鋭い

896 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:37:38 ID:P1YpEfWbO
>>879
寄せ木細工のカラクリ小箱ならオレも持ってるよ

897 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:39:17 ID:puzikTUO0
>>894
いや。似たような箱なら対象は女だけとは限らんよ。

898 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:40:04 ID:Ya0l36rt0
何らかの理由付けをして納得するつーか安心したいんだろうよ
呪い、つうのがいかにも正体不明で怖いから

899 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:40:14 ID:GMnVjdsyO
>>893
つまり一族根絶やしを目的とした呪い。
これって、無差別な呪いや個人限定な呪いと比べて、妙に高度な気がする。

900 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:41:55 ID:WxgsLt/50
中身の材料がわからんことには対象が何か見当もつかんよ

901 :898:2005/06/13(月) 23:42:48 ID:Ya0l36rt0
スマソ>>878宛

902 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:42:49 ID:4JDZJ9gD0
>>879
いったいどこが似てるんだってんだー
形?細工?見つけた場所?ジイサンバアサンから聞いた箱?

うpして。マジデ。

903 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:47:19 ID:DS1fCYrGO
ttp://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1080270300/
このページもう一度全部見たいんですけど●無しでも見れるとこ誰かエロい人うpしてください。

904 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:50:20 ID:cEWZNDHc0
私は九州の山間の田舎出身で家には土蔵がありました。
同じような感じで「長女は見てはいけない」ものがありました。
私は女一人の長女なんですが兄は見る事ができて教えてくれたのは
薄い木の皮でできた、350ml缶くらいの筒だそうです。
それを見たら子供がうめなくなると言われました。
2年前帰った時、ふと気になって両親に聞くと知らないと言われ…
確かに兄は見て、私にどんなだったか言ったのですが
勘違いかなと気に留めてなかったですよ。

905 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:55:58 ID:TvwiEkpS0
>>904
さらに詳しく

906 :Nanashi_et_al :2005/06/13(月) 23:56:01 ID:ScsA2KH+0
シェルドレイクの仮説とかを絡めるとさらに色々妄想できるな

907 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/13(月) 23:56:36 ID:22yx8oHu0
>>874
部位が仮に腸であれば

>>875
病原大腸菌の中には嫌気性を含まないものもいるよ。
人間の大腸菌だけで300種類以上いるから。
>>882
大腸菌って一言で言われても、300種以上ありますし。
どの菌類を分離するかで大分難易度は異なるかと。

908 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:56:39 ID:861ovI2z0
>>904
死ぬほど詳しく

909 :おくら:2005/06/13(月) 23:58:05 ID:W0suXByD0
>>903
☆やさしい人がレスしてくれる質問スレその26☆@オカルト
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118156841/l50
こっちで聞いておくれー。

910 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:58:07 ID:GMnVjdsyO
>>904
良い感じで似たような話が集まりだしたな。
案外、女性狙いの呪いは多いのか?

911 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:58:46 ID:iGKjyrTY0
細菌粘着もういいよ。

912 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/14(火) 00:00:51 ID:/waVYuTU0
最近どうよ?

913 :ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン :2005/06/14(火) 00:01:20 ID:ScsA2KH+0
そもそも、腸内細菌が原因だとするとイッポウには効果がないことになるな
腸内だけだったか消化管全体だったか忘れたが、赤ん坊はまだ細菌叢が形成されてないし

914 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:02:11 ID:qGTIRotY0
夢野久作のドグラマグラの中には
「男だけが見てはいけない巻物」があったなー

いや、なんとなく思い出しただけ

915 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:02:45 ID:m7OZ/X2yO
>>909
うん、ありがと

916 :904:2005/06/14(火) 00:06:19 ID:JoYfFsTq0
読み返すとめちゃくちゃですね・・・
思い出して書きますと
土蔵の入って左側の観音開きの戸棚?みたいなのに、その筒が。
右側には…うち、狐祀ってたんですよね…。
狐様と関係あるかなと思って、実家に帰った時、そういえば、
狐様の筒はどうなったの?って聞いたら それなに?みたいな…。
もう祖母はなくなったんですが、よく「みたら孕まんくなる」と言ってました。
兄は茶筒のようで中には葉っぱか紙と、消しゴムみたいなのが入ってるみたいな音って言ってました。

ま、あの筒は見なかったんですが未だに不妊…。

917 :おくら:2005/06/14(火) 00:08:56 ID:2DzkK9aV0
それ、管狐だよ!

918 :879:2005/06/14(火) 00:09:00 ID:JCLHVrx70
じゃあちょっと話をさせてもらいます

15年くらい前のことなんだけど
僕のじいちゃんの実家(本家?)に行った時の話。

じいちゃんの実家は神社で、江戸時代には12家ある幕府お抱え
の祈祷師のうちの1つの家系だったっていうのが、じいちゃん達の
自慢だったのね。
で呪われた刀とかそういうもののお祓いとかもやってて
実際にいわくつきの刀とか、呪術のやり方を書いたマニュアル?
みたいなものが納めてある蔵があったんよ。

15年前の当時はその蔵の管理って結構いい加減で、弟と一緒に
カギを見つけて忍び込んでたんだけど、その蔵の中に新聞紙に包まれた
箱があって、それがコトリ箱の形にそっくりだった。

組み木細工みたいな箱で、それにはお札が張ってあって

で弟と二人でその箱のお札を破いて箱を開けようとしてたんだけど
開け方が分かんなくて悩んでるうちに、弟が倒れちゃって
弟は怖い話とかすごい苦手で、それで倒れたのかと思ったんだけど
なかなか起きなくて怖くなってじいちゃん達を呼びに行ったんよ。

そしたらじいちゃん達がものすごい勢いで弟を連れ出しにいって
その後、半日以上祭壇の前でお祓いされた。

じいちゃん達がものすごい怒ってて、半日以上も座らされて、めちゃめちゃ
辛かったからよく覚えてる。

長文乱文でスマソ

919 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:09:09 ID:W3ZnKM8I0
黄泉比良坂っていう地名があるし、今は寂れているけど
勾玉も売っているところだから、箱とかあっても不思議じゃないね

920 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/14(火) 00:09:27 ID:ORjBMc6d0
ことりばこ別館に書かれてたレス。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

222 名前:本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:05:27 ID:SWnHpQfEO
あのスレにハマって今日で三日目。
さっき“自称・霊感あり”の彼女に
「あんたの後ろ、なんか着物きた子供と神主さんみたいなのがいるよ?どっか変なトコいってきた?」
って言われた・・・
ショックだ・・・

921 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:09:44 ID:0KaGa+m30
マジでソクーリだ

922 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:09:51 ID:PpDs0/n80
>>916
マンタイタソにも読める漢字を使ってあげてください

923 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:10:52 ID:v2TlaHvMO
>>914
紙はお札かな?
葉っぱはわからんとして、消しゴムみたいな音って・・・
ことりはことの関連を考えると・・・
((;゚Д゚)

924 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/14(火) 00:10:59 ID:/S36b/oV0
>>913
そうだね。後、10才のの子供も指しか入れないから意味が無いね。
だからハッカイでは七つまでの子供8人と言ったのかもね。

925 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:11:43 ID:dBNo4kDy0
おくらさん、引き続き3箱目スレ立てお願いします。

それにしても細菌説より呪術説のほうがリアルに感じるのは私だけ?
島根のある一帯で細菌感染があれば、造った箱の数から考えても
もっと大規模になって感染者が出たのではないでしょうか?
当然お役所も放っておかないと思いますが。
感染経路を絶つ為に徹底した部落隔離政策が行われたはず。

926 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:14:56 ID:v2TlaHvMO
>>918
やっぱり陰陽道の呪になるのかな?
これがことりはこと同一のものとなると、
隠岐に伝わったルートが絞られるな。

927 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:18:09 ID:F74gmZGX0
>>918
貴方のおじいさんはまだ健在なのでしょうか?
一度コトリバコの事を聞いて頂ければ何かしらの情報が得られるかも知れません。
いや、むしろ深入りしない方がいいのかな。

928 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:18:50 ID:6wcEjwlv0
>924 七つといえば、

昔は赤ちゃんや小さな子どもの死亡率が高かったので、「七つ前は神の内」といって、
7歳までの子どもはまだこの世に命が定着していないと考えられ、戸籍にも載せられていませんでした。

だってさ。

929 :おくら:2005/06/14(火) 00:19:56 ID:2DzkK9aV0
次スレ立てました。>>ALL
ことりばこ 3箱目
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118675745/l50

930 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:20:34 ID:TjzV2rMpO
ムーミンさん次スレから一緒に別館に行こっ^^

931 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:21:18 ID:SYneAt2W0
>>928
で、間引きの口実にもされてたよな確か
神の内だから、七歳までなら殺すのではなく「神様にお返しする」んだと……

932 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:22:21 ID:IyZNUXe00
>>918
マジでそっくりだ。オレが披露しようとしたネタにw
でも質問とか受けてボロでて流れ止めるといけんからやらなかった・・・・。

15年前って何歳?弟さんも。
どこに住んでるかによってコトリバコが方々に伝授されてた説が確信に。
それか類似箱か。

933 :879:2005/06/14(火) 00:24:10 ID:JCLHVrx70
神社は幕府から届けられる物を御払いしてただけだから
たぶん、そのへんで作られたものじゃないと思う。

じいちゃんもまだ生きてるから明日聞いてみるけど、
実家を継いだわけじゃないから何も知らないかも。
それに、その時の事もあるから、また怒られるかも
でも、もしかしたらその蔵には箱はまだあるかもしれない

934 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/14(火) 00:26:17 ID:/S36b/oV0
>>928
でも、ハッカイのいけにえの子供はSさんも知ってた。
戸籍に載らないという事は、どういう形で知ったんだろうか?
やっぱり前に出てた地名とか地域で祭られてるのかな?

935 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:26:39 ID:IyZNUXe00
わらべ唄を調べてたら『七つの子』ってわらべ唄があった。島根のわらべ唄だったと思う。
が!!どんな歌詞か本買わなきゃ見れないんだよ_| ̄|○

936 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/14(火) 00:28:37 ID:ORjBMc6d0
>>935
カーラースーなぜ鳴くの~
カラスはやーまーに~
かーわいいーなーなーつーの子があるかーらーよ~♪

937 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:28:39 ID:v2TlaHvMO
>>933のお爺さんの話と小箱さんの話を総合することが出来れば
かなり箱について解明できるな。
かなり怖いが。

938 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:30:05 ID:IyZNUXe00
そんな有名な唄かよ_| ̄|●

939 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:31:27 ID:v2TlaHvMO
やめれーーーっ!!!

もし二番があって名前が出てたらって考えて
ガクブルどころじゃなくなったじゃないか!!!

940 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:32:20 ID:/v5lXsBL0
>>879
とりあえず、トリップ付けてくらはい

941 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:33:36 ID:Ukbgk1Er0
1 烏(からす) なぜ啼(な)くの
烏は 山(やま)に
可愛(かわ)い 七(なな)つの
子があるからよ

2 可愛い 可愛いと
烏は 啼くの
可愛い 可愛いと
啼くんだよ

3 山の 古巣(ふるす)に
いって見(み)て 御覧(ごらん)
丸(まる)い 眼(め)をした
いい子だよ

942 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:35:41 ID:v2TlaHvMO
>>941
いや・・・
それは違う

943 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:36:03 ID:JCLHVrx70
あと箱の大きさだけど30cmくらいの立方体だったと思う。
子供の時だから大きく感じただけでもう少し小さかったかもしれないけど。

>>918
ネタじゃないから質問されても大丈夫
ちなみに僕は25で弟は24です

944 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:37:30 ID:6h0R/yHY0
狐=荼枳尼天=真言密教立川流

と繋がる訳だが・・・

945 :879:2005/06/14(火) 00:37:46 ID:JCLHVrx70

>>932へのレスでした

946 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/14(火) 00:39:06 ID:ORjBMc6d0
>>943
自慰ちゃんに話を聞くのはいいが、箱に近づく時は許可もらえよ。
テラヤバスっぽいからな。

947 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:39:55 ID:Qvmkhqkz0
2番
かーらーーーすーーーーぅ
なぜなくのーーーーーーーーー

948 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:41:28 ID:Qvmkhqkz0
カラスのかってでしょーーーーーぉ

ま、なんか言っちゃダメだけど言わなくちゃいけないみたいな
これもある種の呪術にかかっているのかもしんない

949 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:42:03 ID:IyZNUXe00
『あの子の七つのお祝いに』って映画。岸田今日子。
たしか『とうりゃんせ』でも七つのお祝いに天神様にお札をもらうって。

950 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/06/14(火) 00:43:47 ID:ORjBMc6d0
キリスト教だっけ?七つの大罪ってのもあるな。

951 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:45:40 ID:A9ZBb8+D0
>>943
折角なので質問
自分も傍系とはいえ神社関係なので
呪術関係の書物なんかは残ってて
それをテキストに直してCDに焼いたりしてるんだが(罰当たりだな)

今回のコトリバコで驚いたのが
1材料に人間を大量に使ってる点
2持ち運び出来る箱を使ってる点

大体こっちのやり方だと
対象に通ずる道に埋める
だから一回やったら取り出して移動させたり出来ないし
対象に持たせる場合でも一度きりで再使用出来ない

そっちの書には人間が材料のモノとか
器に箱を使うものとかどれくらい載ってた?
こっちは材料に人間使うモノが20%くらいあるが
箱を器に使ったモノは一つもないので
ちょっと興味が・・・

952 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:46:04 ID:Qvmkhqkz0
>>949
うわぁ。
それ、映画見てないけどテレビの予告編で超トラウマなんだよ!!
やめてくれって。
10年?20年?ぶりかで思い出したじゃねえか。
夢に見るわ、トイレ行けなくなるわ…
このスレよりこわいわ。

953 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:47:07 ID:xzrgLC6N0
出雲で生まれ育って25年
こんな話初めて聞いた

954 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:48:47 ID:rU8GKepi0
>>951
書物についてもっと詳しく!

955 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:49:16 ID:IyZNUXe00
>>918
気を悪くしないで下さいね。オレのは空想だっただけですから。

ジイチャン存命とは心強い。
でもムリは禁物ですよ!箱がコトリバコなら命がけで守ってらっしゃる門外不出のタブーですから。
守りは薄いけどw

本家が神社って事は、お祓い済みの箱か管理してたか。
明日楽しみにまってます!

956 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:49:56 ID:v2TlaHvMO
>>951
つまり、呪の系統が明らかに違うと。

957 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:51:22 ID:6h0R/yHY0
陰陽系・密教系・修験道系の呪法には箱モノが多い

958 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:55:47 ID:A9ZBb8+D0
>>957
あ、そーなんだ
箱って全然メジャーなモノなのね
自分ニュー速からここ飛んできた部外者でさ
ぶっちゃけ自分のとこのモノ以外全然知らないんだよね

これを機会にちょっと勉強してみよかなぁ・・・

959 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:54:18 ID:TOBlHoYG0
で、どなたか前スレをhtmlかdatでうpしてくれる神はおりませんか……?

960 :879 ◆DlKiaGyY.6 :2005/06/14(火) 00:56:30 ID:JCLHVrx70
とりっぷはこれでOK?

>>951
その蔵の中にあった書物の内容は確かお札の書き方の
見本図みたいなのが書いてあったのは覚えてるけど、あとは字が読めなかった
というのを覚えてる。

961 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:56:52 ID:IyZNUXe00
>>943
フムフム
15年前というと兄が10歳で弟さんが9歳ですか。
誕生日によっては11歳と10歳になるわけか。。。。

微妙に怖いですな。

962 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:57:43 ID:15JD/7+K0
>>879
倒れた弟にその時の状況をよかったら聞いといてくらはい

963 :ムーミン ◆7pY04nKcMk :2005/06/14(火) 00:58:02 ID:/S36b/oV0
>>957
部落で信仰されてる白山信仰はもともと修験道だから浸透しやすかったのかもね。

964 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:01:11 ID:Ca0bN5320
箱って筥か
これなら呪術に使うようだ

965 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:01:21 ID:v2TlaHvMO
子供の基準はなんになるんだろ?
やっぱり年齢か?
879さんが無事で弟さんに障りがあったとするならば。

966 :879 ◆DlKiaGyY.6 :2005/06/14(火) 01:02:12 ID:JCLHVrx70
あと、体の一部をつかった・・・についてだけど

本家で普段使ってる書物を見せてもらったことはあるんだけど
髪を使ったものがあったと思う。
ただそれは呪いについてのものじゃなかったと思う

967 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:04:16 ID:dBNo4kDy0
>879さん

本家でのお話という事で、879さんはそちらの神社の跡取りとかになる
可能性はあるのですか?

968 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:06:32 ID:IyZNUXe00
子供の基準は生贄になった子供の年齢と同じではないかな。
10歳まで。

969 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:10:43 ID:v2TlaHvMO
>>968
それだと7歳までのハッカイは10歳児には利かなくなってしまう。

970 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:16:40 ID:gT59HFCd0
ていうか年齢って数え年じゃないの?

971 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:18:19 ID:IyZNUXe00
>>969
いやいやチッポウは七歳までなら効くとかじゃなくて
生贄になったのは10歳までの子供なのだから
1~10歳までを子供ってのにしたんじゃないかと。

972 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:19:11 ID:A9ZBb8+D0
子供の基準は
使われた「材料」が自分と同じく「子供」と認識する年齢だと思うよ
自分と同じモノを連れ去る呪術でしょこれ

上にも書いたけど指が対象に方向性を持たせるモノで
臓物を引き絞った血は対象に及ぼす効果で
臍の緒は「材料」が母を連れ去るための媒介

なのじゃねーかと思うんだが

973 :879 ◆DlKiaGyY.6 :2005/06/14(火) 01:20:56 ID:JCLHVrx70
>>962
僕が見た感じは眠るみたいに静かに倒れた。
さっき弟に電話して聞いてみたら、少し息苦しくなって
その後やっぱり眠る感じだったって。
そんで、お祓いの途中で起きた

>>967
僕は分家の人だから後継ぎではありません。
今、継いでるのは僕のじいちゃんの兄の孫(はとこ?)です

974 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:22:08 ID:A9ZBb8+D0
10歳までの子供から指しか使わないのは
対象を特定してイメージしやすいのが歳を取った子供だからで
むしろ幼児を使うなら指は要らないと思う

臓物を引き絞った血で親&子の苦しみを対象にぶつけるんだけど
歳取りすぎた子供では恨みの対象に親が含まれる率が高くなるから
この材料は七歳までの子供に限定してるんだろうし

975 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:27:58 ID:v2TlaHvMO
>>970>>971
なるほど・・・
となると数え10歳ってのが一つの区切りになるのか。
例えば10歳ってのは神道等で重要な年齢になるのかな?
と言うのもハッカイだけは7歳までと限定してるのが、やたらと気になるんだ。

976 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:28:41 ID:dBNo4kDy0
>>967です

>>879 ◆DlKiaGyY.6さん

それでは、箱に貼ってあった御札はどのような感じのモノだったんでしょうか?
色・形・マーク、何でも結構です。
これ、かなり重要な手がかりになりそうなので!!

977 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:29:37 ID:6h0R/yHY0
10歳つうと元服がそのくらいだったかな

7は呪術的に重要な数
この話には数のレトリックがかなり含まれてる

978 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:32:26 ID:dBNo4kDy0
>976の補足

あと、箱に何か目印若しくはマークの様な物は付いていませんでしたか?

979 :おくら:2005/06/14(火) 01:35:01 ID:2DzkK9aV0
>>959
とりあえずこれで。
ttp://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby7.2ch.net&bbs=occult&key=1118047579&ls=all

980 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:38:07 ID:v2TlaHvMO
>>977
つまり10歳までが子供。
>>974の言うとおり対象に対して最も呪の力を発揮しやすい7歳を使った箱がハッカイになるんだな。

ハッカイは呪を純化させて人数でパワーを上げた箱になるのか・・・。

981 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:38:53 ID:IyZNUXe00
M「生まれた直後の子は、臍の緒と人差し指の先、第一間接くらいまでの
M「そして、ハラワタから絞った血を
M「7つまでの子は、人差し指の先と、その子のハラワタから絞った血を
M「10までの子は、人差し指の先を

七歳までの子ってのは殺される恐怖をわかっちゃってるてので怨念倍増かと。自我が芽生えてる。
10歳なんか人指し指だけだからね。

982 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:41:50 ID:IyZNUXe00
新聞紙に包まれてた箱の、新聞紙を見ればいつ持ち込まれたものか分かる
ハズもなし。

983 :879 ◆DlKiaGyY.6 :2005/06/14(火) 01:41:59 ID:JCLHVrx70
>>976
札の色は黄色っぽかった、もともとは白だったんだと思う。

マークかどうかはわかんないけど一番上に赤茶っぽい色で大きく文字みたいなのがかいてあった。
それ以外は黒で書かれてて全体的に何かの形っぽい構成だった
んで各面に貼ってあった。でも剥がれかけてたやつもあったと思う

984 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:42:50 ID:v2TlaHvMO
>>981
となると7歳までで限定して作ったチッポウは他のチッポウに比べて
呪の力が上がるのかもな。

985 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:50:11 ID:A9ZBb8+D0
とりあえず原理は大体理解出来たつもりなので
材料が絶対揃わないから無理だけど
理論的には似たようなモノが作れると思うんだよね自分

畜生の血で満たして乾かすのは多分封の代わりだろうし
それなら札とか使わないから部落の人達でも作りやすいし

ハッカイって根本的に用途が違う気がしてきましたよ
多分一番ヤバイのがチッポウで
パワー的にはハッカイの方が低い気がする
そもそも情報少なくてわからんけど
ハッカイは箱の作りから違うよーな気が

>984
7歳までで限定したらチッポウは作れないと思う

986 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:51:12 ID:IyZNUXe00
0歳
1~7歳まで
8~10歳まで
ってのでオケ?
1歳の子7人使ってもチッポウって事でオケ?

※使うとか言ってスマンコ

987 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 01:54:47 ID:v2TlaHvMO
>>985
解説よろ

988 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/14(火) 02:02:53 ID:TMVT9nTC0
こんばんは。さっき仕事終わってスレ読んできました。

なんか、すごいことになってますね。
似たような箱ですか・・・ 怖いです。

>>879◆DlKiaGyY.6さん
もし何らかのマークがあるのでしたら詳細に教えていただけないでしょうか?
もしかしたらもしかするので、Mにここ読んでもらって判断してもらおうと思ってます。

もうひとつ、おじいさんに聞けるのであれば、その箱がどれくらいの期間
879◆DlKiaGyY.6 さんのおじいさんのお宅にあるのかも知りたいです。

989 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:06:21 ID:v2TlaHvMO
小箱さん乙です。
何か進展したことありましたか?

990 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:06:49 ID:A9ZBb8+D0
>>986
あくまで自分の推測の話だが
一歳の子7人使ってもチッポウにならないと思う
ほんとただの推測なのでスルーしてくれてかまわないけど
材料が足りないのよ明らかにいろいろと

複数の対象から特定の対象のみを呪うのってとても難しい
何故かっていうと普通は虫とか動物使うんで
対象が「生き物」とか「人間」くらいの枠にしか出来なくて
そのせいで特定の場所に居る「何か」に対して呪いかけるんだけど
それが材料に人間を使うことによって
対象を絞るのが容易になる

で、対象が子と母じゃん?
子で子を引いて緒で母を引く

そういう意味で考えるとハッカイは何て言ったらいいかなぁ
対象を特定しない箱っていうか爆弾みたいなモノのような気がする
だから他の箱に比べて封が一つ外れた状態じゃマズイし
蓋が二個ないと困ると思う

991 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:07:52 ID:IyZNUXe00
寝ようと思ってたら重鎮キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

今宵も徹かな。フフフ

992 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:09:38 ID:dBNo4kDy0
小箱さん、こんばんは。。

おくらさんが3箱目スレ、立てて下さいました。
>>879◆DlKiaGyY.6さんのレス、そちらに貼付しておきました。
大変重要な情報だと思われたので。

993 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:08:33 ID:TOBlHoYG0
>>979
ご親切に、ありがとうございますた
多謝

994 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:11:08 ID:xzKompPe0
>>986
> 0歳
数えなら1歳からじゃない?

997 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:13:35 ID:IyZNUXe00
>>994
生まれた直後の子も生贄に入ってるもので。
>>981参照ヨロ。

 

関連リンクはこちらから。

雑談
【雑談スレ】ことりばこ1【考察】

概要 名作洒落怖コトリバコの投稿直後、考察のために立てられたスレ。 非常に長いですが面白いので暇つぶしにどうぞ。 関連リンクはこちらから。 本文 1 :1:2005/06/06(月) 17:46:19 ...

続きを見る

関連?
【後悔】洒落怖?コトリバコスレにて言及されていた話【仕掛け箱】

概要 2ちゃんの過去スレには見当たらなかったため、ネットからサルベージしました。 問題あればご報告ください。 関連リンクはこちらから。 本文 今日ここで、私が9年前から苦しめられつづけている、後悔と恐 ...

続きを見る

本編
【洒落怖殿堂入り】コトリバコ【考察】

912 :小箱 1:2005/06/06(月) 12:57:48 ID:lJdBivui0 俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。 俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことは ないだろ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
アバター

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らなかった僕 ...

3

2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐらいで怒涛の展開、なんだ ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2019 All Rights Reserved.