怪談・洒落怖

【新作洒落怖】ありがとう

投稿日:2020年6月29日 更新日:

42 :もつお ◆2.80omBY0c :03/07/18 14:26「ありがとう」続き

その日は飲み会があったので、俺が帰宅したのは深夜2時過ぎでした。
早く寝たかったので、速攻でベッドに倒れ込みました。その時、ふと
昼間のAが言った言葉を思い出してしまいました。
「次はパパの所に行くから」
いくら冗談だとはいえ気味が悪くなり、早く眠りにつこうと必死に
なりました。

どうやら酒も入ってた事もあって、いつの間にか俺は寝ていた様です。
ふと喉の乾きで目が覚めると、時刻は午前5時半過ぎでした。
当時は真冬だったので、明け方とはいえ外はまだ真っ暗です。
冷蔵庫のウーロン茶でも飲もうかと、ベッドから腰を上げた時、窓の
外から奇妙な音が聞こえてきたのです。
「アッアーッアッアッアッアーッ」
皆さんは、「明け方のハトの鳴き声」を聞いたことがあるでしょうか?
一定の間隔で「クックルークックルー」みたいな感じで鳴いてますよね?
俺もハトの鳴き声は何度も聞いたことがあり、「あぁ~ハトかな~」と
別に気にせずにいたんです。そして、キッチンでウーロン茶を飲み、
再びベッドに入り眠ろうとしました。すると、またあの音が聞こえて
くるのです。「アッアーッアッアッアッアーッ」と。一定の間隔で。
しかも、心なしかさっきより音が大きくなった様な感じがしました。
うるさくて眠れないので、窓を開けてちょっとだけ大きな音でもたてて、
ハトを追い払おうと思いました。窓を開けると、すぐ目の前に小さな公園
があります。言い遅れましたが、当時の俺の家は新築コーポの1階でした。
不思議な事に、窓を開けるとハトの声は止まりました。「人の気配を感じ
て逃げたのかな~」と思い、窓を閉めようとすると、公園の入り口の
所に人影が見えたのです。

50 :もつお ◆2.80omBY0c :03/07/18 14:46

まぁ明け方ですから、ジーさんバーさんが散歩でもしてるのかなと
その時は思いました。そして窓を閉めようとすると、またあの音が
聞こえてきたのです。「アッアーッアッアッアッアーッ」 一定の間隔で。
何度も何度も。「うるせぇなぁ」と俺は思い、「ワッ!!」と大声を
出しました。すると、またピタリと止まったのです。今度こそビックリ
してハトは逃げただろうと思いました。その時、俺の視界の中で何かが
動いたのです。あの人影でした。何か動きが奇妙なんです。まるで
「ケンケン」でもするみたいに、ヒョコヒョコ歩いてるんですよ。
左にグラグラ、右にグラグラみたいな感じで、重心が定まってない様な
動きでした。俺は「何だ?酔っぱらいかなぁ~」と思い、目が合ったり
したらイヤだったので、すぐ窓を閉めました。そして、窓から背を向けた
直後「アッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッ!!!」と
窓のすぐ外であの音が聞こえたのです。女の笑い声の様に聞こえました。
流石に怖くなり、焦ったのですが、「明け方だった」というのが俺を
強気にさせたんだと思います。あれが深夜とかだったら、ベッドで
ブルブル震えてるだけだったでしょう。思いきって「ガラッ」と窓を
強く開けました。誰もいませんでした。念のため、「おい!誰かいる
のか!?うるせーぞ!!」と叫び、再び窓を閉めました。そして、
ベッドに戻ろうとしたその時、俺は凍り付きました。ベッドに誰かいるの
です。真っ白なワンピースを着て、こちらに背を向けて座っている女が。

52 :もつお ◆2.80omBY0c :03/07/18 15:16

幻覚だ、と思いました。昼間、Aが仕返しに俺に怖い話をしたので、
その思いが生み出した幻覚だと。「電気をつけたら消えるだろう」と
ふと何の根拠もなく思った俺は、部屋の電気をつけました。
消えないのです。蛍光灯に照らされたその女は、ソバージュがかった
長髪の黒髪で、肩を震わせながらこちらに背を向けて、ベッドの上に
座っていました。「部屋を出ないとヤバい」と思った俺は、玄関に
向かおうとしたのですが、情けないことに腰が抜けたのか、足に力が
入りません。女の肩は、震え続けています。やがて、「ヒャッ、ヒャッ」
とまるで「しゃっくり」の様な声を女は出し始めました。俺は大声で
叫ぼうとしたのですが、まったく声が出ませんでした。ちゃんと呼吸が
出来ていたのかさえ思い出せません。やがて「しゃっくり」の様な声は
「アッアッアッアッアッ!!」とあの狂った笑い声に変わっていきました
。女が、ゆっくりとこちらに振り向こうとしています。上体を不自然な
形に曲げながら。「見たら死ぬ」。直感でそう思ったのですが、瞼が
閉じないのです。「多分、俺の想像した通りの顔があるのだろう」と、
不思議にも俺は冷静に考えていました。恐怖なんてもう通り越していた
のだと思います。女の顔が、完全に俺の方を向きました。
血走った白目。不自然なまでに大きく開いた口。アゴは、人間の状態で
いうならば完全に外れている様子でした。「あぁ、だからこいつあんな
変な笑い声しか出せないのか」と、自分でも意外なくらい冷静に感じ
ました。もう「殺される」と思ってましたから。女は、肩を震わせながら
「アッアッアッアッアッ!!」と狂った笑い声を上げつつ、俺の方に
近づいて来ます。体を左右にヒョコヒョコ揺らしながら。そして、もう
お互いの顔がくっつくすれすれの所まで近づいた女は、外れたアゴから
ヒューヒュー吐息を漏らしながら、ハッキリとこう言ったのです。

「わたしを作ってくれてありがとう」

53 :もつお ◆2.80omBY0c :03/07/18 15:21

ここからは後日談ですが、あれ以来あの女は俺の前に現れてないですし、
霊障みたいな事も起こってません。Aに話そうとしても、いつも話を
濁されるというか反らされるみたいな感じで、もう話したくない様子
でした。Aも本当にあの女を見たのか、それとも作り話なのか、
または俺の所だけに現れたのか、今となっては分かりません。
Aとは今でも友達です。長文スマソ

出典http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1058468069/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.