怪談・洒落怖

【新作洒落怖】じっと見る目

投稿日:2021年7月8日 更新日:

本文

118 :本当にあった怖い名無し:2011/08/19(金) 03:19:33.77 ID:WnypPlPl0

高校生のときに体験した話。
当時運動系の部活に所属していて毎日帰るのが8時くらい、真っ暗な中を自転車で帰っていた。
家は一軒家ばかり立ち並んだ閑静な住宅街にあるんだが近所に一区画だけ正方形に近い塀にぐるっと一周囲まれた寺が建っている。
引っ越してきてから3年ほど毎日のようにその道を通っていたが読経のような物音を聞いたこともなければ車が止まってるのを見たことすらない。
だからといって特別気になることもなくその日もアイスくわえながら自転車で横を通り過ぎたんだが、ふと、その寺の方をみると大体敷地の中央の辺りに二階建ての住まいの二階部分だけが見えたんだ。
おそらく住職とかの居住スペースだろう、前に見たことがあるかもしれないしないかもしれない、そんな日常の景色だったんだが、その中央にひとつだけ窓があった。その窓を何気なしに眺めていると塀の外に立っている電柱が視界を横切った。
その一瞬の間に真っ暗だった窓から明かりがこぼれていた。ああ部屋に電気が点いたんだ・・・。そう思い、そしてまた一つ電柱が視界を横切ったとき俺は生まれて初めての霊体験らしきものをした。
その明かりのついていた窓が開いて、そこからだれかが身を乗り出してじっとこっち見てるの。顔のパーツは覚えていないが完全に目があった。逆光(?)だったのに。
見間違いだと言われればそうかもしれない、本物の人だろと言われればそうかもしれない、距離もあったしそんな曖昧な見え方だったんだが俺の体は完全にびびっちゃってんの。
アイス食ってたくらい暑い夏の夜だったのに一気に流れる冷や汗とがっくがくに震える体。だってずっとこっち見てるんだもん。うまく表現できないが見てる気配がするんだもん。
全力で目をそらし自転車こいで帰宅。家族に話すも実害あったわけでもないし、先にも書いたように本物の人だろうと言われた。
ただ問題は翌日だったんだ。
もう一度確認したくて(というか当時流行っていた自分たちのHPの日記用のネタにするために写真をとりにいった気がする)同じ場所にいったんだが、まずそもそもどこにもあの二階建ての建物なんて見えないの。
自転車立ちこぎしようが塀の中はなんもみえなかった。
塀が高すぎて。

出典http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1313642190/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.