怪談・洒落怖

【新作洒落怖】犬の散歩

投稿日:2021年9月3日 更新日:

本文

892 :本当にあった怖い名無し:2010/09/09(木) 14:01:09 ID:rTFL1OQS0

夏に、田舎に帰った時に、犬2匹の散歩がてら、
母と子供たちと、山の上にある公園に遊びに行った。
芝生の上は動物禁止だと書いてあったので、歩道で犬の散歩をした。
最初はオス犬を連れて行き、歩道を挟んで芝生の公園の反対側に「ツツジ園」と書いた看板を見つけた。
林の中に続く小さな道は山の側面を下っていた。

ツツジの季節では無いが、ちょっと興味が沸いたので入ってみる事にした。
すると、昼間なのに何か陰鬱な空気に包まれているので、一旦立ち止まり、
坂を下りる事をしばし躊躇った。でも、何があるのか気になり、更に進もうとすると、
犬も入り口からまだ数メートルなのに、前に進む事を拒み、引き返そうとした。
一度母と子供たちの所に戻り、今度はメス犬を連れて散歩した。
歩道をグルグル回っているうちにまたツツジ園の看板の所まで来た。
もう一度入ってみようとすると、メス犬が拒絶する。

入り口まではすんなり入ったオス犬とは違い、もの凄い拒否の仕方だった。
首をプルプル横に振り、「イヤ!イヤ!イヤ!」とでも言っている様だった。
その事を母に話してみると、その坂の下には墓地があり、その先には
山の中腹から麓まで続く、やけに長い滑り台がある。20年ほど前に
一人の男性が勢い良く滑っていたところ、何故か滑り台に垂直に横倒しになった木があり、
男性は顔面をぐちゃぐちゃに骨折し、即死したと言う事だった。

滑り台自体は細いローラーが連なっているもので滑りが悪く、
多分ダンボールか何かを敷いて滑ったのだろう。
しかし、なぜそこに木が横倒しになっていたのかは不明なのだそうだ。
それ以来、ツツジ園を通り、滑り台の乗り場に続く道の途中の公衆トイレで、
顔面が陥没した血まみれの男の幽霊の目撃談が多数あるという。

出典http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1282620840/

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.