怪談・洒落怖

【新作洒落怖】山奥の診療所

投稿日:2021年10月11日 更新日:

948 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:29:47.97 ID:UVkn4pYzI

まさか自分が金縛りになるとは夢にも思わなかった。
本当に全く動けない。
唯一動くのは目だけだった。
当時幽霊なんて全く信じていなかったおれは、「とうとう体が悲鳴をあげはじめたのかな?」とか思ってた。

…ォ
「ん?」
…レォ
なんだ?変な声が聞こえてくる。
…クレヨ
斎藤さんの悪ふざけかな?

949 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:33:53.11 ID:UVkn4pYzI

…クレッヨクレッヨクレヨクレヨクレヨクレヨォ!!
やばい。斎藤さんじゃない。
俺は目を可能な限り動かして、音の正体を見つけようとするが見つからない。
ピチャ…ピチャ
マジか。これはマジでヤバい。どうしよう。
ピチャ…ピチャ
明らかに近づいてくる。

950 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:38:50.98 ID:UVkn4pYzI

ッッ!?
急に体が動くようになった。
すぐ後ろを振り返る。
…何もいない。
何だったんだ今のは?頭おかしくなっちまったんかな?

ピチャ…
いや、なんかいる。

951 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:42:29.82 ID:UVkn4pYzI

殺人鬼とかだったらヤバい。
この部屋電気ついてるから、人がいるとばれてしまう。
かといって急に電気消したらそれこそここに俺がいるとばれてしまう。
ここはひとまず、斎藤さんと合流してどうにかしないと。
そぉっと廊下に出ようとした。
斎藤さんは居た。
か、『そいつ』も居た。

953 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:07:54.00 ID:UVkn4pYzI

目の前には見たことがない光景が広がっていた。

斎藤さんは白目をむいていた。
そして、逆に黒目いっぱいの『そいつ』を引きずっていた。
『そいつ』には足らしきものはなく、上半身のみ。髪の毛が長くて、斎藤さんがそれを掴んで引きずってる。
「ア、イタヨ」
『そいつ』に見つかった。
「アタカミ?ちゃん行くよ」
斎藤さんがすごい速さで走ってきた。

955 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:13:30.87 ID:UVkn4pYzI

気づけば俺は診療所の出入り口に向かって走っていた。
人間って危機を感じると考えなくても体が動くんだな。

後ろを振り向く余裕なんかなかった。
今すぐここから出たかった。
はぁ…はぁ…はぁ…
なんとか診療所から出た。

絶望だった。

956 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:19:28.90 ID:UVkn4pYzI

そこらじゅうに『そいつ』がいた。
車に乗る余裕なんてなかった。
泣きながら俺は山林に逃げ込んだ。

今思えば、『そいつ』たちは自らは動けなかったのかもしれない。
10分ほどして、我に返った。
ここどこだ?
家はどっち方面だ?

次のページへ >

  • この記事を書いた人

yoshida3

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2021 All Rights Reserved.