『怖い』を楽しむオカルト総合ブログ

怪談夜行列車

怪談・洒落怖

【洒落怖殿堂入り】裏S区・後編【考察】

投稿日:

857 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:07:12 ID:nyVgvoIt0
数日後
KはGとは全く遊ばなくなり、あえて避けてたらGが怒り出し学校で喧嘩になった。
その後殴りあいに発展して先生に呼ばれて話合いをすることになったとの事。
ただし、Kは避けては居たが手を出したわけでもなく文句を言ったわけでもないのでGが悪いということになり、先生はGに謝れと詰め寄ったらしいが、Gは文句を言いながら謝らずにそのまま家に帰っていった。
その時に、Kは裏S区の怖さを再度身にしみる出来事が起こる。
それは上記にも書いてるけど「子供の喧嘩に一々親が出てくる」
KとGの喧嘩で話合いだったのにも関わらず次の日に一々Gの親と母が来て、先生に詰め寄りKを呼んで再度Gとの話をさせろ。
それからそこにその二人も立ち会うとの無茶苦茶な要求。
でも、先生が情けないやつなのか、それともそちら側のニンゲンなのかそれを了承。
以下会話

858 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:17:06 ID:nyVgvoIt0
先生「いや、昨日はいい加減な話になってしまったからちゃんと話合え、な?」
K 「え?昨日話したじゃないですか。俺は別に何もしてないのにGが殴ってき・・・」
G母「うるさいねぇ!お前の話聞きたいで来とんやない!」
G 「いや、Kが無視して俺を追い詰めたけよ」
K 「はい?俺そんなことしてませんし、っていうか、もう良いですよ。ごめんなさい」
先生「ん、喧嘩両成敗って感じでね。Gも。ほら」
G父「Kに最初に会ったときに言ったと思うけどのぉ。覚えとらんか?お?」(にやにや笑ってたとの事)

ここでKはG父、G母の最初の言葉を思い出したらしい。
「Gと仲良くしとけ」、「Gと仲良くしいや。」
この言葉を聞いた時は普通の親の挨拶と思ってたけど色々考えなおしたら明らかにおかしい。
普通は
「Gと仲良くしてね。」若しくは「二人とも仲良くしいや」
でもこの家庭では
「Gと仲良くしとけ。」

そんなに違和感が無いことかも知れないけどよくよく考えれば明らかに自分優位。
それを再度強制なのか強要してるGの父は話が通じるとは思わない。と思ったらしい。

そしてKがもう、Gは謝らなくてもいい。
俺が無視したのかも知れない。
でもGとは仲良くなれない。
ごめんけど関わらないでほしい。
との事を言って、最後に再度謝って全てを終えたらしい。

ただ、帰る時にGの家族がケタケタ笑ってたところを見たときに再度恐怖心が自分を襲いそれ以降裏S区のニンゲンとは話もしなくなったとの事。

以上がKの話。

859 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:17:57 ID:nyVgvoIt0
本当かどうかは一切不明だけど、Kという友人は信用できるので「俺は」本当だと思う。
それとこの年になるまで「裏S区の人間は怖い」と大人に言われているのは暴走族や不良がかなり多く、又精神病が近くにあるため良くある噂で、患者が外を歩き回ってて殺人事件が多い、とか精神病院の施設の中に多数の患者が無残な死に方を強いられている、とかの噂により怖がられてると思ってたけど、この年になり色々事情が分かってきて何故裏S区と言われているか、そして怖がられているかがかなり分かってきた。
それ(色々な事情の事)が差別をされるだけの事情になるのかどうかはわからないけども、それが原因で恐れが生まれて避けられていると言うのはどうしようもないような気もする。
又この年齢になってからだけど裏S区についての怖い話、奇妙な話、奇怪な言い伝えをかなり聞くようになっていた。(高校時代は全く知らなかったような事です)

今現在は新S区と名前を変えて新興住宅や、大型マーケット等も段々建ってきてるけどもその地域だけは未だに街灯も無く、葬式や冠婚も独自のやり方でされており、就職もそこの住民はそこの地域にある職業についてる。(酪農、農業、漁業って感じ。もちろん普通に就職する人もいますので悪しからず。)

860 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:19:27 ID:nyVgvoIt0
ただKの話と俺の話では「××××」と呼ばれる存在が異なっている。
AやBさんの話では悪霊。
Gやその家族からしたら神さま?
この違いがどういうことを表してるのかは不明。
名前が思い出せればいいのかも知れんけど、経験上では思い出さないに越したことはないんだと思う。ので一切思い出す気はない。
この地域の奴等に聞く度胸もないし、言わないと思う。
一応九州地方にある地域なのでわかる人もいるかも知れませんが、当たってても何も言いません。

ただし、AとBさんの話とGさんとの認識の中に重なる点があり、又Hのアニキの死が本当の話なら××××が何から生まれるか。何なのか。は風土的なもので大体の予想もつくかと思います。
(まぁ俺の中での予想なので本人達はどういう教えを受けてるのかは微妙)

861 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:22:43 ID:nyVgvoIt0
それと追記としてKの話に出てくる人の一人が、とり憑かれたのかは不明だがKが高校2年になった時に死んだらしい。(これも俺には真実は不明)
誰かはわかると思うが、Gの兄貴。
何故死んだかは本当に不明。ただKが高校2年以降に同学年の結構な人数が休んで葬式に参加する事件があったらしい。
俺は既にこのときには転入していたのでそんな事も知らないし、Gとも別に仲良くなかった為知らない。

ただ、何故「誰かはわかると思うが」って書いたかというとKの話の中に矛盾な点があるので。(アクマでKの話どおりなら)

1つ目はGの兄は見えるべき人ではないのに見えてたということ。
○○家(Aの苗字)の家系は見える可能性が高い。
それは俺の経験でもわかるけど、家出届けとかにあいつ等と書いたりと普通に出来る家系でありBさんやCさんにもわかったみたいだし。
それとGの兄とHと友人等とGとKでYの家に行く時の会話上からも何となくそんな感じがする。

つまりGの兄は見えてた。見えるべきではないのに、見えてた。

862 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:23:28 ID:nyVgvoIt0
2つ目はHの兄の葬儀の際にGの兄が居たとのこと。
これはあり得ない。
Kがバスに乗るまでの間Gの兄は家に居たしそれ以降はGの兄を見かけてない。
もしKが俯いてた時にバイクが通ったなら聞こえたはずだ。

なぜなら外でケタケタ笑ってる音や
「ギギギギギギギギイギギギギ」って言う音に「あはははははは」の混じったコエも聞こえるのであればバイクの音は聞こえてるはずだから。

なのに、Gの兄は笑ってた。
ケラケラケタケタとHの兄の葬儀の場で笑ってた。

863 :763 ◆MOBqqkAfh6 :2007/03/15(木) 06:25:01 ID:nyVgvoIt0
駄文で申し訳ないです。
またかなりの長文になってしまいわざわざ読んで頂いた方ありです。

ただ何度も言いますがこれは俺の体験談とは全くの別物です。
含まれては居るものの"別物"です。
Kからの話を聞いてのことが軸になってるため本当かどうかもわからないので、聞いたままこんな感じで記述してます。

それと差別意識を増すために書いてるのでは無いのでその辺は憂慮してくださいな。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
やこう

やこう

ご乗車ありがとうございます。 車掌は怪談や奇談、洒落怖、ホラーなど、『怖いモノ』をジャンル問わず収集しているオカルトマニアです。 皆様も「この世発、あの世行き」の夜の寝台特急の旅をごゆっくりお楽しみください。

RECOMMEND

1

概要 2ちゃんねる・5ちゃんねる発祥の名作怪談「リョウメンスクナ」をアーカイブ&考察。 くねくね・八尺様・コトリバコなどと並んで洒落怖をジャンルとして確立した名作だと思います。 両面宿儺(りょうめんす ...

2

カルト 先日の【映画評】来る ※気持ち悪い人間関係+超絶エンタメに続き日本の除霊エンターテイメント作品をレビュー。低予算ながらしっかり除霊エンタメしてるので、オカルト好きなら必見の作品ですぞ。※知らな ...

3

オー・マイ・ゼット! 2016年制作。 東京03の角田晃広さん主演。 なんだかなあという序盤。 登場人物達の人となりや背景が描写されるも全員うさんくさいしどうでもいい感じで進行します。 後半15分ぐら ...

4

本編:月明かり 私とあの人は、世に言うところの幼馴染ってやつでした。 とは言っても、幼稚園から一緒で小学校中学校と同じクラスで……なんていう甘酸っぱいもんじゃなくて、病院でね。 私もあの人も、生まれた ...

-怪談・洒落怖

Copyright© 怪談夜行列車 , 2020 All Rights Reserved.